下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀 迷宮STORY 安浦再び

京浜急行線横須賀中央駅より浦賀よりの「安浦」
以前、色街残照の地として紹介

今回、再び訪問
横須賀201531-2 (52)_R
以前、ここには商店街のアーケードがあったのだ
横須賀201531-2 (55)_R
商店街はいまやまぼろしか、
そこに残されたもの
横須賀201531-2 (67)_R
銭湯が現役なのが嬉しくて
横須賀201531-2 (74)_R
横須賀201531-2 (72)_R
どこまでも古めかしい姿、単独で電柱は佇んでいた
横須賀201531-2 (79)_R
色街残照
横須賀201531-2 (82)_R
横須賀201531-2 (98)_R
横須賀201531-2 (130)_R
遠い過去の、また過去のお話し

いかがだったでしょうか「横須賀迷宮ストーリー」
この街は今の今まで、ずっと軍港だったのです
兵隊さんがいれば飲み屋が増える、
兵隊さんがいれば色街が繁盛する、
横須賀はそんな街でした
猿島に行けば、本格的、本物の軍事遺構に出会うことができます
これもまた兵隊さんのお話でもあります

🎵兵隊さんは可哀そうだね~いついつ寝るのかな

ご訪問くださった皆様、ありがとうございます
またぜひ遊びにいらしてください

kozoh55
関連記事
横須賀は不思議なところですよねぇ〜
灰色の軍艦が停泊している海があるかと思えば 険しい山もある…
山にはぽっかりと防空壕らしき穴も ちらほら…
民家裏山の防空壕だと ちゃっかり車庫にしたり
物置にしてたりして… 普通に暮らしに活かされててビックリしました。

非公開だけど 軍事地下壕も網目状にたくさんあるようですよぉ〜(=゚ω゚)ノ

私が横須賀を訪ねた時は 外人さんも多く 水兵さんも普通に街中を歩いてて
今も昔も軍事色が濃い町だなぁ〜と思いました^ ^
色街の風情が残る建物もしっくり〜いい感じに妖しい町かなぁ〜と…(笑)

猿島♬ 私も2回行ったことがあります( ´ ▽ ` )ノ
苔生した煉瓦作りの切通しやトンネルはなかなかの雰囲気ですよね^ ^♪
運が良けれ 当時の海軍食器でも拾えるかなぁ〜と野望抱いて行ったのですが…
発見は至らずでした(;´∀`)ゞ
[ 2015/11/09 14:07 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
おはようございます、コメントくださりありがとうございます。私にとってもどこか不思議な感じがしました。三笠、猿島といった異空間と、庶民の昭和な飲み屋街の共存、そのキーワードとなる軍隊、戦争。いい悪いではなくて、事実として受け止める、受け止めてたくましく生きてきた。
そうですか、地下の空間があるのですね。確かに一番狙われるのわけでしょうから。見てみたい、です。
猿島、海岸線をカメラで覗いてみたら、地図にはない建造物があって、見に行きたい衝動にかられて、ふらふらしていたら、船に乗り逃して、寒い中乗り口で30分待たされました。自分の手前まで乗れたのに、、、
私もちゃんと何かを拾いたいのですが、いや~不発弾だけはごめんですね。(笑)
また是非遊びにいらしてください。
[ 2015/11/10 13:05 ] [ 編集 ]
kozohさん、こんにちは。

出かける機会の多い今回のシリーズ、楽しませていただきました。
歩くひとが違うと、持って帰る風景もまた全然違うのですね。
大山といい、再認識いたしました。
今度行ったときに、こちらの風景探してみる楽しみができました。
ありがとうございます、楽しかったです。
またお邪魔させてくださいませ。
[ 2015/11/11 13:48 ] [ 編集 ]
Re: うづらさんへ
おばんです、コメントくださりありがとうございます。
そうですよね、横須賀に来たら、たぶんですけど、
三笠を見て三笠公園をぶらり、
お隣のお土産市場にて昼食とお土産を買い
そう、昼食は海の幸か横須賀カレー
どぶ板通りをゆっくり歩いて楽しんで、
ヴェルニー記念公園で美しいバラなど眺め、
そしてあのヴェルニー記念館で日本の鉄鋼業の歴史をひもとく
そんな感じではないでしょうか~
そのすべてを次回訪問の際には行きたいですけど、
猿島が本来の目的地で、駅前ぶらりしていたら
飲み屋街に感動し、あの和菓子屋さんに惚れてしまい
料亭小松さんで、ぼーっと見とれていたのです~
結局二日かけてやっと今回訪問地に出かけられたんですね。
歩く人が違うと、持って帰る風景が違う、、
確かにそうなんでしょうね。それでいいんでしょうね。
私もうづらさんの記事を読んで、
こんなふうにでき事をとらえ、文字にすることができるんだと
いつも感動しておりますから。
こちらこそありがとうございます、またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/11/12 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する