下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀 迷宮STORY うつつ

夢か、うつつか、横須賀か

どぶ板通りへの道のりで出会った飲み屋街
横須賀201510 (266)_R
この辺りが横須賀中心街なのかもしれない
横須賀201510 (271)_R
「うつつ」かな
横須賀201510 (276)_R
さらっと、美しい建物あり
横須賀201510 (287)_R
これは、見た目より歴史ある商店街ではないかなと
「三笠ショッピングプラザ」
横須賀201510 (303)_R
1959年製のビルは、やはり渋くて、でも個人の生鮮食品店がたくさんあって
横須賀201510 (308)_R
驚きの活気に満ちた商店街
横須賀201510 (310)_R
ええ、渋いんですよ、マジで
横須賀201510 (315)_R

ここは、うつつでないのかもしれません
横須賀201510 (352)_R
廃墟でも、遺構でもないし
横須賀201510 (358)_R
だけど、「終わりの始まり」にはなりかけているねえと
横須賀201510 (370)_R
自分に尋ねてみたのです
横須賀201510 (372)_R
「大滝名店街ビル飲食街」
横須賀201510 (382)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する