下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

千住 どうしても懐かしい

千住には、まだまだ顔があります。
高札場跡の公園すぐ近くに「そっと」たたずんでいた建物。戦前でしょう。
北千住 (134)_R
北千住 (140)_R
これも公園脇、存在感が凄いです。個人の倉庫かなあ。
北千住 (128)_R
なんだかさびしげな入り口のおうち。
北千住 (305)_R
こういうの、好きなんです。
北千住 (298)_R
千住は大黒湯だけではなかったのですね。
ここは閉店してました。
北千住 (179)_R
こんな楽しい銭湯が、繁盛しないわけがありませんね。
北千住 (294)_R
西口メインの商店街「北ロード1010(せんじゅ)」で見かけた
「大橋眼科」はそれほど古い建物ではないらしいが、
見ていると、ぽーっとします。
北千住 (365)_R
最後は、ディスカウントストア「ザ・プライス」。
大正9年に浅草で創業された「羊華堂洋品店」が北千住に
イトーヨーカ堂1号店を出しました。今、店名を変えて
残っているのです。
北千住 (357)_R
千住は、懐かしくて、飽きが来ない、それでいて
新しいものを受け入れながら街をはぐくんでますね。
今回も、楽しかったな。
次回特集は「小江戸 佐原」10月28日アップ予定

千住 日光街道を渡り、「千住柳町」跡へ

北千住 (270)_R
千住柳町に向かうと、途中であの「大黒湯」を発見。
北千住 (261)_R
銭湯は正面の庇の上に彫刻を施し、その格調高さを
競い合います。これは鳳凰かしら。
北千住 (279)_R
大黒様発見、
北千住 (265)_R
こんな所にも発見。これは縁起がいい。
北千住 (270)_R
北千住 (278)_R
大黒湯のすぐ近くで見かけた理容室。
北千住 (281)_R
今回の千住ツアーはの一番の目的地は、ここ「千住柳町」
商店街の入り口には「千住大門」と書かれてます。
そう、ここには吉原と同じく色町としての門があったのでしょう。
北千住 (310)_R
今は、地元の方の冷蔵庫代わりの惣菜たくさんの商店街です。
北千住 (311)_R
このお寿司さんは有名ですね。おいなりさん売り切れ残念。
北千住 (317)_R
北千住 (320)_R
ちょっと不思議なデザインの建物を見かけました。
北千住 (301)_R
これも、ちょっと窓の上の庇が凝ってますね。
北千住 (336)_R

千住 明治・大正・昭和 庶民の街へ

北千住の東口。今年4月に東京電機大学のキャンパスが
駅前に誘致され、若者の街に変わろうとしてます。
そこで見かけた姿。
飲み屋街が、この辺り一帯にあったのでは?
上部には店舗の名前が連なっていたのだと思います。
北千住 (20)_R
麻雀荘、現役ではなさそうです。
北千住 (38)_R
入り口の無い階段、屋上に上がってみたかった。
北千住 (44)_R
再び宿場通り、「毎日通り飲食店街」
北千住 (103)_R
こんな姿です。夜が待ち遠しい感じ。
北千住 (107)_R
yokotako氏と一緒に甘味処「福寿堂」さんへ
北千住 (212)_R
私があんみつ、yokotako氏がいそべ焼き、おしるこ。
北千住 (199)_R
北千住 (200)_R
北千住 (202)_R
いそべ焼きを私も食べたけど、これが一番おいしくて、
奥さんの千住昔話が嬉しかったなあ。もうお店始めて
40年だそうです。
栗が最初から目について、聞いてみたら、数日前秋田で採ってきたそうでした。
北千住 (206)_R
サンロードという通りでみかけた「石黒のあめ」。戦後間もなくから続くそうです。
北千住 (251)_R
北千住 (244)_R
会社の同僚のおみやげに「ミックス」400円をゲット。カラフルでしょ!
北千住 (252)_R


千住 下町の本陣はここかな

江戸の四宿の一つ、千住宿は、日光街道と奥羽街道の最初の宿。
まずは、その残照を探してみました。
北千住 (88)_R
宿場町通りを歩くと、見えてくる、「横山家住宅」は
江戸時代後期の建築、庇の柱に残る傷は幕末「彰義隊」
のものだそうです。
北千住 (170)_R
北千住 (173)_R
「名倉医院」は江戸時代から骨接ぎ手がけており、現在、
その名前を受けた整形外科病院が都内でもたくさん見られます。
その元祖です。
北千住 (11)1_R

この通りにはこんな姿のお家が普通にあります。
北千住 (189)_R
宿場町通りを南に行くと江戸時代のから続いた青果市場「やっちゃ場」跡地が
見えてくる。草加・越谷・足立からの野菜を集積して
競りをする場として栄えた。この道の両脇にはたくさんのお店が並び
大八車で野菜を運んでいたという。
北千住 (17)_R
大黒湯の近くで出会った畳屋さん。
北千住 (290)_R
昔ながらの道具が目に入ります。
北千住 (291)_R_R