下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

三軒茶屋・駒沢 スベシャル編

今回の記事が最後です。
三軒茶屋の新しい顔「キャロットタワー」
三軒茶屋 (2)_R
三軒茶屋 (3)_R
あの闇市後のような横丁と、どっちが三軒茶屋なのですか?
どっちも?そうですか。
三軒茶屋 (5)_R
駒沢だって、こんなふるき良き建物が一杯ですよ。
三軒茶屋駒沢 (136)_R
三軒茶屋駒沢 (154)_R
三軒茶屋駒沢 (157)_R
そして、これは池尻から三軒茶屋への途中にある「池尻稲荷神社」
池尻 三軒茶屋 (78)_R
聞こえてくるのです、「かごめ、かごめ」
池尻 三軒茶屋 (68)_R
池尻 三軒茶屋 (72)_R
最後のお気に入りこれまた池尻から三軒茶屋途中にある「ねこまかふぇ」
池尻 三軒茶屋 (111)_R
池尻 三軒茶屋 (124)_R
店内は猫ちゃんグッズで小さい店内がぎゅうぎゅう状態。
どれも可愛かったので、もうお気に入りですよ。
池尻 三軒茶屋 (116)_R
ね~、めんこいね~
池尻 三軒茶屋 (119)_R
どうですこの猫ちゃんの幸せそうなこと。
このベッド、猫の爪とぎなんですよ、初めて見ましたね、これは。
池尻 三軒茶屋 (113)_R

いかがでしょうか、三軒茶屋・駒沢
ご訪問頂きましたみなさん、お付き合い感謝申し上げます。
また、この素晴らしき街を紹介して下さった。
watermindさん、nbulinnさん、ありがとうございます。
また、訪ねますこの街。

三軒茶屋・駒沢 こここそが三軒茶屋中心街

「実は、三軒茶屋というのは、ここの事でしょう」と、
勝手に感じてしまった場所、そのひとつ「ゆうらく通り」外からはこんな感じ、
池尻 三軒茶屋 (167)_R
近付くとこんな感じ。
池尻 三軒茶屋 (278)_R
細い路地ですねえ、本当に。
三軒茶屋は軍関連の地だったため、戦災を受けているです。
ここに闇市があったのでないでしょうか。
池尻 三軒茶屋 (282)_R
池尻 三軒茶屋 (285)_R
渋谷のんべい横丁そのものじゃないですか。
池尻 三軒茶屋 (292)_R
池尻 三軒茶屋 (296)_R
ほら、街の名前がありました。これがないと名無しさんになってしまうかも。
池尻 三軒茶屋 (301)_R
そして、もう一つの横丁「エコー仲見世」
池尻 三軒茶屋 (312)_R
可愛い看板です~
池尻 三軒茶屋 (315)_R
池尻 三軒茶屋 (317)_R
ここもちゃんと通りました。
池尻 三軒茶屋 (308)_R
池尻 三軒茶屋 (306)_R
生き生きと、してますでしょう、この横丁達は。

三軒茶屋・駒沢 駒沢給水所配水塔

中里通り商店街を過ぎて、駒澤大学駅そして駒澤大学入口へ
三軒茶屋駒沢 (127)_R
更に道を桜新町方面に進み、住宅街の中に、
この日の一番の目的地を発見。
三軒茶屋駒沢 (164)_R
世田谷の高級住宅街ど真ん中のシーンだと思えますか。
三軒茶屋駒沢 (161)_R
駒沢給水所配水塔は、大正時代に多摩川の水を当時の渋谷町に運ぶために
作られた施設。
三軒茶屋駒沢 (165)_R
なんと、現役で、そして巨大な建物。
三軒茶屋駒沢 (169)_R
三軒茶屋駒沢 (172)_R
三軒茶屋駒沢 (188)_R
ねえ、綺麗でしょう、ねえ。
三軒茶屋駒沢 (171)_R
太守時代の公的建築物は、みな芸術作品なのでしょうか?凄いです。
三軒茶屋駒沢 (192)_R
三軒茶屋駒沢 (194)_R
そうなんです、この給水塔はツインタワーなんですね。
三軒茶屋駒沢 (207)_R
三軒茶屋駒沢 (203)_R
鳥のように俯瞰してこの地を望んでみたいと、
こんなにも思ったのはこの日が初めていでした。
中に入りたかったけど、入れません、この施設には。

