下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

佐野 ラーメン・厄除け・さのまる⑤

行きましたよ、ちゃんと「佐野厄除け大師」
161122-152245-佐野20161122 (338)_R
来たからには、家族の厄除けをしてだいて
161122-161748-佐野20161122 (341)_R
正座を40分したら、へろへろになりました、って
161122-152324-佐野20161122 (340)_R

小学校の頃の読書感想文かなにかで読みました、
この「田中正造」さんの伝記。足尾銅山の公害を訴えて、明治天皇に直訴までした方。
161122-152057-佐野20161122 (331)_R
ご遺体の一部はこの地に眠っていたんですね。

気が付くと、もう夕方四時過ぎて、佐野は眠りの準備
161122-170521-佐野20161122 (438)_R
残酷にも思えるような建物に圧倒され

更に、非公開の洋館のパレードが始まる
161122-164332-佐野20161122 (392)_R
昭和初期建築「小島邸」

これは新しめの教会か
161122-165628-佐野20161122 (420)_R
「日本基督教団佐野教会」は昭和9年建築。
161122-172834-佐野20161122 (507)_R
そして、この建物
161122-171940-佐野20161122 (470)_R
「旧影澤医院」はなんと、明治44年。
161122-172625-佐野20161122 (496)_R
この施設を使用している「佐野市クリケット協会」の方が
建物内部も見せてくださった。
161122-172447-佐野20161122 (486)_R
いやー、補修は相当されていると思いますが、
161122-172405-佐野20161122 (484)_R
ほとんど建築当時そのままの姿ではないだろうか
161122-172356-佐野20161122 (481)_R
家具も
161122-172228-佐野20161122 (475)_R
佐野は、すごい、夜になると、更に凄くなった


佐野 ラーメン・厄除け・さのまる④

おお、レトロ建築群登場
161122-142502-佐野20161122 (244)_R
「新井屋 味噌まんじゅう」さんは
161122-142607-佐野20161122 (248)_R
「旧土佐屋薬局」明治3年建築

当時の富の象徴「うだつ」が上がるわ上がるわ、
161122-142657-佐野20161122 (257)_R
建物の奥に聳える蔵造りと共に
161122-143209-佐野20161122 (276)_R
とにかく美しい姿でしたよ

新井屋さんは、ここに店舗を借りて、大繁盛、
161122-170249-佐野20161122 (430)_R
3時頃に訪れたら、このお饅頭が最後の1個、ラッキーだったと思うことにしよう
あんこがさっぱりとして飽きの来ない味、美味でした。

店内も当時の土佐屋薬局さんの財力がしのばれます
161122-144018-佐野20161122 (290)_R
梁が1本の材木から作られ
161122-143913-佐野20161122 (284)_R
凝った姿の階段の造作
161122-143944-佐野20161122 (288)_R
そうですよ、薬入れが無いといけないですよ

さのまるも、レトロに変身、してませんね。
161122-144056-佐野20161122 (293)_R

佐野 ラーメン・厄除け・さのまる③

「佐野には古い建物が沢山残されています」
161122-130939-佐野20161122 (77)_R
なんの本だったか、ブログだったか、そう書かれていたので
161122-131726-佐野20161122 (81)_R
今日、やってきた
161122-131420-佐野20161122 (80)_R
なかなか、こだわりの看板
161122-134544-佐野20161122 (109)_R

ここからが本番かな
161122-134623-佐野20161122 (111)_R
161122-134625-佐野20161122 (112)_R
そうか、大谷石の宇都宮が近いんだ、佐野は
161122-135536-佐野20161122 (141)_R
路地の中に現れたお屋敷と、その門、
161122-140922-佐野20161122 (165)_R
街唯一の大きなお医者さんだった
「小沼呉服店」
161122-141534-佐野20161122 (187)_R
明治21年建築の建物で
161122-141847-佐野20161122 (207)_R
現役のお店
161122-141854-佐野20161122 (210)_R

お隣の煙草屋さんも、いいなあ
161122-141604-佐野20161122 (193)_R
なでなでしたくなる、タイル
161122-141657-佐野20161122 (197)_R
「今日も元気だたばこが美味い」
161122-141710-佐野20161122 (200)_R
今だと怒られてしまいそう

佐野 ラーメン・厄除け・さのまる②

佐野ラーメン、なんと100軒以上、凄いです
その中での代表格の老舗「赤見屋本店」
161122-125017-佐野20161122 (64)_R

小さめのどんぶりにたっぷりスープと麺が詰まっている
161122-123302-佐野20161122 (50)_R
kozoh55はこういうラーメンがお気に入り

いやー
161122-123656-佐野20161122 (60)_R
この青竹手打ち麺、どうですかこのちぢれ麺
161122-123344-佐野20161122 (56)_R
少し不揃いな風が、魅力的

あっさりとしたスープに惚れ
161122-124831-佐野20161122 (62)_R
飲み干してしまいました、優しい薄味スープ

帰り際の6時ごろに、今日2回目の佐野ラーメン
佐野駅前の「グリル こみや」さん、
161122-175830-佐野20161122 (559)_R
昭和27年以来この味を守っているのでしょう
161122-175857-佐野20161122 (562)_R
あっさり味の具が
161122-175908-佐野20161122 (565)_R
佐野ラーメンは普段使いの味ですよと、
161122-180802-佐野20161122 (568)_R
私に教えてくれる味わいでした

