下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

三軒茶屋 道草しましょ!①

三軒茶屋は大山道と登戸道が分岐する場所に
江戸時代3件の茶屋が並んでいたことから名づけられた地名

旅人達がついつい立ち寄ってしまう場所だったのでしょう
その名残が、今に続いているかもしれません

けれど、実は今は人口密集地域として有名なんですね。
東の「京島」西の「三軒茶屋」

三軒茶屋の古い地名は「太子堂」
三軒茶屋201509 (65)_R
商店街にはお総菜屋さんが
三軒茶屋201509 (67)_R
超盛りだくさん
三軒茶屋201509 (75)_R
めちゃ美味しそうやんか、
三軒茶屋201509 (77)_R
人が自然と集まってくるのは、魅力があるから
三軒茶屋201509 (78)_R
食べてないけど、おいしいよこれは
三軒茶屋201509 (84)_R
秋深まっても、とうきびが売れる街
三軒茶屋201509 (86)_R
君達も
三軒茶屋201509 (101)_R
お惣菜、食べに来たのかなあ
三軒茶屋201509 (106)_R
柄が素敵!

高いところ登れば偉そうにできるわけじゃないよ、猫ちゃん
三軒茶屋201509 (125)_R

下町だよ、ここ

関連記事
柄が素敵な猫ちゃんには ビックリ!!
こんな個性的な柄… 未だかつて見たことが無いです(≧∇≦)/

我が家の外飼い猫に チャップリンみたいに
チョビヒゲの付いた猫ちゃんがいるんです。
なので命名は「チャップ」です(笑)
「チャップ」より 柄の配分が斬新だぁ〜(^m ^*)クスッ♪

(伊勢原の古民家 載せているので 見てやって下さいませ^ ^)
[ 2015/10/30 10:34 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
おばんです、コメントくださりありがとうございます。
あの柄、姿ありえないんですよ、マジで、
すこーし痩せていて、迫力に欠ける姿に
あのド迫力の「服を着ている」のでしょう。
チャックを下すと脱げますよ、たぶん。
何しろちゃんと対照性ががあるデザインですから、そこがすごい
手の内側が黒いと、繋ぐと丸になるぞ、と。
いや~「チャップ」もまた面白そうですし、
ぜひ誌上対決を対決をしましょうか。
我が家はにゃおじろうも「参考出展」しますから~
古民家、楽しませてもらいました。
次回の訪問、楽しみが増えました。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/10/31 00:41 ] [ 編集 ]
こんばんは
三軒茶屋のイメージだとやっぱりオサレな街という(笑)
昔読んでた「Hanako」にカフェや雑貨屋さんとか...
あっ kozoh55さん「Hanako」知らないですよね(笑)

ディープな商店街、現役のお豆腐屋さんなど
まだまだ知らない場所があるんだな~って思いました。

本当にあの柄のニャンコちゃん!
お鼻の部分がどうしてもにやけちゃうわ!!
[ 2015/11/12 20:19 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
おはようございますmasamiさん、
Hanakoは知ってますが、中身はどんなだったか、知らないです。三軒茶屋は若者に人気で、住むにも憧れる街ですね。
でも歴史的には古くで懐かしくて、大山道で、茶屋があり、闇市跡のような商店があり、いろいろな街ですね。
だから猫ちゃんの柄もこんなに面白いのでしょうね。忘れられないです。また是非遊びにいらしてください。
[ 2015/11/13 13:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する