下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

自由が丘 本名は九品仏か?

東横線の自由が丘の1本東京寄りの駅「九品仏(くほんぶつ)」
駅から数分、今の自由が丘駅からも10分ほどの距離にある「九品仏浄真寺」
自由が丘 (271)_R
そうなんです、「自由が丘駅」は以前「九品仏駅」だったのですね。
駅名が変わるとこんなに印象が変わるのですね。
自由が丘 (274)_R
門前の規模と美しさからも
自由が丘 (276)_R
いかにこの周辺の人たちにとって「九品仏」が
自由が丘 (287)_R
尊かったかを教えてくれます

総門から少し先にある「閻魔堂」
自由が丘 (294)_R
閻魔さまも怖かったけど
自由が丘 (298)_R
このばあばの迫力に、一瞬体が固まったkozoh55ですよ
自由が丘 (302)_R

仁王門はちょっとした迫力でそこに佇んでいた
自由が丘 (317)_R
自由が丘 (328)_R

本堂に9体安置されている阿弥陀如来像そこから「九品仏」
自由が丘 (337)_R
こんなお寺、見たことがない

いかがだったでしょうか、自由が丘、本名?九品仏
もちろん最新のファッション、グルメが手に入る場所の一つでしょうけど
kozoh55が歩いた場所は、どこか、最新のファッションとはかけ離れている感じでした。
ブログのお友達「ほのぶらマン」さんの貴重な記事から
そういう場所の存在を知ったのです。ありがとうございます、「ほのぶらマン」さん
人間同様、街にはいくつもの顔があるのですね。
ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

PS ええ、小田原にまた行ってきました
   早く紹介したいものです
関連記事
東京と思えないほど立派なお寺ですねぇ〜(゚o゚;;
もはや 鎌倉や京都のような風格ですね^ ^

自由が丘は 高校の時に1年ほど絵を習いに行ってました♬
(美大を受けようと思ってて…結局は受けませんでしたが〜)^^;ゞ

不思議百貨店 微かに記憶にあります。
確か…駅のすぐ隣りの建物ではありませんか???

当時から 既におしゃれな街ともてはやされていましたが
古い建物も数多く存在していました。

新しいおしゃれな建物と 古いレトロな建物が融合した
不思議な街という印象に感じてました^ ^

小田原また行かれましたかぁ〜♬ 楽しみです(^ m ^)♪

[ 2015/07/12 12:09 ] [ 編集 ]
九品仏浄真寺は結構素敵だったと思います。時々自宅から往復で1時間弱なので、歩いていきます。
トットちゃんがよくこの境内に来ていたとか。彼女の母校は、自由が丘駅前のピーコックがあるところにかつてありました。
九品仏浄真寺は、何年かに一度執り行われる『お面被り』がかなり有名です。浄土宗の面目を発揮しているようなまばゆいばかりの宗教行事です。一度は足を運ばれてみては如何でしょうか。
閻魔大王と奪衣婆とのコンビですもんね。誰もが震え上がってしまいますよね。
自由が丘駅も以前は駅名が九品仏前駅でした。
[ 2015/07/12 14:12 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
おばんです、コメント下さりありがとうございます。
確かに都内に単独で存在するお寺としては、
一つは敷地も含めた規模の大きさ、
もう一つは建物一つ一つの持つ歴史と建物としてのシンプルな価値
見ていて惚れてしまうものばかりなのです。あの巨大な門は、
増上寺とか寛永寺とか目黒不動とかそういう場所にあるものでしょう。
この地にあるということは、私がこのお寺の持つ価値を
十分理解していない、改めてそう感じたのです。
自由が丘に1年通われていた、そうだったんですね、
思い入れがいっぱいあるのですね。
そうですね、新しくて古い、そんな街でした。
またぜひ遊びにいらして下さい。小田原も今週記事にします、
またぜひ遊びにいらして下さい。
[ 2015/07/13 01:11 ] [ 編集 ]
Re: AzTakさんへ
ほんと素敵でした、九品仏浄真寺。わたしは安易に、
「自由が丘の最初の駅名となったお寺は、結構すごいんじゃね」
という気持ちで、駅前のレトロビル商店街を見たついでに訪問しただけでした。
ですけど、あの迫力は、全体としてもお寺の上品な作りと、
ここの建物の威厳というか、単純な美しさというか、両方に圧倒された次第です。
『お面被り』が有名なんですね。了解です。見に行けるといいですね。
奪娑婆、えろう怖かったです。「宿題やったか?」と母に叱られているような気にもなりました。
忘れられない姿です。
トットちゃんと縁が深い場所なんですね、自由が丘は。
不思議な、たくさんの顔を持った自由が丘、次回はもう少し下調べをしたほうが良さそうです。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/07/13 01:36 ] [ 編集 ]
こんばんは
自由が丘ってオサレなお上品な街ってイメージでしたが...
・・・行ったことなくて(笑)
本名が「九品仏駅」だったなんて知りませんでした。

