下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

池上線 昭和の文具博物館②

文房具以外も凄いものが、、
昔はこういうモーターのミニカーで
170520-112850-池上線沿線20170520 (87)_R
走りを競っていたんですね
170520-113015-池上線沿線20170520 (93)_R
「毛主席の5篇の著作」
170520-115608-池上線沿線20170520 (182)_R
知る人ぞ知る「Uコン」のエンジン
170520-120215-池上線沿線20170520 (201)_R
東京オリンピックのメダル
170520-120511-池上線沿線20170520 (207)_R

昭和文房具は果てしなく

超初期の頃のスティックのり
170520-122048-池上線沿線20170520 (242)_R
お金のある家の子は、この筆箱でした
いえ、これ、筆箱というだけでありません
170520-122344-池上線沿線20170520 (253)_R
ブックスタンド機能付きですから~
170520-122510-池上線沿線20170520 (267)_R
ナメ猫?バケ猫?
170520-120029-池上線沿線20170520 (195)_R
50年前のクレヨン
170520-115243-池上線沿線20170520 (163)_R
昭和20年代のレバーファイル
170520-122434-池上線沿線20170520 (261)_R
そして、これは謎が謎でおわります。このペンで書くとコピーした時
文字が出ないんだそうですよ~
170520-122908-池上線沿線20170520 (284)_R

あなたはいくつ所有してたか、そして知っていたか、
「佐山文房具店」のいご主人、貴重なお時間ありがとうございます

池上線 昭和の文具博物館①

おっ、「とうふや源さん発見」
170520-105920-池上線沿線20170520 (50)_R
美味しそうだわー、もちろん1個購入
170520-110226-池上線沿線20170520 (58)_R
歴史ありですね~30年もの?
170520-110202-池上線沿線20170520 (54)_R
お豆腐屋さんで飲む豆乳は、私の体をキレイにしてくれます
170520-110522-池上線沿線20170520 (62)_R
まだ若いご主人に、
「どこかにおススメの歴史のある建物、あります?」と尋ねると
「ああ、この手前の文房具屋さんに行ってみたら?ご主人喜ぶと思うよ」
とありがたいアドバイスを頂きました。

前の記事でも登場した「須山文具店」さん
170520-105358-池上線沿線20170520 (45)_R
店内は新旧の文房具がてんこ盛りでしたよ~
170520-115053-池上線沿線20170520 (154)_R
170520-115119-池上線沿線20170520 (155)_R
170520-115034-池上線沿線20170520 (150)_R
レジからして違うんだわ~
170520-112918-池上線沿線20170520 (88)_R


戦後、日本の文房具メーカーが新しい商品を販売する際の
「実験店」をされていたのが、こちらのお店
店内は現役の商品だけでなく「日本初」「初代」「大人気」などの冠が付く
懐かしい昭和な文具が勢揃い、ご主人が丁寧に昭和の文房具を紹介してくれました。

さあ、昭和世代のあなた、いくつご存じかな?

初代修正液、、なんと全色あったそうです、、全ての色に対応?
170520-120317-池上線沿線20170520 (202)_R
これは初代ペンタイプの修正液、グッピーのお腹みたいで可愛い
170520-120402-池上線沿線20170520 (205)_R
「暗記ペン」現在どこでも売っている蛍光マーカーの初代
170520-114619-池上線沿線20170520 (125)_R
「ピカイチくんジュニア」プリントゴッコのライバルだったようです
この美しい女性はどなた?
170520-115510-池上線沿線20170520 (175)_R
「からから」トランプ、、、なんだったか解りませんが、私はこれを持ってました。
170520-115516-池上線沿線20170520 (176)_R
昭和30年代の国産の付箋、ええ、舐めて貼ってたそうです
これはご主人か記念にくださいました
170520-120136-池上線沿線20170520 (199)_R

続きます

池上線 下町の名門 蒲田から

東京の現在の下町と言えば、kozoh55的に言うと、
東は三ノ輪、京島、そして尾久かな、
では西は????
雑色&六郷、梅屋敷商店街、そしてこの日しょっぱなに歩いた「蒲田」
じゃあ、蒲田の下町、らしさなどを見ながら東急池上線沿線を歩いてきます
170520-103748-池上線沿線20170520 (2)_R
駅ビルがあったりして、駅前はなかなかですよ

