下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

迷宮との出逢い 狭山不動尊③

戦前、増上寺の脇、今のプリンスタワーのあたりだろうか、
2代将軍徳川秀忠の霊廟がそれはそれは荘厳な姿で鎮座していたのですが、
150606-133046_R.jpg
東京大空襲で灰塵となってしまう
150606-132847_R.jpg
その中でも戦災から逃れた建物のいくつかが、
150606-132842_R.jpg
昭和50年頃、増上寺と親しかった西武の総帥、堤義明氏が勅額門」「丁子門」を入手して、
この「狭山不動尊」に集めた

これらの燈籠は増上寺からこの地に運ばれたもの
150606-140337_R.jpg
「清揚院」は誰か?徳川家光の三男「徳川綱重」
150606-140307_R.jpg

「弁天堂」井伊直孝ゆかりの建物もこちらに収められている
150606-135747_R.jpg

「多宝塔」
150606-133723_R.jpg
桃山時代の建物がさりげなく、飾られている

想像にすぎませんが、西武はこの地を横浜の三渓園のようにしたかったのだと感じました。
保護も充分でない国のお宝達をこちらに集め、大切に補修・保存をして、
一般の人にも公開していきたい、

結果どうなっているかはコメントできませんが、
ただ、大変貴重なものがさらりと置かれ、その全てが
当時の人々の声か聞こえだしそうな、
歴史を背負ったものばかりだと、私にも理解できました
有り難い出逢いです

迷宮との出逢い 狭山不動尊②

「丁子門」
150606-134650_R.jpg
東京の芝にあった「崇源院霊拝所」の通用門
150606-134813_R.jpg
そう、ここはドラマにもなった「お江」の方の廟所にあったもの
150606-134820_R.jpg
150606-134854_R.jpg
なぜ、この埼玉の地にあるのか?

迷宮との出逢い 狭山不動尊①

埼玉県所沢市、そこからまた先の西武プリンスドームの脇に
150606-131147_R.jpg
ひっそりとそのお寺はありました。
「狭山不動尊」昭和50年創建。
150606-131614_R.jpg
いきなり現れる「勅額門」
150606-131635_R.jpg
「台徳院」とは?
150606-131828_R.jpg
150606-131901_R.jpg
2代将軍徳川秀忠の法号

ここには徳川家ゆかりの建物が集められている



王子神谷界隈 どこまでも商店街⑤

少し時間がゆっくりと歩いているのかもしれない
160119-171731_R.jpg
ぼんやりとした街灯は、寂しい
160119-171809_R.jpg
ここでお手製の麺が買えるのか、、
160119-171843_R.jpg
ずっしりと来る、光景
160119-172721_R.jpg
160119-172938_R.jpg
なんかすごい、凄まじい
160119-173105_R.jpg
気が付くともう王子駅前に来ていた
160119-173143_R.jpg

王子神谷界隈 どこまでも商店街④

団地がここにもありました、かなり巨大です
160119-162725_R.jpg
160119-162508_R.jpg
静かな静かな商店街は
160119-163625_R.jpg
もう昭和30年代の喧騒と人の渦の姿を、
160119-163634_R.jpg
なかなか取り戻せないのだろう
160119-163721_R.jpg

夕方になって、王子駅の方に歩いてみると
「豊川学園通り商店街」
160119-170154_R.jpg
160119-170245_R.jpg
160119-170421_R.jpg
160119-170803_R.jpg
「いなり通り商店街」
160119-170950_R.jpg
160119-171024_R.jpg
160119-171345_R.jpg

淡々と商店街が続く

王子神谷界隈 どこまでも商店街③

商店街を巡る旅は、ここからが始まりだったかもしれない。
160119-154311_R.jpg
あの豊島区とは全く関係がない「豊島中央通り商店街」
160119-154556_R.jpg
きもの屋さんが、なかなか元気な風で
160119-155827_R.jpg
はいはい人形、可愛い~というかこれは「さるぼぼ」ではないだろうか。
160119-155852_R_201605250031532ed.jpg
嬉しくなってしまったkozoh55

お惣菜屋さんでいただいた、
160119-160400_R.jpg
チキンフライの美味しかったことよ
威風堂々の銭湯がお目見え、
160119-161326_R.jpg
「としま湯」さん
160119-161339_R.jpg

さあ、これは何者か?銭湯と関係あり?
160119-161353_R.jpg
忘れられない姿であったのは確かですから、宣伝効果抜群ですよ。

王子神谷界隈 どこまでも商店街②

今回の記事は私がお世話になっています、「ほのぼのB級商店街歩き」をやられている「ほのぶらマン」さんから情報を頂きました。

東十条からかなり彷徨って、やっと見つけた「神谷橋庚申通り商店街」
160119-150458_R.jpg
160119-150500_R.jpg

商店街には商店が少なく
160119-150653_R.jpg
渋い建物には出会うことが出来ました
160119-150911_R.jpg
お豆腐屋さんかな?
160119-150919_R.jpg
そうかあ、街が先なのか、団地が先なのか、、、
160119-151008_R.jpg
これも団地の姿
160119-151054_R.jpg

いつのまにか
160119-151645_R.jpg
160119-151733_R.jpg
160119-152223_R.jpg
160119-152405_R.jpg
役割を終えたお店

王子神谷界隈 どこまでも商店街①

JR東十条駅南口駅から数分で、名店「麺処 ほん田」さん、ほぼ行列です
160119-140105_R.jpg
美味しそう?いえ美味しいです。これは青葉系の味
160119-134514_R.jpg
丁寧な丁寧な叉焼とアクセントのお味噌
160119-134527_R.jpg
以前食べた塩味もまた格別な味わいでした。

南口から北口に向かう途中の静かな商店街
160119-140257_R.jpg
なかなかな風景が続き
160119-140743_R.jpg
160119-141032_R.jpg
ここからは東十条のメインの商店街
160119-141446_R.jpg
ちょっと派手な感じが昭和風
160119-142158_R.jpg
上品な喫茶店があり、、、そうだ、中に入るべきでした
160119-141601_R.jpg
パンの形のベーカリー、こんなのが好きなんです
160119-142410_R.jpg
長屋風の建物、商店街
160119-144306_R.jpg

その向こうには別な商店街が現れてきました
160119-144943_R.jpg
銀座できましたか~

少し「王子神谷」に近付いてきました

見続けられた幸せ 船橋 玉川旅館

昨日の記事、「海軍旅館 小松」さんの記事と対になった記事です

JR船橋・京成船橋駅から約10分の所にひっそりとした姿
110913-121856_R.jpg
創業大正10年、「玉川旅館」。
120714-123518_R.jpg
この辺りは創業当時は海岸線
120714-123434_R.jpg
陸軍の士官御用達旅館
121006-161835_R.jpg
121006-161903_R.jpg
120714-123647_R.jpg
120818-132805_R.jpg
もちろん格式の高い旅館であり料亭ですから、まだちゃんと中に入れていないのです

いまがその機会かもしれませんね。

見届けられた幸せ 横須賀 小松

テレビで今日のニュースを見ていたら、
横須賀市の「海軍料亭」と呼ばれた明治18年開業の料亭が火事となり、
全焼に近い被害を受けたと報道されていた。

100年を超すその建物への敬意を表して、写真をアップします
151023-142018_R.jpg
151023-142124_R.jpg
151023-142208_R.jpg
151023-142349_R.jpg
151023-142435_R.jpg

料亭だから、夜の方が美しく見えるのは、ごく自然のことなんだろう
151031-165933_R.jpg
151031-170057_R.jpg

また輝かれることを、お祈り申し上げます