閻魔さまは、いかにも閻魔さまで大きな口が怖いですね。
でもその下のばあばがもっと怖い(笑)

だからでしょうか?
阿弥陀さまのお顔が優しく見えます。
[ 2015/07/13 19:54 ] [ 編集 ]
感動しました
小田原に続き、お洒落な自由が丘が実はレトロだったという今回。
今度から、真似して出かけてみたいと思います。
かなり刺激受けました。
[ 2015/07/13 21:43 ] [ 編集 ]
自由が丘の印象もいろいろですよね
おしゃれな若者タウンだけでない自由が丘の魅力をいろいろと掘り出していただいたようで、そのきっかけとなれてなによりです。
私などよりよほど深く、広い目で観察されていて、敬服します。
若者タウンも、今後の高齢化に伴って、様相をさまざまに変えていくのでしょうね。そんな変化も追っていけたらいいなと思います。
kozoh55さんの記事を見て、行きたくなる街がたくさんあるのですが、
なかなか果たせないでいます。
今後も面白い街の情報をよろしくお願いいたします。
[ 2015/07/13 22:34 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
お晩ですmasamiさん、コメント下さりありがとうございます。
そうそう、私も初訪だったのです。
でも、トレンディだったり高級住宅街だったりする場所が、
案外、どこか田舎くさい名残りを残してくれているのは、よくある話です。
田園調布の駅周辺には昭和レトロな商店街が、役割を終えそうになって踏ん張ってました。
代官山には、「旧朝倉邸」という大正時代の建築物が、
最先端のショップの脇で佇んでいましたから。
九品仏駅であったことは事実ですけど、玉川村の一部だったこの街の名前を
「自由が丘」と改名した方は、その先見の明から、
街の偉人となって銅像が置かれていました。
閻魔も怖いが、ばあばは何しろリアルで、「宿題をやったのかい?」と
ささやかれそうだったのであり、冷や汗のkozoh55でした。
そうですよ、阿弥陀仏様は9体が9体この優しい表情でしたから~
[ 2015/07/14 01:32 ] [ 編集 ]
Re: 感動しました
こんばんは、ゆきゆきさん、コメントくださりありがとうございます。
そうですか、小田原、自由が丘の記事を楽しんでいただけたのですね。
嬉しいです、真似してくれるなんてなおのことですね。
私もこれまでたくさんのブログのお友達から影響を受けたり、
訪問する場所を真似たり、、今回の記事国府津の魅力を教えてくれた方からの縁ですし、自由が丘も同様です。
それでこの3年ブログを楽しんでこれたのですね。
ゆきゆきさんも一緒に楽しみましょう。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/07/14 19:41 ] [ 編集 ]
Re: 自由が丘の印象もいろいろですよね
こんばんは、ほのぶらマンさん、コメント下さりありがとうございます。
元々は玉川村の一つの地名に過ぎなかった街が交通の利便性と憧れる街としての
ネーミングの妙がこの街を今の姿に変えたのでしょうね。
でも住みよい町は高年齢化することも必須なのかもしれませんね。
是非私が行った街で気に入ったところがありましたらいらして下さい。
お互いの違う切り口が楽しみですねえ。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/07/14 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する