下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

小田原 ほいさっさ②

えっさほさっさ、看板建築ほいさっさ
小田原201506 (82)_R
少し、いえ、結構看板建築にとってアーケードは邪魔だったりします。

小田原201506 (88)_R
ほんの少し出た庇がまた美しく

こんな屋号を見せてもらうと、「ありがたい」思いが広がります
小田原201506 (84)_R
東海道、国道一号線には
小田原201506 (392)_R
看板建築ばっかりたむろしてくれてました、ありがたいこと
小田原201506 (397)_R
小田原201506 (398)_R
小田原201506 (415)_R
青い窓枠は「パステル」って言うんでしょう。
小田原201506 (417)_R
平屋の看板建築って、やっぱり不思議ですね。

「瀬戸自転車店」
小田原201506 (438)_R
昭和初期がそのまんまで残してくれてありがたい
小田原201506 (445)_R
典型的な看板建築って、この建物の事でしょう
小田原201506 (539)_R
小田原201506 (541)_R
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する