下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

大塚 もう一つの歴史商店街

大塚駅北口「さんもーる商店街」から「三業地」を回り、
私とyokotako氏は、実はメインの繁華街と思われる、北口に向かいました。
どこにでもありがちな中層のビルと本屋さん。
これこそ先程の床屋さんが紹介してくれた「白木屋デパート大塚分室」昭和12年建築。
大塚・巣鴨 (189)_R
まずはエレベーターが違います。大理石づくし。
大塚・巣鴨 (191)_R
トイレも違います、天井も低かったです。
大塚・巣鴨 (195)_R
そしてここが中心街、「大塚駅北口商栄会」大きな通りには人がたくさん。
大塚・巣鴨 (219)_R
でも、ここはどこにでもある全国チェーンが目立って、、、
結局、美味しそうなたこ焼き屋さんを見つけて「ウマウマ」とyokotako氏と
食べていたら、
大塚・巣鴨 (251)_R
大塚・巣鴨 (249)_R
見つけた、古い建物たち。
大塚・巣鴨 (241)_R
大塚・巣鴨 (246)_R
その先に現れた、「折戸通り商店街」これは巣鴨に向かう道。居並ぶ建物たち。
大塚・巣鴨 (259)_R
大塚・巣鴨 (261)_R
大塚・巣鴨 (275)_R
営業していなかったので、ここのショーケースには
どんなものが展示してるのか、見たかったですねえ。
大塚・巣鴨 (278)_R
この通りは、歴史通りです、そして私とyokotako氏は
そのまま巣鴨に乗り込んで、売り子のお兄さんに
乗せられて、何かのお吸い物の具などを買い込んだのでした。赤パン万歳。
大塚・巣鴨 (272)_R
大塚は、戦前は今の巣鴨よりずっと大きな街だったんでしょうね。
都会のような、そうでないような、下町?そうでもあり、不思議な街でした。
大塚編、いらしてくださった皆さん、ありがとうございます。

大塚 堂々と「三業地」を行く

三業地とは、料理屋、芸者屋、待合屋の三つの営業が認められた場所。
これまで、渋谷円山町、入谷の根岸など旧三業地と言われる所を訪ね、
元料亭だった、あるいは今も料亭となってる建物をたくさん見てきて、
でも、初めてです、この地は入り口にはっきりと「大塚三業地」と看板が出ているのです。
大塚・巣鴨 (97)_R
同じような風景が続くかもしれません。お付き合いください。まずは現役。
大塚・巣鴨 (107)_R
メインの通りからちょっと入ったところ。周りはラブホがたくさん。
大塚・巣鴨 (109)_R
正面のプライド高き面影に、どこまでも広がる奥行は、
この建物の当時の使い方が、、、今は古アパートなんでしょう。
大塚・巣鴨 (111)_R
大塚・巣鴨 (113)_R
現役の料理屋さん。大きいですこの建物。
大塚・巣鴨 (118)_R
紹介が逆でした、そうですこんな静かな通りが曲がりくねってました。
大塚・巣鴨 (126)_R
上品ですねえ、ここも。
大塚・巣鴨 (132)_R
中のお部屋を見る機会があるのでしょうか。見たいです。
大塚・巣鴨 (131)_R
静かな民家になっている所も多いようです。
根岸より自然なんですね、それが。ここはどちらかしら。
大塚・巣鴨 (140)_R
屋号が見えて嬉しくなってしまいました。懐古istさんこれは、
魔除けでなく屋号なんですね。
大塚・巣鴨 (143)_R
この看板建築調は、何かの商店だったことを感じさせます。
大塚・巣鴨 (144)_R
最後の2枚、本当はもっと細部を伝えたかったです。
大塚・巣鴨 (173)_R
大塚・巣鴨 (184)_R

大塚 この街の守り神 天祖神社

南口のさんもーる大塚商店街の隣り合わせに「天祖神社」がありました。
大塚・巣鴨 (53)_R
鎌倉時代末期の創建、江戸時代どころでない歴史を持っている
由緒正しい神社なのです。
大塚・巣鴨 (72)_R
お清めの水、、、あれ???
大塚・巣鴨 (54)_R
ここには私が知っている限りでは、社寺は「龍」と相場が決まっているのが、
狛犬とは、どういったいわれや、由来があるのか?
大塚・巣鴨 (57)_R
そういえばこの狛犬も変わっている感じ、しませんか。
大塚・巣鴨 (63)_R
前向いているし、子供狛犬と一緒じゃないし。(左には子供がいますよね?)
yokotako氏がお寺の方に伺ったら、何かこだわりのある彫師だったようです。

創建の頃から育ち、樹齢600年のこの木は、あの東京大空襲からも
逃れて、今も伸び続けいています。
大塚・巣鴨 (62)_R
社殿の壁に、古い写真が展示されてました。
そう、この本殿は、大空襲で全焼してしまったのです。
大塚・巣鴨 (68)_R
それでなんです、この本殿の脇にある灯篭が一部が黒く焼けて
かけてしまっているのは、、、、、
大塚・巣鴨 (76)_R
天祖神社、私にとって忘れられない神社になりました。
神社の方には貴重な情報をお話して下さり、ありがとうございました。
大塚・巣鴨 (65)_R
明日はいよいよ、現役三業地と北口にあったもう一つの商店街を紹介します。
結構、凄かったです。

大塚 シェフから下町人情へ

山手線の大塚駅を下りて、最初に向かったのは、
南口のさんもーる大塚商店街のずっと奥のビルに隠れるようにありました。
大塚・巣鴨 (95)_R
担担麺専門店、「創作麺工房鳴龍」(なきりゅう)
シェフスタイルの男性二人の創作ラーメンは、
担担麺(私オーダー)、塩ラーメン(yokotako氏オーダー)
どちらもスープ、麺の太さ、具(担担麺のひき肉が味が深かった)
のバランスが良くて、飛びきりの逸品でした。見てください。
大塚・巣鴨 (2)_R
大塚・巣鴨 (4)_R
大塚・巣鴨 (7)_R
美味しい昼食に満足した私達は、いざサンモール大塚商店街に再突入。
大塚・巣鴨 (15)_R
休みのお店が多くて残念、でもこの雰囲気は「下町」でしょう。
大塚・巣鴨 (27)_R
大塚・巣鴨 (28)_R
このお店などは、なんだか、惣菜売りながらの飲み屋ですよ。
「和洋料理三昧」とはどん料理なんでしょうね。
大塚・巣鴨 (49)_R
大塚・巣鴨 (48)_R
不思議な建物を発見、これは住居ですよね、「~ビフォー、アフター」な雰囲気。
とにかく狭い空間に4階建て住居がちゃんと存在してます。手前は駐車場。
大塚・巣鴨 (18)_R
そのお隣は、これまたブロック積のシンプル建築で、
戦後間もなくくらいの歴史があるんんじゃないかなあ。
大塚・巣鴨 (92)_R
などとyokotako氏とお話ししていたら、なんと向かいの
床屋さんのご主人が出て来てくれて、このブロックが
一昨年3.11の時に相当揺れたと話してくれました。
大塚・巣鴨 (21)_R
さらに、ご主人は私達が下町ツアーをしていると話をしたら、
お店の中まで入れて下さり、地名の由来(塚があったらしい)、
本来ここは巣鴨であること、老舗デパートの「白木屋」があったこと、
そして、三業地や遊郭跡を探しているなら東池袋4丁目(元日ノ出町)が
今も名残りが残っているので、ぜひ行ったらいいとアドバイスを
下さったのです。(yokotako氏が話を盛り上げてくれた、感謝です)