佐野 ラーメン・厄除け・さのまる①

東武線の佐野駅を降りた時点では、ごく普通の地方都市、という印象
161122-121234-佐野20161122 (1)_R
けれど駅隣の観光センターに入ると
161122-121254-佐野20161122 (2)_R
佐野ラーメンの名店ずらりご紹介
161122-121724-佐野20161122 (7)_R
赤見屋さん、今日これから行こうかなというお店
161122-121720-佐野20161122 (6)_R
佐野市のキャラクター「さのまる」登場
161122-121817-佐野20161122 (10)_R
どこでも登場だい!
161122-121859-佐野20161122 (12)_R
いきなり、渋さ満点の商店が出現
161122-122030-佐野20161122 (15)_R
イイ感じですね~
161122-122044-佐野20161122 (16)_R
どじょっこだの
161122-122101-佐野20161122 (19)_R
ふなっこだのも食べるでよ
161122-122058-佐野20161122 (18)_R
アマゾンっこだのも売ってるでよ
161122-122120-佐野20161122 (22)_R
アマゾンより古くからやっているでしょう、たぶん

下町 どっぷり節 押上・京島界隈

本当です、やけに街が美しかったから、
161115-164019-押上・京島20161115 (248)_R
161115-162547-押上・京島20161115 (223)_R
キラキラ橘商店街の、路地
161115-163700-押上・京島20161115 (243)_R
長屋は、長屋の本場は、この街だと思う
161115-163451-押上・京島20161115 (238)_R
161115-163041-押上・京島20161115 (231)_R
161115-163245-押上・京島20161115 (235)_R
いつだって、商売はこんな風情から始まる
161115-163816-押上・京島20161115 (244)_R

下町 どっぷり節 押上・京島界隈②

渋いねえ、この看板
161115-160729-押上・京島20161115 (197)_R
看板建築の長屋調建物は、1件しか明かりが見えない
161115-161503-押上・京島20161115 (199)_R
チューハイ、正式名称「焼酎ハイボール」元祖と言われる「三祐酒場」さん
ここは八広支店、本店は京島にある
161115-160431-押上・京島20161115 (188)_R
161115-160435-押上・京島20161115 (189)_R
「キラキラ橘商店街」今日も健在なり
161115-161707-押上・京島20161115 (203)_R
この看板も健在なり
161115-161921-押上・京島20161115 (212)_R
161115-161759-押上・京島20161115 (206)_R

下町 どっぷり節 押上・京島界隈①

錦糸町で「真鯛ラーメン」を食べた後
161115-122929-押上・京島20161115 (17)_R
町並をしみじみ眺めながら、北へ
押上方向に向かう

ああ、この和菓子屋さん、
161115-123439-押上・京島20161115 (26)_R
以前来たなあ
161115-123511-押上・京島20161115 (29)_R
いつの時代の電柱広告が残されているの?
161115-123607-押上・京島20161115 (32)_R
足袋屋さん「種田」、老舗なんだろう
161115-145038-押上・京島20161115 (117)_R
人が営む姿がそこに
161115-144802-押上・京島20161115 (113)_R
営まれていた町並の「跡」がちらほら
161115-153745-押上・京島20161115 (151)_R
けれど、矢印の先に「キネブチ」さんはありませんでした
161115-153559-押上・京島20161115 (149)_R
ここは、押上だったろうか、ああ、住居表示が映ってる

気が付くと、もう京島の地へ
161115-154201-押上・京島20161115 (157)_R
東京の「京」と向島の「島」を取って出来た地名「京島」

新しいマンションが多いのは、一つには防災のため
161115-154446-押上・京島20161115 (160)_R
けれど、その周りの風景は、どっぷり下町
161115-154646-押上・京島20161115 (161)_R
161115-155729-押上・京島20161115 (175)_R
161115-155752-押上・京島20161115 (176)_R

それだけ

時のかけら 千住

気が付くと歩いてしまう街
161025-124745-北千住20161025 (30)_R
こんな風情は、もう多くはない
161025-131054-北千住20161025 (74)_R
福寿堂さん、ありがとう
161025-132851-北千住20161025 (90)_R
お寺はたしかにたくさんあって
161025-134609-北千住20161025 (123)_R
ご利益ありとみた
161025-135449-北千住20161025 (141)_R

そういえば東京にたくさんある接骨医院「名倉」の多くは、
この街で江戸時代から続く「名倉病院」の流れをくんでいるという

老いも
161025-135843-北千住20161025 (147)_R
161025-143450-北千住20161025 (182)_R
若きも
161025-140715-北千住20161025 (157)_R
161025-142205-北千住20161025 (177)_R

共生している街

びば、ラーメン!! 真鯛ラーメン 麺魚

ラーメンを知り尽くした方に、「ここはめちゃくちゃ美味いから、行ってみたら」
と言われ、すんなりと足を運ぶkozoh55

錦糸町駅南口から数分で、見えてきた行列、
161115-123012-押上・京島20161115 (23)_R
真鯛の絵がド迫力で目立っている
161115-113356-真鯛ラーメン 麺魚20161115 (2)_R

「真鯛ラーメン 大盛り」をオーダー
161115-121920-真鯛ラーメン 麺魚20161115 (6)_R
魚系のスープが強く香るわけでなく
161115-121923-真鯛ラーメン 麺魚20161115 (8)_R
どでかい叉焼が飛び込んでくるわけでもなく
161115-121953-真鯛ラーメン 麺魚20161115 (10)_R
これは、ほうれんそう、いや小松菜、地元野菜で来たか、
161115-121956-真鯛ラーメン 麺魚20161115 (11)_R
さっぱりとした味わい

まるで上質のお蕎麦のような姿の細麺
161115-122000-真鯛ラーメン 麺魚20161115 (12)_R

スープは醤油とか、味噌とかではなく、真鯛で取っただしを
魚臭さをとことん抑えた味わい

一杯目では語り尽くせない、真鯛ラーメンでした
待つこと45分、納得の一杯

「真鯛ラーメン 麺魚」さん
東京都墨田区江東橋2-5-3 井上ビル 1F JR錦糸町駅から徒歩5分