下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

天満宮列伝 亀戸天満宮・谷保天満宮ふたたび

この記事が天満宮列伝の最後となります。
まずは、夜の亀戸天満宮。
亀戸商店街 (137)_R
これは先週ではなく、真冬真っ盛りの頃です。
亀戸商店街 (84)_R
亀戸商店街 (87)_R
亀戸商店街 (92)_R
夜の照明で建物や装飾が幻想的に映し出されてます。
亀戸商店街 (94)_R
良く、こんな目隠しの先に、天皇がいたりしますね。
亀戸商店街 (97)_R
臥牛はどこ?ここです。
亀戸商店街 (106)_R
触れると、本当にご利益があるのです、たぶん。
亀戸商店街 (110)_R

最後は、国立の「谷保天満宮」を再び紹介、いいですよ~ここも。
国立 (336)_R
国立 (395)_R
国立 (357)_R
国立 (388)_R
天満宮はこのマークが目印です。
国立 (338)_R
最後はやっぱり牛さんですね。
国立 (353)_R

ご訪問下さったみなさん、ありがとうございます。
天満宮特集この回で終了となります。また大宰府の紹介が物足りなく
京都の北野天満宮や防府の防府天満宮も行ってないですよ。
まだまだ、楽しみたいです。

天満宮列伝 湯島の臥牛は何処

あれっ、そういえばここには狛犬がいない、臥牛もいない、なぜ?
と探してみたら、なんと出店の合間に隠れてましたよ!
湯島10 (107)_R
これまで見た牛さんの中で一番イケギュウかも?
湯島10 (109)_R
おお、谷保天満宮と同じで、古い牛もいますね。
湯島10 (114)_R
狛犬もいます、ちゃんと。
湯島10 (136)_R
別な入り口からの天満宮。
湯島10 (132)_R
この文字に、本来の歴史の長さを感じます。
湯島10 (130)_R
実は、ここが正面の入り口なんですね。
湯島10 (154)_R
そして梅祭り。亀戸よりは数は少なくても、でも美しいです。
湯島10 (77)_R
湯島10 (93)_R
湯島10 (97)_R
最後のショット、「ガス灯」。
湯島10 (186)_R
東京都内では唯一の現役のガス灯が、東京ガスの協力でこの地にあるのです。
本当にガスの火でしたよ。

天満宮列伝 学問の府 湯島天満宮

大宰府天満宮、亀戸天満宮とくれば、東京ではやっぱり
湯島天満宮ですね。
と、その前に、御徒町から歩いて湯島に向かうと、
私の大好きな和菓子の「つる瀬」に遭遇、、
亀戸で「船橋屋」という有名店をスルーしたものの、
もう我慢できずに、突入。
湯島10 (18)_R
どうですか!このあんみつ、ここは飾らない和菓子屋さんですが、
なんたって上品な美味しさですよ~
湯島10 (17)_R
どうしてか、甘い物の後には、ところてんが食べたくなります。
湯島10 (14)_R
さあ、湯島天満宮に入りましょう。亀戸同様、梅祭りの最中のようです。
ここは急な階段の「男坂」。
湯島10 (32)_R
脇の「女坂」からのんびりと登ろう。
湯島10 (44)_R
「ねえ、見てみて」彼女が横を見て声を出し、
湯島10 (47)_R
こっちの方を見ていました、歴史香る建物に梅はお似合いですね。
湯島10 (45)_R
湯島天満宮に到着。
湯島10 (49)_R
出店が、た~くさん出ていました
湯島10 (51)_R
平成7年造営の社殿は、規模が大きく、どこから見ても
美しい造形です。
湯島10 (53)_R
湯島10 (65)_R
湯島10 (70)_R
湯島10 (69)_R
この絵馬の数、東大やお茶の水大学、明治大学など
学問の府たるこの地で、人気が高いのですね。
湯島10 (63)_R
もう、大学受験の結果が出始めてますから「お礼参り」の方がたくさん。
丁寧に丁寧にお礼をしていました。
湯島10 (74)_R

天満宮列伝 梅が本当に綺麗なんです

美しかったのです、ただただ。
桜のように咲き誇ってはなかったですし、まだ5分咲き、、
だからこそ、儚いくらい美しいのですね。
亀戸10 (112)_R
亀戸10 (115)_R
カラフルなんてものじゃなく、品種が集まっているのです。
亀戸10 (124)_R
亀戸10 (137)_R
亀戸10 (148)_R
もちろんちゃんとお参りしたのですよ。
亀戸10 (91)_R
亀戸10 (183)_R
カラフルなんてものじゃないんです、たくさんの品種が集まっているのですね。
亀戸10 (191)_R
この子は嬉しそうに、10分位、お水をすくっては流してました。
亀戸10 (197)_R
ねえ、やっぱり亀が好き、だから亀戸なんですよ。
亀戸10 (263)_R
スカイツリーは歩いて行ける、そんな場所ですよ。
亀戸10 (175)_R

天満宮列伝 大好き!亀戸天満宮

大宰府天満宮を紹介したので、次はここでしょう。
出来たてほやほやの、亀戸天満宮紀行。
そうなんです、なぜこの時期に亀戸天満宮かというと、
天満宮の象徴でもある「梅」のお祭りをやっているからなのです。
亀戸10 (17)_R
入口ですね。
亀戸10 (32)_R
亀戸はこの橋が、大きな存在感。
亀戸10 (33)_R
天満宮全景。
亀戸10 (36)_R
梅祭りの始まり始まり。
亀戸10 (38)_R
こんなにも綺麗なんですよ、梅って。
亀戸10 (42)_R
亀戸10 (48)_R
現れた本殿、大きいのですね。
亀戸10 (59)_R
学問の神様は、5歳から神童と呼ばれていたのでしょう。
亀戸10 (66)_R
「鷽(うそ)」という鳥がいるのですね。
亀戸10 (71)_R
幸運を招いてくれるから、こんな彫物になっているのです。
亀戸10 (74)_R
天満宮の牛さんが、ちゃんといましたよ。
頭とお腹を撫でたのです、私はもっと賢く、健康になります。
亀戸10 (80)_R
斜めからも美しい。
亀戸10 (81)_R
そうそう、学問の神様ですから、絵馬には受験合格祈願がたくさん。
ブログの先輩「Sお兄さん」へのサービスなんですよ。
亀戸10 (84)_R