下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら に

日本橋だったかもしれません
時のかけら2 (3)
これもたぶん
時のかけら2 (7)
歌舞伎
時のかけら2 (9)
今はこう
時のかけら (14)

英雄ですね
時のかけら2 (5)
はなこちゃんの舞台は、錦糸堀の舞台
時のかけら (16)
正教会の教会
時のかけら (17)
ここを卒業した方は忘れませんね。
時のかけら (12)
正しい表現はこうです。
時のかけら (6)

最後は、時のかけら、、ケーキのかけら、
デメルのあのケーキです、これもブログのお友達が
紹介してくれて、思わず食べてしまいました。
時のかけら (4)
実の所、これは美味しいかどうかというより
ありがたいかどうかという食べ物でした。
時のかけら (7)
美味しいものファンの皆様、デメルの「ザッハトルテ」
まだの方、おススメです。

このシリーズ、何を掲載しても良い感じで、
癖になりそうですので、また、思いついた頃、特集しますね。
ご訪問の皆様、ありがとうございます。

時のかけら いち

これまで掲載した記事や、未掲載の記事から
かけらをお届けします。それぞれ何の関係もなく、かけら達です。

ぐりさんとういうブログのお友達の記事を見て
自分も初めてアップしてみます。昭和40年代で止まってました。
横須賀 (65)_R
残してくださってありがとうございます。
おかず横丁 (18)_R
大好きなんです、この街。「おかず横丁」
おかず横丁 (16)_R
どうしてか、まだ紹介出来てません。
下高井戸 (51)_R
こんな顔がある街だと、だれも知らないかもしれません。「下高井戸」
下高井戸 (76)_R
みんな飲んでました。
元浅草・寿 (215)_R
三階建てなんて、贅沢でしょう。
元浅草・寿 (226)_R
「よってみて」と猫が言ってます。
下高井戸 (84)_R
銭湯かしら。そう「元浅草」の風景
元浅草・寿 (240)_R
元浅草・寿 (241)_R
この地に行くと、いつも晴れでした。
洲崎 (88)_R
今はありません。
洲崎パラダイス (5)_R
これもありません。
洲崎パラダイス (20)_R
綺麗です、何か気高きすがたに思えます。
洲崎パラダイス (19)_R

代々木上原 掘り出し市チックな街だから

代々木上原にも「お約束の地」はあります。「大黒サウナ」
代々木上原 (307)_R
代々木上原 (311)_R
こんな下町っくな姿を見せたかと思うと、
代々木上原 (312)_R
こんな感じのカフェを見かけて
代々木上原 (341)_R
ベルーギーから輸入したチョコが所狭しと
代々木上原 (334)_R
そして私とyokotako氏の二人で、
チョコの本場、ベルギーチョコを堪能したのでした。
代々木上原 (332)_R
代々木上原 (327)_R
このお店はビールもおススメだそうです。店名は「Entre(アントレ)」

普通の通りがあるだけではありましたが、
代々木上原 (483)_R
代々木上原 (461)_R
「アホアホ」って何の意味でしょうか。
これまた、ブログの友達の「ティコティコ」さんが教えて下さいました。
スペイン語では「ニンニク」なんですね。
代々木上原 (470)_R

いかがだったでしょうか、代々木上原。
エキゾチックな国際都市という雰囲気も時々感じますが、
昭和の風景の住宅がたくさん残っていました。
何か具体的な欲しいもの「これだ」がある方には頼もしい「専門店街」
なのかもしれませんね。
ご訪問下さった皆さん、ありがとうございます。
またぜひいらしてください。

代々木上原 代々木八幡宮と縄文遺跡

ちょっと歩くと、もうお隣の「代々木八幡神社」に。
代々木上原 (358)_R
何しろ最初から迫力ありな感じ。
代々木上原 (351)_R
この風景は、先日、ブログのお友達が紹介していました。
もちろん手順通りにくぐったので、いい事ありますね。
代々木上原 (392)_R
本堂は新しいようですが、見た目は100年は照っているように、
私には映ってました。
代々木上原 (394)_R
1212年、源義家、そう、八幡太郎義家が創建したといわれる、
代々木上原 (395)_R
榛名社、天神社、そして稲荷社それぞれにご挨拶してきました。
代々木上原 (401)_R
代々木上原 (414)_R
再び本殿へ。
代々木上原 (429)_R


そうです、縄文時代の遺跡が発見され、ここに当時の姿が、
再現されているのです。中に入って見たかったですよ。
代々木上原 (434)_R

代々木上原 帽子屋さん「地球栽培」

トルコ文化センターがある井の頭通りの駅寄りに見かけました。
代々木上原 (130)_R
店内に入ると目に入ってきた、デザイナーの時計。
代々木上原 (121)_R
廃材を利用して作品を作るそうです。廃材?
かえってかっこいいかも。
代々木上原 (128)_R
そう、帽子屋さんの問屋さん&お店屋さんでした。
代々木上原 (118)_R
凄くたくさんのカラーやデザインから選べて、
数千円から選べます。私は麦わら帽子をゲット。
誰かにプレゼントしたいです。
代々木上原 (119)_R
代々木上原 (120)_R

