下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

目黒 最後に辿り着いたここが、一番のお気に入りです。

江戸三大大火の一つ「行人坂の大火」の火元はこのお寺、「大圓寺」
江戸の三分の一を焼いて、死者は1万7千人を数えた。
CIMG4983_R.jpg
大火の犠牲者を供養するために作られた五百羅漢像。
CIMG4964_R.jpg
その一つ一つの表情が違っている。
CIMG4967_R.jpg
東京では珍しい、道祖神のの姿も。左の人の笑顔が優しい。
CIMG4976_R.jpg
そして、お地蔵さん?小僧さん?まるで私のようだった。
CIMG4973_R.jpg
今度目黒に来るときは、目黒雅叙園の「秘宝」をtako氏とともに見てみたいものです。
ちなみにこの辺りの場所は、あの「八百屋お七」と所縁があるらしい。

目黒 行人坂には見どころがいっぱい

目黒雅叙園は昭和4年に高級料亭として営業され、日本で最初の結婚式場です。
百段階段という場所には、当時の贅を尽くした職人芸の装飾が各部屋を彩っているとの事です。
CIMG4944_R.jpg
時間が足りなくて、(身分不相応だからかも?)今回は残念ながら入れなかったけど、どの場所も洗練されて美しさに、はっとしました。
CIMG4937_R.jpg
CIMG4940_R.jpg
しゃちほこ?ですか。
CIMG4946_R.jpg
愛する人を、こういったところに連れてきて、愛情を確認する。そんな場所なんでしょうか。
CIMG4951_R.jpg

やはり 目黒はお金持ちがお金持ちが多そう

住宅街はどうなっているのと、ちょっと路地に入ってみると、
こんなお洒落な一軒家が普通にあったり、
CIMG4897_R.jpg
何部屋あるのだろうという感じのこのお家も、もちろん個人宅でした。
恐るべし、目黒人。
CIMG4904_R.jpg
いやいや、もっと庶民的な街だよという面もありましたよ、美味しいお店。
この店の肉まんは具沢山で、生地もデカッです。1個食べたらもう晩御飯はいらないですよ。
CIMG4891_R.jpg
CIMG4890_R.jpg
「頑固蛸」。ここのたこ焼きは、タコが大きくて柔らかったし、、何だか知らないけど、
たこ焼き屋で芸能人の色紙がたくさんはられていたよ。(例:向井理)
CIMG4911_R.jpg
tako氏がタコ食べて、火傷していたよ。南無阿弥陀仏。
CIMG4909_R.jpg

目黒は輸入アンティーク家具の街

歴史があり、有名なこのお寺も住宅街に囲まれているせいか、西新井大師や柴又のように、
甘味処がたくさんある門前町が発達しなかったようで、スイーツにありつけなかった私としては、
次の面白スポット探しに出かけたのです。
「Point No 39」
駅につながる太い道に出て、見つけたこのお店。全て自らがアメリカに行って仕入れてきたものだそうです。
CIMG4885_R.jpg
これは、米軍のARMY達のクリーニング管理するのに使っていたピンだそうです。1個210円。
CIMG4882_R.jpg
目黒は歩くと家具屋さんに当たるくらい、たくさんのお店が軒を連ねています。
モーモーちゃんとテントウムシは家具かしら。
CIMG4908_R.jpg
滑り台など、売っているものですか?買えるような広い土地に住む目黒人とは?
CIMG4913_R.jpg

目黒 住宅街の中に突然現れました 目黒不動尊

住宅街の狭い階段を上がっていくと、まずはお墓が見えてきました。
「甘藷先生」青木昆陽先生のお墓。さつまいもが供えてありますね。
この方が、今の小石川植物園や千葉市の幕張でさつまいも栽培を実験、実用化し、天明の飢饉では多くの人命を救ったらしいですから、すごい人です。
CIMG4802_R.jpg
更に進むと、住宅街の中に突如現れた巨大な建物、そして仏像。大日如来像。優しい表情に自分の気持ちがほぐれました。
CIMG4809_R.jpg
そして目黒と言えば、これです「目黒不動尊」正式名は泰叡山龍泉寺。江戸時代のお不動様信仰や、富くじの開催場所、徳川将軍家の庇護などで、江戸、明治と大きな賑わいだったようです。
CIMG4816_R.jpg
9世紀創建といわれるこのお寺には「独鈷の滝」といわれる枯れることのない滝が、今も健康を願う人々の信仰を集めているのです。
CIMG4825_R.jpg
元気な龍ですね。
CIMG4826_R.jpg
目黒はこれからが面白、不思議です。

目黒といえば有名なのは?

目黒と言えば、どんな街を想像しますか?私はお金持ちがたくさん住んでいるという
イメージを持ってました。実際、どうだったんでしょうね。
駅を出て、主たる目的地??に向けて歩くこと10分位。静かな姿の目黒川が見えてきました。
CIMG4784_R.jpg
以前、紹介した品川宿はこの川の先にあります。あの時も静かな川だなって感じました。
CIMG4787_R.jpg
逆方向からの景色はどうかなあ?左手には巨大なホテルのようなビル、これは後で紹介しますが、「目黒雅叙園」。
右側にも西洋のお城のようなものが、、、、
まさか、これは目黒発祥のラブホテル「目黒エンペラー」ではないだろうか?
tako氏に冗談で言ったら、実は本物だったのです。30年以上前、ラブホテルの代名詞と思われるほど、
有名でした。
CIMG4796_R.jpg
ということでお腹を空かせた二人は、いつものラーメン店選びにお入りました。
今日は大鳥神社近くの「支那ソバ かづや」
CIMG4799_R.jpg
人気No1メニューのワンタンメンをオーダー。細麺があっさりとしたしょうゆ味のスープにちょうど
よく馴染んで、プリッとしたワワンタンは、スープに溶けることなく、主役として主張してくれました。
様々な年齢のお客様を満足させてくれそうなラーメンでした。この見た目は、ラーメンの王道を行くって感じですね。
CIMG4797_R.jpg

