下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ならまち 奈良ホテルでのひととき

「ならまち」や興福寺のすぐ近くにあります。
「奈良に行きたいな」と思った理由の一つがこの地、
奈良100 (268)_R
奈良100 (270)_R
「関西の迎賓館」とも言われる
奈良100 (271)_R
明治42年創業、「奈良ホテル」
奈良100 (282)_R

四万温泉の「積善館」で歴史旅館に出会い、

箱根では日本で2番目に古い富士屋ホテルで

明治から続く建物に泊まることが出来て、

日光では日本一古い「金谷ホテル」に出会い、

「関西の名門はここ」と言われ、
奈良100 (289)_R
今日は泊めていただけることになったのです。
奈良100 (291)_R
内部の造りがまた凄い、フロント
奈良100 (365)_R
「ミルナー社製金庫」
奈良100 (571)_R
日本にここ以外残されているのか?現役ですから

入口の吹き抜けは日光にもありましたね
奈良100 (362)_R
階段の美しさが、どこか建物の価値を決定付けます
奈良100 (537)_R
さらっと「上村松園」さんの絵画もちろん原画。私この方の絵が好きで
奈良100 (371)_R
応接の間
奈良100 (374)_R
暖炉が美しく保存され
奈良100 (429)_R
アインシュタインが宿泊された際に弾いた「ピアノ」
奈良100 (411)_R

ちゃんと紹介しきれない、見どころありすぎて
関連記事
こんばんは
わぁ、素晴らしいですね~奈良ホテル!
金谷ホテルや冨士屋ホテルは知っていましたが...
奈良ホテルは、知りませんでした(汗)

フロントもそうですけど
やっぱり階段と天井の美しさが素敵ですね~~~
規則正しく並んであるのが本当にうっとりします(笑)
[ 2015/05/31 19:28 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
masamiさんへ。奈良ホテル、まさに皇族御用達であって、
歴史も金谷ホテル、富士屋ホテルにひけをとらない、
そんな存在を知ったのは、富士屋ホテルの資料室で紹介されて
いたような気がします。
あのフロント周辺の雰囲気は日本最古の金谷ホテルのすがたとよく似ていて
もしかしたら当時の伝統的な西洋ホテルの姿だったかもしれませんね。
その礼儀正しさが、皇室の方の安らぎの場となっているのかもしれませんね。

[ 2015/05/31 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する