下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

銀座 鈴木ビルへの憧憬②

上の階に上がると、この建物の優しい姿が見えてきた
銀座201509 (80)_R
上部が丸い洋風建築の象徴ともいえる窓の内部は
銀座201509 (84)_R
こんな風な女性的な姿だったのですね
銀座201509 (87)_R
お手入れがしっかりされていて、古さを感じさせない壁は
銀座201509 (91)_R
もちろん塗り直したものでしょうけど
銀座201509 (127)_R
85年間もの間、住む人達に大切にされて

今日を迎えているのです。

銀座 鈴木ビル
東京都中央区銀座1丁目28番15号

銀座交差点から東銀座に向かい
歌舞伎座を通り越して首都高速を跨ぐ万年橋の
手前を左に曲がります
右手に中央区役所が見えてきたら
そこの橋を渡らずに、少し先を歩くと
右手にひっそりと鈴木ビルは見えてきます

銀座にあってこのあたりは
もしかして戦災から逃れられたのではと思うほど
お隣にも戦前の建物が残されて
そこもまた見所ですね

銀座 鈴木ビルへの憧憬①

雨が降ったりやんだりの日には、銀座がおススメ、
傘をさしながらでも、たくさん建物、食べ物に出会えるから

kozoh55は平日のこの日、意を決して電話したのです
「はい、鈴木ビルです」
「あの~、私、古い建物が好きで街を歩いているものですけど、
こちらのビル、素晴らしいので、ビル内部を撮らせてもらえませんか?」
「ああ、ご丁寧に、どうぞ、いいですよ」とビルの方はあっさりと同意してくれた

銀座 鈴木ビルは昭和4年建築の「都選定歴史的建造物」

銀座201509 (117)_R
銀座201509 (126)_R
銀座201509 (134)_R
銀座201509 (120)_R

さあ、いざ内部へ、ああ美しく丁寧な内部
銀座201509 (39)_R
壁は見たことがないデザイン、昭和初期の流行かな
銀座201509 (38)_R
こんな小さな窓は、小人の玄関口か
銀座201509 (45)_R
背の低いアーチはまるで上の階に誘い込まれるような気持ちになる
銀座201509 (48)_R
年輪
銀座201509 (55)_R
まさに年輪
銀座201509 (57)_R
途中階までは、古き良き階段が2カ所あるのです
銀座201509 (59)_R

凄い年輪のビルだ

銀座 特別な街だから(14)

銀座にまで来て、美味しいものを食べない手はありません。
「ど・みそ 京橋本店」
銀座築地1000 (2)_R
八丁堀店で食べた時、美味しかったものでして~
銀座築地1000 (5)_R
今日は本店。
銀座築地1000 (8)_R
コーンともやしというシンプルな味噌ラーメン定番の具は、
実は「味噌」自体のシンプルな美味しさを味わってもらうためのもの

味噌なのにこってりしてない、あっさりなのに味が濃い、
うまく言えませんが、私的にはNo1味噌ラーメン屋さんですね。

東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル 1F

『元祖マルメンチカツ』のサトウ銀座店。東京都中央区銀座1-14-1。
銀座築地1000 (121)_R
吉祥寺の本店に行くと、行列で食べられませんでした。
銀座築地1000 (115)_R
なんていうのでしょうか、とてつもなく牛肉の素材にこだわり
銀座築地1000 (119)_R
丸いメンチを良質の油を使って、丁寧にあげているんでしょう。
ジューシー感がたまりませんね。

聖路加国際大学の裏手にひっそりと佇んでました。
「塩瀬総本家 本店」
銀座築地1000 (355)_R
有名デパートのテナントとしてよく見かけますが、
銀座築地1000 (357)_R
14世紀に中国から来た「渡来人」により作られた「饅頭」から始まるそうです
銀座築地1000 (359)_R
「本饅頭」
徳川家康が武田勝頼と戦った「長篠の合戦」の時献上されたものだそうです
ぎんざ・築地JPG (4)_R
いや~お値段も超一流でしたが、これ、
薄ーい皮に餡子がめいっぱい入っている、餡子の味に
どっぷり浸かります。
言葉にうまく表現できませんが、私もそうですが、
あんこ好きは一度は味わってほしいです
ぎんざ・築地JPG (15)_R

いかがだったでしょうか、「銀座 特別な街だから」シリーズ、
この街のことはまだよくわかっていない、
知れば知るほどそういう思いが強くなります。
はっきり言えるのは、歴史があり、粋で、美味しい街だということ、
すみません、それくらいご存知ですね。
築地は銀座じゃない?、いえ銀座・築地・京橋どれも
切り離せないです、気が付くと地番が変わってますし。

ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

銀座 聖路加そして旧外国人居留地

明治元年、アメリカとの通商条約締結を受けて、明治政府はこの中央区明石町に
「外国人居留区」を設けました。
銀座築地1000 (272)_R

今、明治時代の煉瓦塀と、明治末期のガス灯が、記念碑的に残されてます。
銀座築地1000 (273)_R

外国の商社は横浜を離れずに、教会や学校がこの地に作られ、
今、ホテル、レストラン、住居などの複合施設「聖路加ガーデン」として知る人も多い。
銀座築地1000 (353)_R
このツインタワーがあった場所に、元々あったのは、
この「トイスラー旧住居」昭和8年建築。
銀座築地1000 (351)_R

そして、今回の記事の主役「聖路加国際大学 本館」昭和8年竣工。
銀座築地1000 (341)_R
銀座築地1000 (343)_R
裏側が教会になっている。私はこちらが特に
銀座築地1000 (262)_R
建物として純粋な「美しさ」を感じました。
銀座築地1000 (267)_R
銀座築地1000 (246)_R

いつもそうなんですけど、こういった細部に惚れます
銀座築地1000 (313)_R
この日の青空ったら
銀座築地1000 (232)_R
『出色』でしたね

銀座 さらば正金アパート

銀座築地1000 (188)_R
銀座と築地の境目にある、「正金アパート」
昭和6年竣工、「正金」というネーミングは、あの「正金銀行」からか、、、
銀座築地1000 (194)_R
入口が自動販売機で潰されているなんて
銀座築地1000 (191)_R

半年くらい前にこの建物を発見して、
ネットで調べたら、「住民が退去したら、立て直す予定」と書かれていた。

本当に現実となったことを、この日、知る。
銀座築地1000 (183)_R
こんな美しい建物を、今の日本は壊さなければならない、らしい
銀座築地1000 (200)_R
銀座築地1000 (201)_R
銀座築地1000 (203)_R

空は、まさに空々しいほど澄んだ青
銀座築地1000 (196)_R
銀座築地1000 (205)_R
銀座築地1000 (211)_R

ありがとう、正金アパート
銀座築地1000 (217)_R

『銀座、特別な街だから』まだ続きます、いざ明石町へ