下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

駒沢 かけがえのない処(5)

駒沢と言えば、「駒沢大学」でしょう。旧名は「曹洞宗大学」。
駒沢1000 (177)_R
駒澤大学と言えば駒沢大学禅文化歴史博物館、「耕雲館」昭和3年建築。
「おーあんだこの外観は!」
駒沢1000 (248)_R
「今日は外観がこんなでごめんなさいね」受付の方が申し訳なさそうに言う

ならば屋内へと、地下に降りてみる
駒沢1000 (243)_R
この煉瓦の作りは見覚えがある、どこで見たのだろう?
駒沢1000 (246)_R
東京駅?日比谷公会堂?わからない。

さあ入りましょう
駒沢1000 (241)_R
本堂への扉は重厚そのもの
駒沢1000 (200)_R
広がる仏教空間
駒沢1000 (184)_R
「ポクポク」も上品な芸術作品
駒沢1000 (194)_R
木魚は、本来こういう形だったから「木魚」なんですね。
駒沢1000 (197)_R
木魚はもともとは「ほう」というものだったそうです

そうそう、ここは本来、図書館
駒沢1000 (182)_R
確かに、
駒沢1000 (201)_R
そんなオーラを感じます
駒沢1000 (202)_R

2階から
駒沢1000 (225)_R

当時の外観
駒沢1000 (223)_R

駒沢大学の歴史を遡ると、「栴檀林」という言葉に繋がります
駒沢1000 (219)_R
江戸時代の仏教を学ぶ為の学寮、
それは現在の駒込の「吉祥寺」にありました。

吉祥寺の栴檀林がこちらに学び舎として引き継がれ、
そして吉祥寺というお寺の名は、
当時、駒込吉祥寺の所有地であった現在の「吉祥寺」へと
繋がっていくのですね、一つ一つが輪になっていきます

明日の記事が「駒沢」最後となります。
関連記事
こんばんは^0^

駒沢大学にこんな資料館があるのですね!
なんか良いですね^^

コメントありがとうございました*^^*
早速リンクさせていただきました^0^

今後ともよろしくお願いします^^
[ 2015/05/09 00:59 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
おはようございます、菜奈乃さん、リンク感謝いたします。
私の方もリンクし終えています。
長いお付き合いができるといいですね。
そうなんです、大学内にこんな史跡とも言えるものがあるのですね。
そしてそれをさかのぼっていくと、駒込の吉祥寺にたどり着く、
あの地の経堂という建物は、栴檀林があったといわれている古建築です。
そちらもおススメですよー
またぜひ遊びにいらしてください。

[ 2015/05/09 14:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する