けれど、ちょっと路地っぽいところに踏み入れると
170520-103856-池上線沿線20170520 (4)_R
戦後からずっと営業しているかなという
170520-104017-池上線沿線20170520 (7)_R
お店がてんこ盛りなんです
170520-104107-池上線沿線20170520 (11)_R

ああ、この通りは特に昭和そのもの
170520-104701-池上線沿線20170520 (21)_R
闇市の流れをついつい思ったりします
170520-104311-池上線沿線20170520 (17)_R
店名が、素敵!「スナック ゴードン」
170520-104716-池上線沿線20170520 (23)_R
「ちょっとBAR よっちゃん」可愛い
170520-104732-池上線沿線20170520 (24)_R
黒バラ?
170520-104933-池上線沿線20170520 (31)_R
これは、これは、野毛でも見かけたような気がするのは、記憶違いか
170520-104938-池上線沿線20170520 (33)_R
須山文具店さんは、弦に巻かれて、嬉しそう
170520-105357-池上線沿線20170520 (44)_R
この喫茶店、以前入って、かき氷を頂いたのを思い出しました~
170520-105226-池上線沿線20170520 (39)_R
この建物も古いわ~昭和20年代建築かしら
170520-104816-池上線沿線20170520 (26)_R

空襲でこの街は8割が焼けたそうです
みな、みな、古くても戦後です、多分

神楽坂光景 昭和カフェとの出逢い

神楽坂をどんどん上がって、もう地下鉄東西線の神楽坂駅に着いた頃
新しい出逢いが私を待ってくれていました。

『珈琲 フォンテーヌ』
170506-133224-KOZ_0080_R.jpg
狭い入口から地下へ
170506-133243-KOZ_0082_R.jpg
170506-133257-KOZ_0083_R.jpg
この扉の向こうにあったもの
170506-134557-KOZ_0114_R.jpg
いきなり昭和な公衆電話と
170506-134203-KOZ_0089_R.jpg
レジスター
170506-134316-KOZ_0095_R.jpg
しかも現役
170506-134225-KOZ_0093_R.jpg

古い革張りの椅子
170506-134917-KOZ_0124_R.jpg
低い天井、2メートルそこそこかな
170506-134403-KOZ_0101_R.jpg

昭和40年代、50年代で時間を封じ込めたのか
170506-134929-KOZ_0126_R.jpg

ご主人自慢の各種造作、ご自身で作ったものばかり
170506-134942-KOZ_0127_R.jpg
170506-135016-KOZ_0129_R.jpg
170506-134351-KOZ_0099_R.jpg
メニューも
170506-134626-KOZ_0116_R.jpg
手作り感満点で
170506-134638-KOZ_0119_R.jpg
その昭和なメニューから
170506-133624-KOZ_0085_R.jpg
レスカにしようかと考えたあげく
170506-133645-KOZ_0088_R.jpg
お子ちゃまなクリームソーダを選んだのです

『レスカ』なんて言葉を使うのはいつ以来だろうか
記憶違いかもしれませんが、ご主人から聞いた開店の年は昭和41年、、、、
もう50年このお二人は営業され、神楽坂のうつろいを
眺めていたのでしょう
ありがとうございます、マスター、奥様

神楽坂は路地、そして素敵な食べ物屋さんの街だと
けれど、それだけじゃないんですねえ
いつかまた記事にします

神楽坂風景 見番通り再び

ついに神楽坂を上がる
170506-120309-KOZ_9996_R.jpg
不思議な店名だけど
170506-120352-KOZ_9998_R.jpg
これこそが神楽坂にお店を出す人達の
矜持みたいなものなのだろう
170506-120357-KOZ_9999_R.jpg
道の左側の路地に入る「見番通り」
170506-125314-KOZ_0055_R.jpg
これこそが現役の見番
170506-125606-KOZ_0063_R.jpg

