下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

旧三崎町 路地と優しさと色街と(2)

港楽亭の若きご主人が教えてくれた事、
「商店街のある通り「三崎銀座通り商店街」「すずらん通り商店街」も
良いんですけど、この街、路地が魅力なんですよ」

このあたりが「三崎銀座通り商店街」
米山船具店のショーケースには
三崎町 (177)_R
往時はどんなものが飾られていたんでしょう
三崎町 (181)_R
こんな美しい看板建築が
三崎町 (184)_R
今も残されている不思議
三崎町 (185)_R
三崎町 (192)_R
ネクタイが彩られた看板建築
三崎町 (209)_R
三崎町 (211)_R
ここも別な建物
三崎町 (207)_R

この商店街の通りからふっと路地に入ると、これがまた凄すぎます。
三崎町 (138)_R
三崎町 (139)_R
こんな美しい建物が路地に「咲いて」いました
三崎町 (145)_R
三崎町 (152)_R
ラビリンス、迷宮への入口
三崎町 (281)_R
三崎町 (284)_R

この路地風景が、忘れられません。
三崎町 (291)_R
この「靴箱」も
三崎町 (328)_R

路地ってほんと凄い、凄まじい
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する