下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

船橋 ふなばし ふなばしばし③

『ふなばしばし』という今回のブログタイトルその意図は、、、

現在船橋市内を流れる『海老川』は古くは川幅も広く、
わたるのが大変だったため、船を数珠繋に並べて橋を作ったことが
『船橋』の地名に由来になっているという

その海老川に掛かっている橋の一つに『船橋橋』、、、
ふなばしばしが現存してるのです

杉山畳店さんの
170925-141219-船橋201710 (143)_R
向かい側を見てみると
170925-140720-船橋201710 (116)_R
猫がずっとまったりとしている
170925-140739-船橋201710 (120)_R
料理屋さんの玄関先にも
170925-140747-船橋201710 (123)_R
猫ばっかりがいるなあ
170925-141506-船橋201710 (154)_R
船橋が猫町だとは、聞いたことがない
170925-141519-船橋201710 (159)_R
170925-141535-船橋201710 (167)_R

『ここ、美味しいから行ってみな』
170802-135848-船橋・中山20170802 (10)_R
そう言われて早速訪問、

見るからに丁寧に作られたラーメン
170802-135129-船橋・中山20170802 (2)_R
半透明の醤油スープに
170802-135133-船橋・中山20170802 (3)_R
淡白な味わいの叉焼は上品そのもの
170802-135135-船橋・中山20170802 (4)_R
ネギと一緒が嬉しい
170802-135152-船橋・中山20170802 (7)_R
170802-135850-船橋・中山20170802 (11)_R

『ラーメン 零一弐三』
店名が変わってますね。

千葉県船橋市本町7-23-14 文平ビル 東葉高速鉄道東海神駅そば

船橋は、いろいろ楽しめます、ふなっしーもいるし

船橋 ふなばし ふなばしばし②

船橋駅南口を出て数分で、斜めに入る細い道があり、
『仲通り』と呼ばれる商店街となってます。
170925-143812-船橋201710 (211)_R
170925-143640-船橋201710 (205)_R
地元の人気店もあります
170925-143534-船橋201710 (199)_R
頂いたことあります、この船橋名物『ばか麺ラーメン』
170925-143539-船橋201710 (202)_R
魚介類がたくさん入っていて、さっぱりスープが美味しかった記憶が残ってます
170925-143550-船橋201710 (203)_R
のんびりと、ゆっくりと歩いていたら

いきなり、古そうなお店発見『杉山畳店』さん
170925-143140-船橋201710 (188)_R
なんか、こんなに畳が並んでいる畳屋さんって、今、珍しい
170925-142100-船橋201710 (171)_R
写真のご主人がお店番をしていて、カメラを持つ私に話しかけてくれた
170925-142717-船橋201710 (176)_R

『今、92歳、若い頃に召集されて仙台の陸軍飛行学校に配置されたんだけど、
飛行機の訓練していたのは最初だけで、飛行機が無くなっちゃって、
それからはずっと車の運転していたんだよ』
『だから戦争が終わって、船橋に戻ってきて、軍隊での車の運転経験があるとわかると
直ぐに免許をくれたんだよ、それがこれ』
170925-142200-船橋201710 (174)_R
私『へ~』
私『これは何ですか?』
170925-142740-船橋201710 (178)_R
『これか?傘立てだよ』

私『小さな包丁ですね。これで畳を?』
170925-142944-船橋201710 (184)_R
『これでいろいろ切るよ、元々は長方形の包丁、研いでいくうちにこの形になったんだね』
170925-143009-船橋201710 (185)_R
私『へ~凄いですね』

建物の脇の方を覗いてみると、古い出入り口と、
170925-143312-船橋201710 (190)_R
戦前からの建物であることを告白するような
170925-143327-船橋201710 (192)_R
貴重な姿が残されていました。

