下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

川越に来て候

今年最後の記事を何にしようかなどと、大晦日を目前に考えてたりします。
明日も仕事な2016年は、私にとって激動でした。

過去の記事を最後にアップすることも考えましたが
160927-155335-川越街道 ふじみ野201609 (323)_R
川越で行くことにしました
160927-155354-川越街道 ふじみ野201609 (325)_R
「旧湯宮釣具店」は昭和5年建築
160927-155357-川越街道 ふじみ野201609 (327)_R
銅板建築をこうして残してくださり、
珍しい本物の3階建。

窓が、窓が美しいじゃないですか~

ご訪問くださった皆様、
今年1年ありがとうございます、kozoh55です。
ブログを始めたのはついちょっと前の話なのに
来年1月に5周年を迎えます。
今回は、少し記事を振り返ってみて
次の5年につなげていこうと思っています。

皆さまが良い年を迎えられるよう、
お祈りいたします
そして、またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

草加 おせん泣かすな餅を焼け②

草加はやっぱり下町でした
161030-155701-草加20161030 (149)_R
こんな風景がずっと続くわけですから
161030-155746-草加20161030 (154)_R
夕方の風景も
161030-165334-草加20161030 (278)_R
161030-170525-草加20161030 (289)_R
161030-170646-草加20161030 (294)_R

おっ、猫がいます、兄弟かな
161030-151346-草加20161030 (34)_R
私に興味が無い?ですね
161030-151409-草加20161030 (42)_R

旧日光街道に沿う、国指定名勝「草加松原」
161030-163748-草加20161030 (241)_R
江戸時代から「千本松原」と呼ばれ、明治時代に800本あった松が、
高度成長期には幹線道路であったことから、たった50本という寂しさに
161030-163639-草加20161030 (239)_R
昭和51年、地域の人達の保存運動が始まり、植樹により現在は500本越え

綾瀬川のほとり、柳もいい
161030-165048-草加20161030 (275)_R
松尾芭蕉「奥の細道」最初の滞在地1がこの「草加」
161030-164205-草加20161030 (251)_R

眺めていて、飽きない街
161030-164607-草加20161030 (261)_R
ああ、越谷の商店街の風景を思い出した
161030-170842-草加20161030 (295)_R
同じ旧日光街道の宿場町

ちょっとレトロな喫茶店
161030-173954-草加20161030 (322)_R
「ブンブン」
161030-174308-草加20161030 (328)_R
「ブンブン」
161030-174325-草加20161030 (331)_R
面白い街でもある

関係ないか、君には
161030-173929-草加20161030 (315)_R

草加 おせん泣かすな餅を焼け①

そうだったんですか~、駅前、案外、都会だし
161030-144842-草加20161030 (1)_R
バスも可愛い。「バリボリ君」知らないな~
161030-145831-草加20161030 (4)_R
草加で一番有名なのは、この方
161030-150148-草加20161030 (13)_R
わかりますか?
161030-150121-草加20161030 (8)_R
そうです、煎餅を焼いているのは「おせん」さん
161030-150131-草加20161030 (10)_R

「草加宿」宿場町だったこの街で、商売上手のおせんさんが初めて焼いたから
161030-173004-草加20161030 (310)_R
「おせんべい」と呼ばれるようになった、そんな説があるのですね、
161030-155318-草加20161030 (139)_R
これは、本当臭いぞ、たぶん。
161030-155453-草加20161030 (143)_R
だって、どの煎餅も
161030-163943-草加20161030 (248)_R
美味しかったのよ~

あれ、バリボリ君、どこ行った?
え、違う?パリポリ君が正しいって?
同じでしょう、たぶん。

びば、ラーメン!! 大井 永楽

JR大井町駅から数分の東小路という闇市跡のような商店街に
「永楽」というお店があります。
161203-134055-二胡演奏会20161203 (4)_R
いつも、ほぼ行列
161203-141127-二胡演奏会20161203 (22)_R
店内はこんな風、中華食堂、
161203-134101-二胡演奏会20161203 (5)_R

これがこちらの「ラーメン」
161203-135852-二胡演奏会20161203 (10)_R
161203-135923-二胡演奏会20161203 (11)_R
161203-135928-二胡演奏会20161203 (13)_R
161203-135934-二胡演奏会20161203 (16)_R
今日は「ワンタンメン」を頼んでみた
161203-135942-二胡演奏会20161203 (17)_R

美味しいというのともちょっと違う
161203-140948-二胡演奏会20161203 (19)_R
この焦がしネギのスープの味が忘れられないのだ
161203-140952-二胡演奏会20161203 (20)_R
ほんの少し苦いのが、また、いい

船橋 色町のかけら②

色町にはには猫が似合う、
161119-122807-船橋20161122 (41)_R
が、なんでそんなに肥えているのだい?
161119-122757-船橋20161122 (38)_R
緊張感が足らんよねえ

こんなしみじみとした風景は
161119-122854-船橋20161122 (48)_R
今やなかなかあるわけではない
161119-122940-船橋20161122 (49)_R
猫もそうそういるわけでないけど
161119-122949-船橋20161122 (52)_R
この日はいっぱいいたのね
161119-122955-船橋20161122 (55)_R
マンション聳える街の中
161119-123230-船橋20161122 (56)_R
「バー伯爵」の残照
161119-123251-船橋20161122 (57)_R