この地を教えて下さったのは、ブログのお友達、watermindさん。
この日、やっと目にすることが出来ました。貴重な情報感謝いたします。
それにしても、この住宅街にこんな巨大建築物はあるなんて、
やはり、ありえませんねえ。

三軒茶屋 中里通り商店街

一旦、三軒茶屋を離れ駒沢方面を246号線沿いに歩く。
左手に見えてきた商店街。たぶん「中里通り商店街」は、
三軒茶屋駒沢 (14)_R
おー、迫力ある看板建築。戦前?戦後?。
三軒茶屋駒沢 (17)_R
上部の意匠が独特で、見る者を惹きつけます。
三軒茶屋駒沢 (21)_R
ああ?この建物って?
三軒茶屋駒沢 (30)_R
私が今回三軒茶屋周辺を回ろうと思ったきっかけは、
nobulinnさんというブログのお友達が、紹介していた「かき氷専門店 石ばし」さん
を自分で見てみたかったからです。
それが、たぶんこのお店なんです。ビックリ。
三軒茶屋駒沢 (31)_R
この傘、いつからのものでしょう。
三軒茶屋駒沢 (33)_R
手作りかき氷の道具、ありますよね、当然。現役ですから、この道具。
ああーでも、今は食べられないのですね、、、残念。
三軒茶屋駒沢 (27)_R
三軒茶屋駒沢 (28)_R
窓越しに飾ってありました。うん、これだけでも来てよかった。
nobulinnさん、この街を紹介して下さったこと、感謝いたします。
三軒茶屋駒沢 (32)_R
この街には、こんなにも間口が狭い、現役の飲み屋さんや、
三軒茶屋駒沢 (39)_R
看板の文字が消えかかっているお店や、
三軒茶屋駒沢 (41)_R
ちょっとおしゃれな意匠が目に入るお店がいくつもいくつも連なっているのです。
三軒茶屋駒沢 (52)_R
そしてまた現役の銭湯が見えてきました。
三軒茶屋駒沢 (54)_R
「榮湯」はとにかく、歴史の重みと、「品格」が感じられる
今回出会った銭湯の中でも一種独特な雰囲気を持ってました。
三軒茶屋駒沢 (65)_R
三軒茶屋駒沢 (70)_R
三軒茶屋駒沢 (66)_R
三軒茶屋駒沢 (71)_R
ただ歩いているだけでこんな建物に出会えてしまう、
三軒茶屋駒沢 (79)_R
そんな商店街はたくさんありませんよ。
三軒茶屋駒沢 (83)_R
なのに、普段着な姿にすぐに戻ってしまう、不思議な街でありました。
三軒茶屋駒沢 (93)_R

三軒茶屋・駒沢 なかみち街と映画館

246号線を渡って、「なかみち街」という通りに入る。
いきなり、今日2件目の現役銭湯発見。
池尻 三軒茶屋 (255)_R
まさかこれが正面入口じゃないですよね。
池尻 三軒茶屋 (257)_R
はい、入口でした。この自販機が古そう。
池尻 三軒茶屋 (259)_R
行列のできる『ちゃんぽん屋さん』登場。
三軒茶屋 (31)_R
とんね〇ずの「きたなシュラン」で取り上げられたらしく。
表彰状がはってました。外見は凄いですが、
私にはシンプルな長崎ちゃんぽん、良かったです。三軒茶屋 (16)_R
ちゃんぽん屋さんの脇にいくつも映画館があります。
池尻 三軒茶屋 (269)_R
文字が右から左って、戦前からの映画館。

池尻 三軒茶屋 (272)_R
えっ、なんと営業していないじゃないですか。
池尻 三軒茶屋 (273)_R
昨年1月にもここには来てたのです。これがその時の写真。
三軒茶屋 (18)_R
営業してましたよ、もちろん。世は移ろい、なんですね。
三軒茶屋 (34)_R
もう一軒の映画館は営業中、一安心です。
池尻 三軒茶屋 (274)_R

次回は、闇市時代からの姿が見える街、そして上馬へ