下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

たかはた さりげなレトロ(5)

ここからがまた楽しい、たかはた。
古い立派な建物が商店街の最後の突き当りに登場
高畠町 (439)_R
これは「石」だ
高畠町 (444)_R
これは「駅」だったのか
高畠町 (445)_R
横からがまたセクシーで
高畠町 (473)_R
見上げると青空と仲良しになってた
高畠町 (459)_R

大正10年、高畠周辺で製糸業が発展したことを受け、工業製品の輸送を目的として、
山形交通によって糠ノ目 - 高畠間5.2km開業。
高畠町 (465)_R
建物は高畠産の「高畠石」を使用、地元の人に愛されつつ、昭和49年廃線。

もう随分前の事なのに、カッコよすぎるよ、
高畠町 (508)_R
君たち、
高畠町 (509)_R

どうしてだろう、駅舎も素晴らしかったけど

このどこか目的がわからない、補助的な建物が
高畠町 (476)_R
こんなにも哀愁を漂わせてそこにあることを
高畠町 (484)_R
私はやっぱり出会えた幸せを
高畠町 (491)_R
噛みしめたものです

たかはた、凄すぎ
関連記事
石造りの駅舎そして電車、軌道車
まるでタイムスリップしたようですね。
[ 2015/06/12 02:23 ] [ 編集 ]
Re: 植本多寿美さんへ
おばんです、コメント下さりありがとうございます。
本当にそう思いました。
電車がホームに入ってくる音、電車を降りる人達、
改札にいる駅員。
出迎えに来た人達。
そんな風景を記事にしてみたくなりました。
本当にタイムスリップですねえ。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/06/12 22:14 ] [ 編集 ]
線路跡を転用したサイクリング道路の探索動画あり
kozoh55様
 山形県の奥まった場所まで態々の探索、お疲れ様でした。

 この高畠町は、農産物の流通や加工も盛んな模様で、時々スーパー等で産地名が記載された加工食品を見かけます。撮影された旧・高畠鉄道の駅舎、立派なものですね。掲示、有難う御座います。
 ただ、こうした見栄えのする歴史建造物を敢えてウリに出さないところが、この町の人々の生き方であり、気風なのかもしれません。奥床しいものです。


 ところでネットにて、この鉄道の関連動画や鉄道跡の探索サイトを発見しました。実に勝手ながら、以下に紹介させて下さい。


(1)旧鉄道線路を転用したサイクリング道路の探索動画。桜並木が満開。

[HealingJapanTV, 山形県 まほろばの緑道 [HD]]


(2) 旧鉄道の路線図まで付いた探訪サイト。国土地理院の地図に記入されているので、地域の地勢や集落の立地状況から、産業の栄枯盛衰の経緯まで推測できます。

[山形交通高畠線跡を訪ねて]

 但し、以下は上記サイトのリンク先です。御自身で検索するのが手間な人は、御自身の責任で以下のリンク先を打鍵してみて下さい。

http://homepage1.nifty.com/pyoco3/touhoku/yamagata/takahata/takahata.html


(3) もう一つ、旧鉄道線路跡を入念に探索したサイトがあります。こちらは写真豊富で、中々に楽しめます。

[廃線探索、山形交通高畠線、歩鉄の達人]

 手間を惜しむ方は、以下の連結先を自己責任にて打鍵なさってみて下さい。

http://www.hotetu.net/haisen/Tohoku/100515yamagatatakahatasen.html

 こうした旧・高畠駅の様に、廃線となった嘗ての地方鉄道の主要駅やその周辺には、風情のある建造物が結構、遺留されている事例があります。また何か、面白い風景を発見されましたらご紹介下さい。
 貴重なレポート、有難う御座いました。
[ 2015/06/19 10:05 ] [ 編集 ]
Re: 線路跡を転用したサイクリング道路の探索動画あり
おはようございます、コメント下さりありがとうございます。
そうなんです、町の人々はフレンドリーで丁寧で、でもどこも奥ゆかしい方ばかりで、最初に紹介した古マンガ本に出会ったお店など、ちっとも展示物を誇るふうではなかった事に驚きました。それで『さりげなレトロ』というタイトルにしたのです。派手じゃないって、好きです。そうですか~鉄道遺構も魅力的なんですね。まずは見に行ってみます。インフラ系の遺構には私の好きな炭坑跡など独特の魅力がありますね。過去の大繁栄とのギャップが人の営みの無常さを私たちに伝えてくれます。ありがとうございます、また是非遊びにいらしてください。
[ 2015/06/20 13:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する