下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

旧三崎町 路地と優しさと色街と(4)

最初は、ああ、猫がいたぐらいだったの感じで
三崎町 (308)_R
何だよ、それで警戒しているつもり?
三崎町 (312)_R
あれ、お前体が伸びきっているけど
三崎町 (410)_R
大丈夫?
三崎町 (413)_R
「ふん、うるせえ」
三崎町 (426)_R
お前はくしゃくしゃじゃないか
三崎町 (432)_R
「お前に関係ないだろう」
三崎町 (436)_R
「寝るぞ」はあ、そうですか
三崎町 (442)_R
ああ、今度はチビだ
三崎町 (457)_R
おお、寄ってくるよ
三崎町 (460)_R
「俺を連れて帰りなさい」ええっ、今日は無理だよ
三崎町 (465)_R
「ふんふん、ふふん」
三崎町 (483)_R
「ははん」 
三崎町 (487)_R
そうなんです、君たちみんなフリーダムだ
三崎町 (609)_R
この街、猫に優しいのでしょう
三崎町 (623)_R
自由人、いえ自由猫なんです
三崎町 (629)_R
「そんなことは、知らんね」
三崎町 (637)_R
この場所だけでも、何匹いるのだろうか
三崎町 (490)_R

大事にされている、この子達
関連記事
こんにちは
自由猫、多いですよね。風情がいいですね。

色々問題もあるのだけれど、自由猫のいる町っていいなと思います。
住んでいる人々も。

続き、楽しみです。
[ 2015/05/13 13:37 ] [ 編集 ]
Re: こんにちは
お晩です、うづらさん、コメントくださりありがとうございます。どの場所にもいる訳ではなく、商店街から少し海側に行った場所に、平和な暮らしをしている一団が居たという感じでした。そうですね、誰が食事をあげているのかなどいろんな問題があるのでしょうけど、こうして穏やかな姿の猫たちに会えたことは私にとって幸せな時間でした。また是非遊びにいらしてください。
[ 2015/05/13 20:47 ] [ 編集 ]
こんばんは
4枚目の黒猫ちゃんのポーズがなんともいい感じです(笑)

>「ふんふん、ふふん」「ははん」
うふふ 本当にニャンコちゃんの声みたい

たくさんのニャンコちゃん、地元の方とは、ほどよい距離感で
お付き合いしているのでしょうね?
近すぎず、遠すぎず...
うーむ、色々と考えさせられますね。
えっ?何が?(笑)
[ 2015/06/01 20:36 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
masamiさんへ。あの黒猫を見てkozoh55はクリスマスツリーにありがちな、
体が伸びきったノッポのサンタを思い出しました。
偶然体を伸ばしているのではなく、ずっと伸びきってそれがまた可愛かったです~
「ふんふん、ふふん」「ははん」本当に言ってましたよ!たぶん。
そうですね、地域猫とか、喜んで食事をあげている人もいれば、
迷惑をかけられている人もいるのかもしれません。
そのあたりは、旅人としての私には目に映るものしかコメントできませんので、
こんな感じのコメントになっちゃいますね。
またぜひ遊びにいらしてください。
[ 2015/06/02 20:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する