下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

猫好きだったら、団地に行きなさい③

江北の団地を歩いていたら、もう少し団地にどっぷり浸かりたくなり
そうだ、東洋一と言われた団地があるじゃないか、と、、、、
西新井駅から東武電車で北へ

そこは「草加松原団地」
えっ、いきなり現代的なマンション群が現れる
江北・松原団地 (162)_R
「コンフォール松原」
江北・松原団地 (163)_R
URの建物という事は、民間マンションではないようだ
江北・松原団地 (164)_R

ここのすぐそばに神社を発見、
江北・松原団地 (171)_R
あらあら君たち、もういっぱいいるのですか
江北・松原団地 (172)_R
「知るか!」って後ろ姿が語ってますよ
江北・松原団地 (173)_R
可愛いんだか
江北・松原団地 (179)_R
可愛くないんだか、(岩手では「めくさい」と言います)
江北・松原団地 (181)_R
さあ、ここからが「草加松原団地」
江北・松原団地 (191)_R
始まりの猫は君かい
江北・松原団地 (195)_R

本当に年季が入ってます
江北・松原団地 (269)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する