下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

川崎 商店街慕情⑤

小向マーケット周辺の話題に戻します。
他にも商店街がいくつか点在してありました。
川崎201505 (262)_R
これら商店街の中心に「東芝」があるのですね。きっと戦前・戦後とたくさんの人が
川崎201505 (270)_R
川崎201505 (272)_R
この場所で働き、住んでいたという事でしょうね。
猫ちゃんも、のんびりとひなたぼっこしてましたよ。
川崎201505 (256)_R
川崎201505 (257)_R
川崎201505 (259)_R

もうひとつ見つけてしまいました。
川崎201505 (312)_R
南武線鹿島田駅近くにある「平間配水所給水塔」
川崎201505 (320)_R
凝ったデザインではないのですが、
川崎201505 (324)_R
やっぱり姿が美しい
川崎201505 (329)_R

給水塔の旅は、また続けます。
大田区馬込、横浜市鶴見区にもあるようですから。

いかがだったでしょうか、川崎と商店街。
本当は日本一の「ラゾーナ川崎プラザ」が川崎駅前にあるのですから、
ああいうところも紹介した方が、川崎を知って頂けることに
なるんでしょうけど。
kozoh55としてはどうしてもこんなしみじみ商店街の紹介になりますね。
実は川崎駅周辺の撮影も1年ほど前に敢行していたのですが、
まだ記事に出来ていません。
駅周辺、旧東海道線沿いもまた魅力的ですね。
いつかご紹介します。
ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55
関連記事
給水塔
シンプルですが、なかなかのもの
芸術作品の風合いを感じさせますね。
[ 2015/06/07 06:04 ] [ 編集 ]
こんにちは

この周辺も懐かしく、楽しませていただきました。
駅周辺も賑やかでいいのですが、やっぱりkozohさんの世界観ステキです。

またお邪魔させてくださいませ。
[ 2015/06/07 09:42 ] [ 編集 ]
こんばんは〜kozoh55さん♬

私 小学2年生まで 川崎の多摩区に住んでました^ ^
アーケードの商店街など 当時に記憶がよみがえりますぅ〜(ノ´∀`*)

素敵な 給水塔ですねっ♬
給水塔はデザインもいろいろで 奥が深いんですよねぇ〜
図書館で給水塔の写真集を見た事があります^ ^♪
改めて 給水塔の写真集を また手にとってみたい気持ちになりました( ´ ▽ ` )ノ
[ 2015/06/07 22:22 ] [ 編集 ]
Re: 植本多寿美さんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
シンプルで特に個性的な意匠が施されているわけでなくても、
給水塔という機能に対して忠実であることで、
それはそれで美しく私には映りました。
何より住宅街に突然現れる建造物というのは、
それだけで心に残りますね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/06/07 23:38 ] [ 編集 ]
Re: うづらさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
川崎駅は乗降客40万人を数える巨大都市に
日本一のショッピングセンター「ラゾーナ川崎」が聳えて
土日は人のるつぼとなってますね。
そこから5分もしないで、こんな街並みばかりのところに辿り着くのは、
やっぱりどこか不思議な気もしますし、
考えてみると、駅周辺も旧東海道周辺は、まだ随所に昭和とそれ以前の
姿に出くわしたりしますから。
kozohの世界とは?ちゃんと「拵えて」楽しみながら
伝え続けて行きたいものです。
まずは80歳まで続けると、何が見えてくるかなあと、
考えただけで楽しくなりますね。
私こそまたうづらワールドにお邪魔させてください。


[ 2015/06/07 23:46 ] [ 編集 ]
Re: shizuさんへ
お晩です、コメント下さりありがとうございます。
そうでしたか~多摩区に住んでらっしゃったのですね。
登戸の方の住宅街でしょうか、これまた歴史がありそうですね。
大山詣でが江戸時代末期流行して、そのころの地名で
よく「登戸」は出てきますね。
給水塔は、まだ数カ所しか回ってませんが、
鶴見や大田区馬込などにもあることを最近知りました。
これはもう行くしかないです。
そして「本庄」「水戸」あたりまで足を運べたら
特集を組んでみたいですね。
それまでに駒沢には10月1日の内部公開デーに
参加してみたいなあという野望に満ちてます。
給水塔の写真集などがあるのですね。欲しくなりました。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/06/07 23:55 ] [ 編集 ]
こんにちは
お邪魔します。

ワタクシの勝手な想いです。
『置いてきたなにか』が。
それが、ワタクシには居心地のいいものになっているのかな、と。

またお邪魔させてくださいませ。
[ 2015/06/11 10:37 ] [ 編集 ]
こんばんは
まぁ こんなところにも給水塔が...
入り口がきれいっぽいのを見ると、まだ現役なのかしら?

ど~んと真っ直ぐな姿は、凛々しいですね。
..ごめんなさい、感想の表現がうまくできなくて(汗)
[ 2015/06/11 20:35 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
コメント下さりありがとうございます、うづらさん。
『置いてきた何か』が、うづらさんにとって居心地がいいのですね。
そうだったんだ~などと軽く受け止めることも可能なんでしょうけど、
初めてこういったコメントを頂いて、考えています。
置いてきた何かにこのブログで出会えることが出来るなら、
それが心地よいと感じてくれる方がいるのでしたら、
すごく嬉しいことですねえ、励みにもなりますねえ、
またこれからも『小僧』として励んで生きますね。
また是非遊びにいらして下さい。
[ 2015/06/11 21:39 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
おはようございますmasamiさん、コメント下さりありがとうございます。
現役、ですね、たぶん。給水塔の多くがそこに水をためて、
そして各家庭に水を送るという役割を終え、
災害時の為の貯水タンクになっていると聞きます。
それもあって、どの建物も美しく残り続けているのでしょうね。
凛々しい姿は、飾りのない風情は、私には父親のように
感じた次第です。確か水戸も本庄も女性的な姿だったような気がします。
どちらも見に行く日が楽しみです。
[ 2015/06/12 08:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する