繰り返すけど、特別な街並みなわけでなく
161119-124031-船橋20161122 (60)_R
161119-124104-船橋20161122 (62)_R
けれど、私には一つ一つが「色町残照」
161119-124152-船橋20161122 (66)_R
ここもそうではないだろうか
161119-124234-船橋20161122 (72)_R
161119-124219-船橋20161122 (68)_R
「三田浜商店街」
161119-124523-船橋20161122 (78)_R

繰り返す、どこにでもある風景だということを
161119-125713-船橋20161122 (105)_R

けれど、この日、大事な事に気が付いた
つい先日までこの路地にあったストリップ小屋を
私はついに見つけることが出来なかった。
その場所は、工事の柵が出来ていて、建物は跡形もなく姿を消していた、
そう私の目には映ったのだ。
首都圏の街並みの変化は速いけど、
それはおんなじ姿になることなのかもしれない

[ 2016/12/19 23:47 ] 船橋 色町のかけら | TB(0) | CM(0)

船橋 色町のかけら①

大好きなラーメン屋「赤坂味一」さんに食べに行こうと船橋へ、
けれど、ご主人の体調不良でお休みの告知、、、残念

違うお店でラーメンを頂いて、そのまま街をぶらり、

そう、船橋駅から船橋市役所に行く途中の路地には、
昔、色街があったのです。

なんにもない通りなんですけどね
161119-121227-船橋20161122 (6)_R
少し建物が不思議な風情があるくらいで
161119-121348-船橋20161122 (9)_R
161119-121407-船橋20161122 (11)_R
いや~ここも入るべきでした~
161119-121452-船橋20161122 (14)_R

なんにもない通りなんですけど
161119-121612-船橋20161122 (15)_R
建物がバラック調だったったりして(バロック調ではありません)
161119-121840-船橋20161122 (18)_R
161119-121901-船橋20161122 (21)_R
店名もなんか不思議
161119-122002-船橋20161122 (22)_R
161119-122106-船橋20161122 (27)_R
小粋な建物がすっと佇んでます
161119-122153-船橋20161122 (29)_R
161119-122156-船橋20161122 (31)_R
かけらは、あるのでしょうか
[ 2016/12/18 22:58 ] 船橋 色町のかけら | TB(0) | CM(0)

鎌倉 プレミアム街歩き④

こんな可愛い暖簾のお店って、どこですか?
161129-143635-鎌倉20161129 (149)_R
はい、「納言しるこ店」です
161129-141229-鎌倉20161129 (125)_R
ちゃんと探さないと見つからないこのお店に
人が沢山並びます

「田舎しるこ」と「ところてん」
161129-142358-鎌倉20161129 (128)_R
あずきを、
161129-142412-鎌倉20161129 (130)_R
あずきを食べるおしるこは
161129-142455-鎌倉20161129 (134)_R

鎌倉に来ると、外せないのであります

鎌倉 プレミアム街歩き③

鎌倉の路地もいいもんです
161129-144657-鎌倉20161129 (167)_R
料理屋さんの裏玄関
161129-144817-鎌倉20161129 (168)_R

床屋さん、現役だったかな~
161129-145359-鎌倉20161129 (173)_R
扉も素敵でした
161129-145435-鎌倉20161129 (176)_R
立ち飲み屋さん、名前が、、いいです
161129-145911-鎌倉20161129 (186)_R
こんな、露地商店街もあるのですね
161129-161910-鎌倉20161129 (243)_R
161129-162713-鎌倉20161129 (244)_R
161129-162736-鎌倉20161129 (247)_R
買い物市場だって現役ですから
161129-163011-鎌倉20161129 (249)_R
161129-163206-鎌倉20161129 (250)_R
ちょっぴり寂しい感じでしたけど~

鎌倉 プレミアム街歩き②

どさん子ラーメンも鎌倉だとこんな風
161129-131430-鎌倉20161129 (62)_R
路地のお店に目が行ってしまいます
161129-131524-鎌倉20161129 (63)_R
「くろぬま」さんは何屋さんかな
161129-132128-鎌倉20161129 (77)_R
おもちゃ屋、花火屋、
161129-131718-鎌倉20161129 (70)_R
161129-132139-鎌倉20161129 (80)_R

窓の中にも楽しい子たちがいるね~
161129-131819-鎌倉20161129 (73)_R

鎌倉だと、こんな店名でも
161129-133620-鎌倉20161129 (88)_R
パン工房だったりします
161129-133723-鎌倉20161129 (92)_R
こんなに艶のあるクロワッサンは初めて

ソーセージも美味しいのか~
161129-135935-鎌倉20161129 (112)_R

鎌倉 プレミアム街歩き①

鎌倉は、なぜこんなに人気があるのだろう?
伝えられる記事が書ければ、幸せです。

行列が出来るのは、甘味処や、人気のお寺、ばかりではありません
161129-124737-鎌倉20161129 (12)_R
「静雨庵」さん
161129-124744-鎌倉20161129 (16)_R
ネギラーメン、ネギがしっかりと自己主張してましたから~
161129-123510-鎌倉20161129 (5)_R
161129-123523-鎌倉20161129 (10)_R
美味しいのねえ

素敵なのね
161129-125207-鎌倉20161129 (25)_R
買っちゃうから、これだけ可愛いと
161129-125551-鎌倉20161129 (32)_R
この看板、意味は分からなかったけど、好きだ
161129-125953-鎌倉20161129 (39)_R

いぶし銀の街角、あそこにも
161129-130353-鎌倉20161129 (45)_R
ここにも
161129-131153-鎌倉20161129 (55)_R