ご主人、貴重な情報ありがとうございます。



船橋 ふなばし ふなばしばし①

今や千葉県の都市の中でも抜きんんでいる街、船橋
170925-143909-船橋201710 (1)_R

船橋 ふなばし ふなばしばし
いやタイトルに深い意味はありませんよ

駅から10分位あるいたでしょうか
170925-132753-船橋201710 (29)_R
船橋一番の神様『船橋大神宮』に向かう途中の露地で見たもの
170925-132757-船橋201710 (31)_R
『つるや伊藤』さん、染物屋さん
170925-132818-船橋201710 (34)_R
創業150年、安政5年創業の老舗は、
170925-132857-船橋201710 (36)_R
建物にまず魅入られてしまう、kozoh55
170925-133035-船橋201710 (41)_R

買い物の予定は無くても、ついつい店内へ
170925-133609-船橋201710 (57)_R
面白そうなお店
170925-133623-船橋201710 (59)_R
そのままですね
170925-133620-船橋201710 (58)_R
170925-133949-船橋201710 (79)_R
格式の高さが伝わって来ます
170925-133206-船橋201710 (48)_R

船橋 森田呉服店 創業140年の魅力

この写真を見て、過去の記事を思い出してくれる方がいたら
大変うれしいです。
DSC_0396_R.jpg

船橋本町の「広瀬直船堂」は奥の蔵に至っては、
明治時代まで遡る建物でした。

実は本町は広瀬直船堂の向かいにも歴史建築物があるのです。
創業140年を数える、「森田呉服店」
DSC_0393_R.jpg
着物、生地、手拭い、和装小物をずうっと扱い続けている老舗。
DSC_0382_R.jpg
「和」が勢ぞろいしてます。
DSC_0387_R.jpg
DSC_0388_R.jpg
DSC_0389_R.jpg
このお店は、本物のレトロであることでしょうけど、
どこを見てもお洒落なんです。呉服店ですから
当たり前、でしょうか。これも当時の扇風機です。
DSC_0391_R.jpg
DSC_0385_R.jpg
手拭いはいくつかの物はこの店オリジナルデザインだそうです。
ご主人のディスプレーも、さりげなく洗練されてます。
DSC_0392_R.jpg
たくさんの新揃えに、ミニ手拭い選びで悩むほどです。
DSC_0386_R.jpg
昭和34年のこの街を描いた手拭い、森田呉服店、広瀬直船堂、そして
今、船橋や千葉では有名な中華料理店「東魁楼」も木造家屋として
描かれてました。もちろんこの手拭いも購入。
DSC_0384_R.jpg
この煉瓦もこの建物が作られた当時そのまま残っているものだそうです。
このお店は、夜に来る方がレトロ感が一層引き立ち、いいのです。
DSC_0395_R.jpg
船橋はこれ以外も、赤線街跡地や今も残る歴史的建築の灯台、
そして船橋の地名の元となった「船橋橋」。
次回以降、紹介しますね。

船橋 玉川旅館第二別館

船橋駅から15分位、海に向かって歩くと船橋市役所がある通りに出ます、
普通のオフィスと住宅街ですが、
船橋20121007 (160)_R
その側に突然この建物は現れてきます。
CIMG1232_R.jpg
大正10に創業された玉川旅館の第二別館として、
昭和8年にこの建物は作られました。
船橋20121007 (179)_R
当時は陸海軍御用達の料亭でもあったそうです。
船橋20121007 (189)_R
何しろ洒落てますね。
船橋20121007 (190)_R
CIMG5806_R.jpg
建物の細部へのこだわりが、ひしひしと伝わってきます。
CIMG5812_R.jpg
こんな小さな照明が室内を照らしているんですね。
CIMG6929_R.jpg
船橋20121007 (182)_R
CIMG5810_R.jpg
国登録有形文化財、玉川旅館は現役の料亭であり旅館。
中が見たくて、見たくて、別館の回りには本館と第一別館も
あり、どれも戦前の建物ばかりです。
中を見たければ料理を頂くか、泊まるかしかないですね。
当時、この旅館から海側は、海岸線だったそうです。
うーん、当時の姿を見てみたい、本館は、、、入ってみたい。
今後のお楽しみですね。船橋はまだまだ続きます。
今日は、おやすみなさい。