下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

小田原 永遠の避暑地

小田原駅前で発見したこの看板を見て
小田原201507 (19)_R
すでによだれが出始めていた私です

こんなに肌に艶のあるあんぱんが、あるのですねえ
小田原201507 (31)_R
このあんこの味わいは生涯忘れられないかもしれない
小田原201507 (38)_R
小田原名物は、和風ぱんなんです

東海道沿いに発見、「柳家本店」前回の記事では支店を訪問
小田原201507 (663)_R
金時豆のあんぱんを買ったのに、写真撮る前に
嫁が「パクパク」食べてしまいました

小田原201507 (59)_R
元お豆腐屋さん?かなあ
小田原201507 (60)_R

戦前?戦後?「日栄楼」さん
小田原201507 (117)_R
とにかく今日入らなきゃ、ばちが当たりそう
小田原201507 (129)_R
一人で食べれるもん!
小田原201507 (134)_R

こんなにも姿の美しい質屋さんは、奈良の「ならまち」にも居ませんよ
小田原201507 (308)_R
小田原201507 (312)_R
小田原201507 (314)_R

次が、最後の記事でしょう。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する