高円寺 この街は温故知新なのですね

北口の商店街をぐるぐるしていたら、もう5時。帰りの時間が近づく中で、南口に向かう。PAL商店街は比較的新しくアーケードを作ったらしく、綺麗。その上、有名どころのチェーン店が並ぶ街並み。
CIMG4588_R.jpg
高円寺の不思議なところは、ここからだ。パル商店街の先に、新しい、若者ファッション系のお店がたくさん並び、アベック(古い)が増えてきたのだ。この街は古きを温め、新しきを知ろうと、まだまだ変わることをためらわない。
カフェが多いこの街で、最後に入ったカフェ、「珈琲亭 七つ森」
長屋をアレンジして、アンティーク調にして、でも今風でもある。
CIMG4600_R.jpg
トイレなどは、器具にもひと工夫。
CIMG4594_R.jpg
珈琲は、現代の美味しい味が普通に楽しめた。濃いね。
CIMG4597_R.jpg
こんなボードは、いつの時代の流行だったのだろう。
CIMG4598_R.jpg
もちろん、また高円寺に来るさ。あの古本屋さんをもう一度訪ねたいし。
さて、高円寺のキーワードとは、なんだったのでしょうね?小僧でした。

高円寺 あなたは、戦前派、戦後派

更に庚申通りを歩くと、今川焼のお店、「清風(セイフー)」笑顔が素敵なご主人のお店は、
もう40年近く営業している戦後派の代表格。
CIMG4541_R.jpg
昭和8年に建てられた、「小杉湯」は住宅街の中にひっそりと佇んでいた。
現在は使用を禁止されている屋久杉を欄干の木彫りに使用しており、
CIMG4554_R.jpg
鯉の木彫りは、地味だけど、贅沢な装飾。こんあ銭湯が地元にあればいいねえ。
CIMG4559_R.jpg
中通り商店街に戻ってみると、あるわあるは高円寺の歴史を刻んできたお店達が。
「コティー美容室」残念ながら、今は営業していないようでした。コティーって何でしょう?下の看板が特に可愛い!!
CIMG4576_R.jpg
「キッチンフジ
このお店は今日はお休みでしたが、現役のお店。まさか「夕刊フジ」と関係が??
CIMG4573_R.jpg
「BONY」そういえばこんな外観のお店が蒲田にもあったですよ、確か。姉妹店?
ちゃんと、営業中でした。
CIMG4570_R.jpg

高円寺 これもキーワードなのだろうか?

この通りには、不思議なお店が多い。「吉野純粋蜂蜜店」
CIMG4529_R.jpg
福岡産れんげ、北海道産あかしや、北海道産そばなど、それぞれから取れた蜂蜜を輸入物を含めて売っているのだ。若いオーナーさんの祖父が蜂蜜の研究者だったらしい。
3種類試食したけど、最後の「北海道そば」ですべての味覚が飛んでしまった、、、、うーん、個性的過ぎたかな。オーナーの蜂蜜にかける志に感じ入った私は国産、北海道あかしや、tako氏は輸入蜂蜜を購入したのであった。
CIMG4531_R.jpg
庚申通りを歩いていたら、ふと細い路地が目に入った。ここは???なんだろう。
CIMG4525_R.jpg
歴史を感じさせる居酒屋が数件あって、ここは、古本屋らしい。入ってみたくなった。
CIMG4521_R.jpg
4畳半ほどの店内に学者さんのような店員さんがいて、気さくに話しかけてくる、様々な分野の学者さん達が集まって、2階を秘密基地のようにように浸かっているらしい、それにしても本は大正・明治時代かと思わせるようなが古いものばかり。CIMG4519_R.jpg
モノクロ写真での飾り付けのセンスは感動もので、つい見とれてしまいました。
CIMG4518_R.jpg
店員さんに「どうぞ見てください」と言われ、梯子で二階に登ってみると、
CIMG4520_R.jpg
これまた、見たことのない壁紙の小さな空間んが現れた、、、、
CIMG4511_R.jpg
この場所に離れたくなくなってしまった。名残り惜しかったけど、外に出て、ふと路地の奥に目をやると、古い井戸とポンプが目に飛び込んできた。
CIMG4522_R.jpg
更に、公衆便所がこんなところに、、、、どうやらこの場所は、私にこの場所の本当の意味を教えてくれるために、あるようだ。
CIMG4523_R.jpg
高円寺は、まだまだ終われない、終わらない。

高円寺 メルヘンから小僧らしさに戻ります

こんなお店もありました。
CIMG4476_R.jpg
中を覗くと昔の学校のような椅子が置かれています。こんな飲み屋で飲んでみたい。
CIMG4477_R.jpg
おっつ、美味しそうなメンチ、じゃなくて今回は「肉おにぎり」、下に並んでます。
CIMG4471_R.jpg
しっかりと厚みのある肉に巻かれて、お肉の味がお米に染み込んでるのです。うまいっす!!
CIMG4470_R.jpg
かとおもったら、今度はレコード店あり、建物も古かったけど、
CIMG4483_R.jpg
このパッケージ、懐かしい、モーレツア太郎、サイボーグ009など強者揃いだ。
CIMG4485_R.jpg
そして、今日のメインストリート「庚申通りへ」