下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

荻窪 この街はセピア色

再び南口に行き、ほんの数分の所に、その建物はありました。
荻窪 (73)_R
建物内側から
荻窪 (77)_R
荻窪 (78)_R
明治16年に明治天皇はこちらに行幸され
下荻窪村の名主、中田氏の住まい、そう、この建物で
小休憩されたそうだ
荻窪 (79)_R

荻窪編のハイライトは、この建物かもしれません。
どうです、この、現役旅館「西郊ロッヂング」
荻窪 (85)_R
昭和13年建築の洋風建築。個人所有でこんなにも美しい建物があるんなんて
荻窪 (87)_R
やっぱり、凄いことなんでしょうね。
荻窪 (91)_R
「西郊」それは東京の西の郊外だという意味らしいです。
荻窪 (94)_R
荻窪 (92)_R
やっぱり、中に入って見たかったけど、次回のお楽しみにしました。
荻窪 (103)_R

荻窪編は、今日で終わりとなります。
荻窪、いかがだったでしょうか。
本当は教会商店街を筆頭に、ごく普通の商店街は、
10を数えるほどたくさん、あったのです。
でも、こんな記事になりました。
楽しんでくだされば、嬉しいの一言に尽きます。
記事に最後までお付き合い下さったみなさん、ありがとうございます。

荻窪 戦後の闇市跡を訪ねて

そもそも、下町っぽさ色濃く残された商店街のそばに
闇市跡と思われる街並みが残っていると聞いて、
この地に降り立ったのです。北口に出てみました。

「荻窪銀座街」、いきない大阪名物串カツで来ましたよ。
荻窪 (277)_R
ここかなあ、
荻窪 (285)_R
看板のイラスト、手作り感がたまりませんね。
荻窪 (284)_R
通りはこんな風景です。
荻窪 (297)_R
泣かせる看板達ですね、私にとって。
荻窪 (288)_R
荻窪 (289)_R
商店街に現役の井戸があり、どちらも現役です。すごい、、、
荻窪 (292)_R
「SUNTIGER」もう街歩きで何度出会ったことでしょう。
ブランドなんですよ。
荻窪 (298)_R
次に出会った商店街は、荻窪銀座商店街より、更に駅寄りにありました。
「荻窪北口駅前商店街」ここでしょうか、闇市跡は。
荻窪 (322)_R
荻窪 (347)_R
荻窪 (323)_R
邪宗門、この喫茶店を見つけ、
荻窪 (331)_R
狭い階段を上がり、
荻窪 (334)_R
この席に座って、
荻窪 (337)_R
荻窪 (336)_R
珈琲を頂いたら、ここかもなあと感じて、
荻窪 (338)_R
このあまりにも狭い階段を見つけて、
荻窪 (343)_R
商店街を裏から見て、こんな風景に出会った時に。
荻窪 (352)_R
私の中で何かが確信となったのです。
荻窪 (357)_R

この道〇十年のおばあちゃん、珈琲ごちそう様でした。
今、見ておいて、良かったんでしょうね。

荻窪 音楽評論家 大田黒元雄

彼は芝浦製作所(現在の東芝)を再建した実業家、大田黒重五郎の長男。
荻窪 (210)_R
荻窪 (235)_R
荻窪 (230)_R
当たり前ですが、本物の暖炉です。
荻窪 (221)_R
こんな家具に囲まれて暮らしていたのですね。
荻窪 (214)_R
音楽に包まれた家庭を築いていたのでしょう。
荻窪 (216)_R
荻窪 (218)_R
スタンウェイ社製ピアノ。
戦後は、NHKラジオ番組「話の泉」でレギュラー出演し、
ダンディぶりが人気を呼んだそうだ。
荻窪 (224)_R
荻窪 (237)_R
その日は、300円でこの「桜茶」と「桜もち」を私とyokotako氏で
頂きました。この公園、もちろん無料です。
荻窪 (243)_R
お庭が果てしなく美しかったもので。
荻窪 (248)_R
ほら
荻窪 (252)_R
こんなです
荻窪 (267)_R

大田黒公園は荻窪駅南口から、10分もしない、住宅街に、そう
高級住宅街の間に、そっと、ありました。

この街の紹介は、まだ続きます。

荻窪 大田黒公園 粋な人がいた

中央線の荻窪駅は、商店街が闇市の名残りを残しているらしい。
そんな噂を聞きつけてやってきて、そして出会った太田黒公園
荻窪 (118)_R
奥が見渡せます。京都ではなのです、荻窪です。
荻窪 (119)_R
いらっしゃいって、、、誰が迎えてくれるのでしょう。
荻窪 (130)_R
ゲストハウスでしょうか。
荻窪 (122)_R
いつの時代に作られたものでしょうか。
荻窪 (121)_R
静かな、静かな佇まい
荻窪 (136)_R
荻窪 (140)_R
の木は本物じゃなかったりして
荻窪 (141)_R
このお家の住民かしら?
荻窪 (155)_R
荻窪 (166)_R
池とこの木のなんとも優しい風情が、
荻窪 (171)_R
荻窪 (178)_R
私に心の落ち着きを与えてくれました。
荻窪 (183)_R
荻窪 (188)_R
竹の子さんが、食べごろですよって、言っている
荻窪 (203)_R