見番:その街の料理屋、芸者屋、待ち合いの三業者が集まる事務所
長崎丸山町館林木更津、どの建物も格式高いものばかりでしたね~

これは会館だろうか
170506-125253-KOZ_0054_R.jpg
お稲荷神社には花街としての歴史が刻まれている
170506-125205-KOZ_0053_R.jpg
この可憐なお花は、私に何を伝えようとしているのか
170506-125450-KOZ_0058_R.jpg
不思議な街だ
170506-121712-KOZ_0020_R.jpg
古きと新しきが共存しているから
170506-121606-KOZ_0017_R.jpg
泉鏡花、北原白秋が住んでいた建物跡

素敵な風なお店がいっぱい
170506-124314-KOZ_0035_R.jpg
かと思うと、風情ある現役銭湯がひっそり佇む
170506-124524-KOZ_0041_R.jpg
どこまでも「温故知新」な街
170506-121332-KOZ_0016_R_20170523083750226.jpg
170506-121712-KOZ_0020_R_20170523083752110.jpg
170506-121844-KOZ_0025_R.jpg
170506-121830-KOZ_0023_R_20170523083756ca8.jpg

神楽坂風景 ふるさとラーメン

さあ、この商店街、人が集うこの街に入ろうと
170506-113732-KOZ_9969_R.jpg
入口まで来て、もう昼を過ぎていることを思い出す
お腹がペコペコでしたからラーメン屋を探すと
170506-120259-KOZ_9995_R.jpg
どこか、年代、年輪をしょった感じのお店を発見
170506-120108-KOZ_9988_R.jpg
「ホイコーローラーメン えぞ松」さん
170506-120111-KOZ_9989_R.jpg

ことラーメンに関して、kozoh55は平等、博愛というか、
博多、熊本、横浜、佐野とえり好みをせず、「美味しい店は美味しい」という主義ですが、
ふるさとの札幌ラーメンとなると話は変わります
それも、店舗外観を見た感じだと、20年~30年前の札幌ラーメンの印象
店内に入り着席するや否や、「味噌ラーメンとチャーハンを単品で」とオーダー

おっ、頼みすぎたか?
170506-114541-KOZ_9980_R_20170521231921b8c.jpg
サッポロ味噌ラーメンは普通盛りが麺も野菜も多かったのを忘れていた
170506-114422-KOZ_9976_R.jpg

けどほんと懐かしい事、肉はひき肉が札幌味噌の定番
170506-114549-KOZ_9982_R.jpg
メンマがほんと柔らくて、味が乗っていておいしかった~
170506-114553-KOZ_9984_R.jpg
炒飯は少し油が多かったけど、許します
170506-114415-KOZ_9973_R.jpg

親父さん、ごちそうさまでした
もちろん、スープ以外は完食
あれ、神楽坂は?

神楽坂風景 江戸城外堀

久しぶりに神楽坂を歩きたくなって、JR飯田橋駅を降りる
何度も来たことがあるのに、何故だかこの風景が目に留まる
170506-112538-KOZ_9947_R.jpg

「江戸城 牛込見附跡」
170506-112757-KOZ_9951_R.jpg
寛永16年(1636年)建造
170506-112830-KOZ_9952_R.jpg
江戸城外堀の城門があった場所

いや~青空が良く似合います
170506-112842-KOZ_9956_R.jpg
大名「阿波徳島藩蜂須賀忠英」公によって建造されたもの
170506-112857-KOZ_9957_R.jpg
美しく切り取られた石を使って、隙間なく組まれた石組
170506-112859-KOZ_9958_R.jpg
それだけでも十分見た甲斐があるというものですね。

さあ、神楽坂を上がろう

秦野 時のかけら

どうしても、もう一話、秦野の事が触れたくて、
「時のかけら」編としました。

看板がどこか昭和で
170502-130110-秦野20170502 (43)_R
手芸屋さん、ボタンが主役
170502-130133-秦野20170502 (46)_R
何故湘南クッキーの自動販売機があるのか
170502-130718-秦野20170502 (55)_R

どうでしょう
170502-135837-秦野20170502 (175)_R
どうですか
170502-135946-秦野20170502 (179)_R
実は食べてばかりいました
170502-152412-秦野20170502 (261)_R
170502-161139-秦野20170502 (364)_R
このマークがどこの会社のなのか、わかる人が少なくなったかも
170502-152603-秦野20170502 (263)_R

