下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

普段使いの街 矢切と私(4)

「矢切と私」などという怪しげなテーマで始まった今回の記事、
矢切の渡しに着いたものの、あれ?
矢切の私 (189)_R
今日は平日、渡しはお休み、私はどうなる、
矢切の私 (188)_R
ぶら下がっているものをまじまじ見つめ、がっくりと
矢切の私 (191)_R
渡しの乗り場はちゃんとあるのに
矢切の私 (192)_R
あの向こうに見える「柴又」には行けないのです
矢切の私 (197)_R
草餅はいずこ?団子の行商の方でも通らないかしら、、、、
確かにここは「矢切の渡し」
矢切の私 (199)_R
細川たかしさんの書ですよ

とりあえず、矢切駅に帰らなくちゃ、
矢切の私 (202)_R
再び振り返ると、この姿
矢切の私 (201)_R
「野菊の小道」なるもの発見、
矢切の私 (207)_R
温かい時期で好天なら気持ち良かったんでしょうけど、
矢切の私 (211)_R
道は「じゃぶじゃぶ」濡れて、ぬかるんでいるんですよ~
矢切の私 (214)_R
でもでも、最後に美しい姿が目に入り
矢切の私 (222)_R
(えっ!セブンスターの丘!)なわけない

なんか平和な気持ちになれたkozoh55でありました
矢切の私 (225)_R
葱とシロツメ草かなあ
矢切の私 (226)_R
渡しは、乗らないと、もったいない

いかがだったでしょうか、
私にしては珍しく、写真を後で見直した時、
一人で「プップッツ」と笑い出してしまいました。
寒い中、水浸しの畑と格闘しているんですから~
ご訪問して下さった方、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55
関連記事
この寂しげな風景、心惹かれます♪
柴又より好きかも(笑)
毎日運行中にぜひ行ってみたいです♪
[ 2015/05/29 06:30 ] [ 編集 ]
Re: ちまちま子さんへ
こんにちは、コメントくださりありがとうございます。
時期的な面もあるでしょうけど、有名な場所なのに
ちょっと寂しげなこの場所は、柴又から渡って、そのまままた渡して柴又に戻る方が多いのでしょうね。
寒い思いをしても、あのしみじみ系の風景は十分魅力的ですね。また是非遊びにいらしてください。
[ 2015/05/29 15:21 ] [ 編集 ]
こんばんは
「矢切と私」のオチがこうだったとは(笑)
風も強くちょっと大変でしたね。
野菊のこみちも、じゃぶじゃぶし過ぎ...
長靴じゃないと歩けないですよー

休日だともっと人が多いのかしら?
今度は要確認ですね!
[ 2015/05/29 21:23 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
おはようございますmasamiさん、コメント下さりありがとうございます。
なんとなしに向かってしまった矢切の渡し、陸地から行ったことなかったなあ、と
昨日は雨、今日は風が強まりつつある、、
結果はこの通り忘れられない街歩きとなりました。
なのでこのタイトル結構気に入ってたりして、
暖かい時期だったら、渡しをゆっくり楽しめて江戸川をのんびり眺めていたら
楽しいでしょうね。
[ 2015/05/30 12:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する