下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

佐原 老舗「向後商店」とお団子

気がつくと、もう夕方。佐原らしい姿が目の前に。黄金色の街。
佐原 (259)_R
大正3年(1914)建築の「佐原三菱館」佐原の象徴的な洋館。
建築・設計は清水満之助商店(現清水建設)
佐原 (303)_R
佐原 (300)_R
更に足ばすと出会った、「向後酒店」樽が立体的な看板に驚いていたら、
奥さんが出てきて、「珍しいでしょこの看板。良かったら、中も見て」って。
佐原 (327)_R
ご夫婦で歓迎してくれて、見せていただいた店内は、
お宝自慢を通り越した、鑑定団垂涎の物ばかり
佐原 (328)_R
佐原 (329)_R
懐かしー
佐原 (330)_R
誰、この綺麗な方は?
佐原 (335)_R
誰、、、、
佐原 (336)_R
この自転車をオーダーして一か月以上かかったそうです。
佐原 (345)_R
帰り際、お腹を空かせた私とyokotako氏は、このお団子屋さんを発見し、
佐原 (366)_R
この団子をご注文。頼んでから焼いて出してきたお団子は、
柔らかく、香ばしく、そしてコシヒカリ使用味わい深いお餅でした。
佐原 (361)_R
このお店、おススメですよ「坂下だんご店」。
佐原 (368)_R
今日はこれまでです。楽しい、佐原の旅でした。yokotako氏お疲れ様。
今はガス灯ではありませんが、風情があります。
佐原 (373)_R
佐原 (376)_R


佐原 伊能忠敬とジャージャー橋

作り酒屋から伊能忠敬記念館に向かう途中で出会った建物達、
佐原 (228)_R
中には歴史が感じられる看板がいくつもあり
佐原 (224)_R
ここで、あの山車の人形が作られているとわかり、ちょっと納得。
佐原 (220)_R
格子が美しい影を作る家。「千本格子」
佐原 (240)_R
佐原 (236)_R
大きな、大きな蔵、「与倉屋大土蔵」。
佐原 (244)_R
佐原 (245)_R
大きな屋根が印象的。
佐原 (257)_R
そして、伊能忠敬記念館。わが国最初の実測日本地図を
作り上げたひと、そして佐原の豪商「伊能家」婿養子。
その一枚一枚が大きく、そして非常に正確な内容だったことが
よく理解できました。tako氏も私も「ふーむ、凄い」
佐原 (262)_R
残念ながら、川向にある「伊能忠敬生家」は昨年の東日本大震災の
被害を受け、今は補修中で見れませんでした。
佐原 (267)_R
そのかわり、私のお気に入り、樋橋(ジャージャー橋)をご紹介。
佐原 (281)_R
佐原 (274)_R
佐原 (282)_R
小野川の上に農業用水を通すために作られた「樋橋」に
人が通行し始め、架け替えられ、水が流れていた頃の
音と水を出すために、この姿になったそうです。

佐原 小堀屋の黒切蕎麦と酒蔵をゆく

天明2年(1782)開業の「小堀屋本店」は現在の建物は明治25年建築。
ここで今日はお昼を頂いた。佐原 (92)_R
川越でも見かけたが、看板はもっと古い、江戸時代のものではないか。
佐原 (91)_R
yokotako氏が待つこと、30分。(私は隣の旧家で遊んでいた)
店内に。ここは2階も客間だと聞いていたけど、
今は使ってないようだ。
佐原 (128)_R
これが名物、「黒切蕎麦」日高の昆布を使う蕎麦は、
さっぱりとした味わいで、天ぷらも柔らかくパリッとした歯ごたえだった。
佐原 (126)_R
黒切蕎麦にあやかり、招き猫も黒ちゃん。
佐原 (125)_R
食べ終えて、近くの二つの酒蔵を訪れる。
ここは「馬場本店酒造」
佐原 (138)_R
佐原 (158)_R
佐原 (142)_R
そして、ここが「東薫酒造。」創業文政8年(1825)
ここは全国新酒品評会で10回金賞を受賞するなど、お酒の評価も高く、
無料で見学させてくれました。初めてみるリアル酒蔵。
ここがタンク上部、そうここは3階なのです。
佐原 (173)_R
ここが、その下のタンク。
佐原 (179)_R
ここで大吟醸のお酒を手作業で絞っているそうです。
佐原 (178)_R
「杉玉」作り酒屋の軒先に吊るし、新酒が出来たことを知らせる役割だそうです。
そういえば、昨日、上野の居酒屋さんの軒先にもありました。
佐原 (164)_R

佐原 小野川と山車と祭囃子

江戸時代、物資を利根川を通り江戸に運ぶ中継の商人町として栄えた「佐原」。
小野川周辺から物語は始まります。
佐原 (291)_R
蔵、この壁の厚さが歴史を感じさせてくれます。
佐原 (69)_R
佐原 (83)_R
小野川沿いのこんな景色を眺めていたら、聞こえてきた楽しげな「笛の音」。
佐原 (82)_R
佐原のもう一つの顔「祭」。今日は偶然、「佐原の大祭」の後で、
佐原 (40)_R
山車の移動があり、こうして見ることが出来たのです。
佐原 (55)_R
この美男子は楠正成のようです。
佐原 (39)_R
凄く人間っぽい「神様」です。
佐原 (57)_R
佐原 (60)_R
佐原の渡し船。
佐原 (62)_R
和服姿の女性もちらほら。この風景に似合います。
佐原 (88)_R