170502-152941-秦野20170502 (280)_R
ふと、お洒落な看板に気が付く私

秦野 神奈川たてもの園⑤

ところで、この街の呼び方は「はだの」なのか「はたの」なのか、、、
実際のところ混在して使用されているようですが、
市の正式な判断は「はだの」でした。へ~

秦野には、昔の看板が当時からの姿で残されてます
170502-151709-秦野20170502 (250)_R
アンモホスカとは?宇部興産の化成肥料の名前のようです
170502-152341-秦野20170502 (259)_R
オールマイティ?アルマイティ?
阪神タイガースのパクリではありませんから、たぶん。
ブタゲン?何者か?
この看板、実は有名だったりしますね、ネットに出てきますから~

「仲宿商店街」あたりの建物
170502-154606-秦野20170502 (332)_R
地名にある「中宿」「上宿」「下宿」
170502-162155-秦野20170502 (394)_R
そうです、この辺りは「矢倉沢(やぐらさわ)往還」という街道の宿場町
170502-162134-秦野20170502 (392)_R
だからこそ歴史ある美しい建物が多いんですね。
お布団屋さんでは「吊り雛」達が窓を飾ります
170502-154822-秦野20170502 (340)_R
秦野の特産品、、一つは煙草
170502-161959-秦野20170502 (385)_R
もう一つは落花生、これは知りませんでした。

和菓子も特産品では?そう私は感じました。
何しろ現役の和菓子屋さんがそこら中に現役として頑張ってましたから~
170502-160215-秦野20170502 (346)_R
美味しそうな柏餅を見つけて頬張る
170502-160344-秦野20170502 (349)_R
ここのあんこもピカピカ輝いて
170502-160428-秦野20170502 (354)_R
名物「秦野の舞」
170503-203711-秦野201705 2 (5)_R
170503-203904-秦野201705 2 (9)_R
そうなんです、この豆は落花生ですから
170503-204229-秦野201705 2 (12)_R
八百屋さんの看板は見飽きません
170502-164113-秦野20170502 (430)_R
ええ?あの人気のお菓子と同じ名の美容室とは、、、
170502-163104-秦野20170502 (413)_R
やっぱりハッピーターンとは関係がなさそうですね

そして最後はこのシャッター通りとなった「大正通り」
170502-162914-秦野20170502 (409)_R

秦野には商店街がいっぱい咲いてました、
ここもその一つとして、今も生きてくれているのです

秦野 神奈川たてもの園④

ええ、昼食ですよね、頂きました。
ここです。
170502-141844-秦野20170502 (195)_R
「ラーメンショップ曽屋店」さん、秦野の家電屋ノジマさんの隣にありました。

フランチャイズ店ですが、私ここのネギ味噌ラーメンが好きでして
170502-142311-秦野20170502 (197)_R
久しぶりに食べたら、やっぱり美味しい。辛いネギと味噌のミックス味が
170502-142331-秦野20170502 (203)_R
癖になるんですね。

さてここからは、「神奈川たてもの園 秦野」再開
片町第一商店会周辺へ

これは五十嵐商店と同じく、昭和初期の建物かな。
170502-153322-秦野20170502 (294)_R
たぶん、この街は関東大震災の影響を受け、震災後の看板建築が流行ったころの建物が
多いように思えます。
170502-153334-秦野20170502 (296)_R
細部の意匠が凝っているんですね。

この建物は昭和の香りプンプン。目立つってお店には大切なこと。
170502-153442-秦野20170502 (299)_R
中央部の3本の縦線が特徴の看板建築、これも戦後か
170502-153552-秦野20170502 (302)_R
色の濃いタイルのデザインが左右非対称に施されています
こういうところが、現代的ですよね。けど、古い建物。
170502-153720-秦野20170502 (310)_R
同じ建物の側面の意匠
170502-153648-秦野20170502 (306)_R
上部の意匠
170502-153750-秦野20170502 (313)_R
たてもの右中央の意匠
170502-153758-秦野20170502 (316)_R
上の建物の脇の尾久に見えていた別建物の
170502-153910-秦野20170502 (320)_R
窓の姿が凝ってましたね。

この建物はシャッターの絵が印象的でした
170502-153659-秦野20170502 (307)_R
何か高度成長期の明るい日本の雰囲気を感じました~
現役であってほしい