下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

小岩の街は奥が深い

昨日、土曜日は夕方3時間くらいフリーになったので、小岩に向かった。かつお節専門店なんて、築地だと珍しくないんだろうけど、小岩にもあるなんて。お店の方に聞いたら「創業70周年」になるそうだ。他にも、ちょっと路地に入ったら、ちょうちん屋さんがあって、通りすがりの人に見える場所で一生懸命ちょうちん作って、いや、こさえていたよ。この街の事は、後日もっと詳しく話したい。CIMG2005_R.jpg
CIMG2013_R.jpg

新撰組局長 近藤勇のお墓

今日の旅の終点はJR板橋。お墓は駅前のロータリーのすぐ脇にありました。近藤勇はこの近くにあった板橋刑場で斬首にされてます。明治維新の際に最後まで新政府に逆らっていた人のお墓としては立派です。護国寺に行ったとき、明治の元勲である山縣有朋や大隈重信のお墓も見たけど、もっと小さかったような気がする。碑銘に書かれていた近藤勇と土方歳三の二人は、今も映画の題材になったりするほど人気があるから、大事に祀られているのですね。
CIMG2123_R.jpg
CIMG2119_R.jpg

コッペパンはいと美味し

だんだん商店街らしくなってきました。「仲宿」という商店街の看板が見えてきます。
CIMG2082_R.jpg
下町ツアーでは食べる楽しみが欠かせません。今日はぶらりしているうちに美味しそうなパン屋さんを見つけました。創業大正4年という老舗(見た感じは今風のベーカリー)に入ると、創業当時から作る続けている「コッペパン」が売ってました。ピーナツ味を買ってのまま食べながらぶらり。くどくない、優しいビーナッツの甘味が、すごく嬉しい逸品でした。また食べたい。CIMG2089_R.jpg
CIMG2090_R.jpg

板橋と石神井川

更に進むと、小さな橋が現れた。ん、「板橋」?板橋と言う地名はこの橋から来ているのですね。船橋と一緒。橋の下に流れる石神井川はもうすぐ桜満開となってにぎわうのでしょうね。この辺りは日本橋から中山道で最初の「宿」として江戸時代に大きなにぎわいだったようです。板橋本陣もそうですがもそうですがほとんどが跡地となっていて、今は史跡自体が残ってない所が多くて残念。今はちょっとレトロな商店街です。CIMG2066_R.jpg
CIMG2068_R.jpg

中仙道を歩く

都営三田線で板橋本町駅へ。階段を上り、外に出ると、どこにでもありそうな細い一本道が見えてきて、「旧中仙道との道路標識。この道が京都まで?とにかく歩いていると、小さな神社が見えてきました。うん?「縁切榎」江戸時代から縁を切って幸せになりたい人が、お参りするみたい。男と女の名前が書いていていて、「別れたいのでよろしく」とか書いているよ。使いたくない!CIMG2022_R.jpg
CIMG2030_R.jpg
CIMG2032_R.jpg

天下一品水道橋店

今日の目的地は板橋。途中水道橋に寄って、チェーン店なのに?人気のある天下一品に行きました。濃厚な味が人気と聞いていたので「こってり」を注文。CIMG2020_R.jpg
うん。こてこての麺とスープが一体化して分けられないような、凄いラーメンでした。昔、新宿のどこかの熊本ラーメンがこんな感じだった。自分には年齢的にも厳しいこってりさ加減だけど、若者は好きなのでは?です。ラーメンの旨いまずいは人次第ですね。

消えた地名 洲崎。パラダイスの地

私の下町ツアーは、そのほとんどが友人と一緒に訪ねる旅ですが、何回か一人で行ったものもあります。洲崎は赤線があった場所。東西線の某駅を降りて5分も歩くと、その街は姿を現しました。マンションが林立する、普通の都心の住宅街に姿をあちこちに残しています。CIMG1028_R_R.jpg
洲崎橋跡地、ここに橋があって、その先に映画にもなった洲崎パラダイスがあったのですね。CIMG1066_R.jpg
そのその少し脇を歩くと、その頃の飲み屋街の残照ともいえるような、古い長屋風の飲み屋街が息をひそめて佇んでました。今は東陽町というおしゃれな名前をいただいています。

友人がブログにメールを送ってくれました

すごく嬉しかったけど、いつか姿をばらしてやろうと、写真を選んでいるのです。kozoh55
[ 2012/01/26 23:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

赤い靴、はいていた女の子 麻布十番

異人さんに連れられていっちゃた。横浜の~。CIMG0840_R_R.jpg
野口雨情の名曲のもととなった「きみちゃん」は実際は異人さんには連れていかれることなく、今の麻布十番の診療所で、短い命を終えていたようです。物悲しい姿ですね。

浅草のかき氷だったでしょうか。

真夏に浅草を歩くなんて、そもそもくたびれるためにいくようなものでしたから、かき氷屋さんを見つけた時、「ここに入るしかないでしょ」と入りましたら、スイカが乗った美味しすぎるこいつに出会ったのでした。美味しいお店との出会いに感謝です。季節は外れのコメントでごめんなさい。(このとんがり具合は東京スカイツリーモードなのかもね)CIMG0903_R_R.jpg