下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

京都 夢のまた夢 インクライン

南禅寺界隈に4時間以上居たでしょうか、さあ、もう帰ろうと思った時、
京都南禅寺201509 (11)_R
いやまてよ、この煉瓦のトンネルの上には何かがあるんじゃないかと、

そしてまた出会いがありました
京都南禅寺201509 (468)_R
レール固定用の鉄道釘が、まじ古いという事だけはわかったのです
京都南禅寺201509 (472)_R
「インクライン」
京都南禅寺201509 (485)_R
明治時代運送業の主役は水運・海運
京都南禅寺201509 (496)_R
水路に段差がある場合など、この幅広レールで、船が運ばれていったのだろう

たぶんここは、水路閣の上流。
京都南禅寺201509 (481)_R
日本の水道管の技術ったら半端なく大きく、美しい

こうして明治な風景が残っていく
京都南禅寺201509 (492)_R
この1枚だけでも、「来てよかった」とkozoh55
京都南禅寺201509 (494)_R
これは、
京都南禅寺201509 (498)_R
水力発電の事務所ではなかろうか
京都南禅寺201509 (500)_R
京都南禅寺201509 (509)_R

うーん、入りたかったな、この発電所の洋館。
関連記事
こんばんは

南禅寺にいらしたんですね!さすが、、kozohさま、煉瓦のトンネルの先の旧発電所まで発見とは!私はこの発電所まで足を延ばしたことはありません。こういうのが残っているとは!南禅寺からずっと疎水ぞいの哲学の道を歩くのが、昔の(今もそうなのかな?)関西では名高いデートコースでした(笑)
前回の記事の湯豆腐、おいしそう!ここもそうですが、京都の湯豆腐、だいたい、おいしいですね!11月ぐらいに、また京都をぶらふらしたくなりました! とても楽しい記事をありがとうございます。
[ 2015/09/17 20:41 ] [ 編集 ]
Re: Sapphireさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
そうですね、私もまた11月くらいにぶらりとしたくなりました。
どこへ?わかりません、まだ京都は2度目ですから。
清水の舞台から飛び降りるように、京都に飛び込んでみたい。
あの旧発電所、なのかどうか、確かな情報は持ってませんが、
あの明治な雰囲気、インフラっぽさ考えると、
それしかないかなって思ったのです。
そうでしたか~関西人の有名なデートコースだったとは、、、
まあ、とにかく湯豆腐の「奥丹」美味しかったですよ。
体の中が現れているような感じでもありました。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/09/18 00:41 ] [ 編集 ]
ずっと以前に南禅寺の水路閣の写真を偶然見てからというもの
いつかは南禅寺に!と思っております。

いやー、南禅寺は水路閣だけじゃないのですね。
京都に行った時に僅かな時間でも南禅寺に行こうかどうしようか・・・
結局は行きませんでしたがあの時行かなくて正解だったようですね。
水路閣だけだと思って行ってたら損するところだったようですね。

京都にはしばらく行けそうな機会はないので羨ましいです。
[ 2015/09/20 23:02 ] [ 編集 ]
Re: atushiさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
おっしゃる通り、インクラインと水路閣をセットで歩いて踏破するとなると最低3時間、さらに発電所やその関連の博物館などに立ち寄ると5時間でしょうか。南禅寺本体は3割も見ていないのに、金地院だけでもあのスケール、、atushiさんのおっしゃる通り正解だと思います。
でもきっと弾丸で突然行かれるのでしょうね。紅葉の時期だとJRの宣伝のようになるので、12月1月とか、勝手に想像してしまいました。私も萩・山口に行きたい気持ちが大きくなってきております。また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/09/22 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する