下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

自由が丘 ふしぎ百貨店③

忘れられないお店。「こ豆」さん
自由が丘 (103)_R
ご夫婦でお店をされていて、これは奥様が考えたデザイン
自由が丘 (91)_R
可愛くて、可愛くて

自慢のコーヒー豆は黒く輝いていて
自由が丘 (92)_R
お洒落な器も売られていて、
自由が丘 (94)_R

でも私が一番心に響いたのは、このアイスコーヒー
自由が丘 (99)_R
長考8年という苦労の上、このお店オリジナルの品
自由が丘 (102)_R

もう、思わずyokotako氏にへのプレゼントとして珈琲豆とこのアイスコーヒーを
買っちゃいました~

奥様、丁寧な接客ありがとうございます。
長考8年のアイスコーヒー、きっとこれからも売れるでしょう。
関連記事
こんばんは
珈琲専門店なのに、ちょっと和調?和風な感じが面白いですね!
でも木のぬくもりが、ほっこり出来てじっくり豆を選んだり出来そう♪
奥様に好みの味を話したりして選んでもらうのもいいなぁ~

yokotako氏、珈琲大好きなんですね^^
[ 2015/07/13 20:08 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
こんにちは、masamiさん、おっしゃるとおり、純日本風、和風、、、
いやご夫婦がコーヒーで繋がっているというか、奥様はいろいろ声をかけてくれましたけど、
ご主人はがっしりした体躯で無言でした、夫婦で役割が決まっているのでしょうね。
奥様の笑顔と言葉には説得力が満点でしたね。
ちょっぴりお二人の姿に憧れを感じました。
yokotako氏はコーヒーが無いとガス欠起こす男です。

[ 2015/07/14 14:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する