お、また面白いものを発見。
代々木上原 (117)_R
「紳士淑女のおむつのご用命」
「禿げも隠せりゃ日差しも防ぐ」

「剛毛丸Z」この看板の作成者が偶然店頭に来てました。
若いデザイナーさんかな。
代々木上原 (116)_R
このお店は、隣の代々木公園や下北沢にも支店があるそうです。

代々木上原 信者の礼拝堂へ

2階に到着。モスクはエジプトのカイロで見ましたが、
古く威厳に満ちた建物やドームの印象があります。
代々木上原 (159)_R
この建物はそういった伝統を受けた姿に
現代の建築美により一層美しさを引き立ててくれています。
代々木上原 (162)_R
代々木上原 (169)_R
代々木上原 (172)_R
細部もすっきりとした造り。
代々木上原 (174)_R
代々木上原 (188)_R
代々木上原 (197)_R
全景、これがまた造形美と白さで、まぶしいくらいでした。
代々木上原 (226)_R

2階礼拝堂は、本当は撮影しても問題なかったのかもしれませんが、
女性と男性が長い時間礼拝している姿を見て、
今日は静かにこの地を離れることにして
あの、すっきりとした壁面と天井の姿をお見せすることが
出来ませんでした、残念。(ホームページで紹介しています)

お隣には、同じ関係の古き建物が。
代々木上原 (182)_R
大好きなベリーが建物を包んでました。
代々木上原 (210)_R
マスカットでしょうか。食べたい。
代々木上原 (207)_R


代々木上原 東京ジャーミイ・トルコ文化センター

代々木上原駅の西、井之頭通りに面して、
静かに静かに佇んでいました。
代々木上原 (136)_R
イスラム教のモスクは戦前に建築されたものを、
2000年に再建されたのが、この建物です。
代々木上原 (138)_R
代々木上原 (139)_R
代々木上原 (141)_R
見上げてやっとこの建物の規模が大きいことに気付く。
代々木上原 (144)_R
1階は、たぶん、トルコの首都圏在住の方の集会場のような
場所でもあるのでしょう。
代々木上原 (147)_R
代々木上原 (148)_R
ここにたくさんの人が集まるのですね。
代々木上原 (150)_R
代々木上原 (151)_R
いざ、2階の礼拝所へ
代々木上原 (155)_R

代々木上原 似合えば勝ちの不思議通り

駅を下りたら、こんな風景ですから。ベーカリーです。
代々木上原 (9)_R
イギリス王室?ではなさそうです。
代々木上原 (11)_R
駅がこんなにも洒落てます。知らなかった~
代々木上原 (5)_R
実はJR代々木のすぐ近くの駅、なんてくらいの印象でしたが、
実は歩いては行けない距離、下北沢の方が近いかも。

これも代々木上原の風景。原風景なのかもしれません。
代々木上原 (17)_R
代々木上原 (20)_R
蔵もちゃんとあります。
代々木上原 (25)_R
駅すぐ近くにあったお店、ここ古書店です。
代々木上原 (32)_R
店内は取れなかったのですが、漫画、文芸誌、写真集など、見始めたら
止まらくなってしまいそうな、何か明確な意思を持った品揃えで
「誰がチョイスしたのだろうか」という疑問が。

このお店も驚きのSHOPという一言が似合います。
代々木上原 (46)_R
キャンドルのショップですが、どくろを形どったキャンドルや
代々木上原 (48)_R
本物のどくろそのものをディスプレーや商品として展示。
代々木上原 (49)_R
この街には、「ここにしかない」唯一の何かを持っている。
そんな人が集まった街なのかもしれません。
[ 2013/06/24 23:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

白山神社 紫陽花祭 いつ?行きます?

全部見て欲しくなったのです。
白山神社 (150)_R
白山神社 (153)_R
白山神社 (155)_R
白山神社 (157)_R
白山神社 (161)_R
白山神社 (165)_R
でも、主役なのかもしれません。
白山神社 (169)_R
白山神社 (174)_R
白山神社 (184)_R
文京区のこの街には、他にも主役候補がいたのです。
白山神社 (189)_R
白山神社 (193)_R

いかがだったでしょうか、白山神社と紫陽花祭。
不思議なのですが、今回は撮影に行った時より、
記事となった今この時が、この街の凄まじさを感じております。

ご訪問下さった皆さん、改めて感謝いたします。
本当にありがとうございます。
よろしかったら、またぜひいらしてください。

白山神社 主役はいずこにあったのでしょう

白山神社本殿、これが主役だったかもしれません。
白山神社 (100)_R
白山神社 (118)_R
白山神社 (120)_R
お祭りを楽しむ姿が主人公かも
白山神社 (113)_R
白山神社 (131)_R
だって、食べなければいけないでしょう、お祭りに失礼ですから。
白山神社 (133)_R
白山神社 (136)_R
紫陽花ですかやっぱり主人公は
白山神社 (110)_R
白山神社 (114)_R
白山神社 (144)_R