下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

小田原 ほいさっさ④

洋建築だって凄いものが
小田原201506 (203)_R
旧明和銀行本店(現ろうきん小田原支店)は昭和2年建築。
小田原201506 (205)_R
堂々たる姿は戦前の鉄筋コンクリート建築としても貴重なんだそうです
小田原201506 (207)_R
店内撮影を許可下さった支店長さん、ありがとう
小田原201506 (214)_R
小田原201506 (224)_R
美しかです
小田原201506 (226)_R

戦前銀行建築から国道1号線、東海道方面に向かう途中、ビックリするくらい景色が変化します
「宮小路」
小田原201506 (252)_R
日中だからでしょうか、静かな飲み屋街
小田原201506 (257)_R
もちろん現役ですよ
小田原201506 (259)_R
それぞれ、何か想像してしまう店名

旅館街なんですね
小田原201506 (263)_R
やっぱり私には
小田原201506 (278)_R
この街は
小田原201506 (280)_R
「色街残照」なんだろうと
小田原201506 (285)_R
心の中でつぶやきました
小田原201506 (301)_R
ここは江戸時代一番栄えた東海道の裏通り
小田原201506 (293)_R
なんですね
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する