下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

綾瀬 やさしさ巡り①

足立区の「綾瀬」という地名が、どうしても私には「やさしさ」という風に
聞こえてしまうのです。

やさしさを巡る旅にしてみました「綾瀬紀行」

地下鉄千代田線綾瀬駅を降りて数分で、いきなり現れた建物に
綾瀬20151107 (419)_R
その潔い姿に感動したのです
綾瀬20151107 (416)_R
姿を隠すことなく、堂々としていて清々しい
綾瀬20151107 (414)_R
風通しがいいのかしら
綾瀬20151107 (412)_R
これを下町風景だと言っていいのかしら
綾瀬20151107 (402)_R
建物の中に建物が潜り込んでいます
綾瀬20151107 (398)_R
不思議なくらい、珍しく貴重な風情

だからその近くのお店は、本当に柔らかく、丁寧でしたよ
綾瀬20151107 (390)_R

裏口の姿、
綾瀬20151107 (385)_R
これは懐古の頃からの古瓦を残してくださった職人様に
綾瀬20151107 (383)_R
感謝ですね
綾瀬20151107 (387)_R

優しさには、まだまだ出会います




関連記事
わお♪ご近所なだけに気になります。
期待してまーす
[ 2015/11/14 05:28 ] [ 編集 ]
Re: ちまちま子さんへ
こんばんは、コメントくださりありがとうございます。
亀有、北千住、町屋など行っていて、綾瀬はこれまでスルーしてました。安心感、優しさ、そしてこの辺りは本来、田んぼだったのではないかと、いろんな事を考えながら歩き周りました。楽しんで頂ければ嬉しいです。
[ 2015/11/14 17:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する