下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ただただ北海道 留萌線慕情

私が18歳まで住んでいた街の「石狩沼田駅」
ただただ北海道201612 (74)
切符売り場とはこういうものです、無人駅でないだけありがたい
ただただ北海道201612 (38)
1日8往復、2時間に1本だから、乗り遅れるとショック過ぎるけど、
ただただ北海道201612 (73)
人が列車に向かっているうちは、出発しないで待ってくれたのね。
優しい時代、優しい時間、

沼田から二つ深川寄りの「秩父別駅」
ただただ北海道201612 (59)
建物はレトロ、看板の文字は優しい風(ふう)
ただただ北海道201612 (67)
無人駅とは乗客が居ないという意味ではありません
ただただ北海道201612 (66)
ストーブだけはレトロじゃないよ、石油だよ。
ただただ北海道201612 (57)
電車じゃないです、列車ですよ
ただただ北海道201612 (71)

「明日萌駅」正式名称「恵比島駅」
ただただ北海道201612 (41)
NHKの朝ドラマ「すずらん」のロケの地として、
ただただ北海道201612 (56)
ドラマで使われた駅名「明日萌」がこうして残されている。
ただただ北海道201612 (22)
少女は何を想って
ただただ北海道201612 (52)
誰を待っているのでしょう
ただただ北海道201612 (58)
お、これは
ただただ北海道201612 (54)
鉄道屋(ぽっぽや)?

ただただ北海道 時のかけら2016

深川の極上とうきびを頂いて始まった、ただただ北海道2016、
まだまだ紹介したりない気もする

余市はまだまだ魅力的だった
出逢ったことが無い岩
160905-085137-ただただ北海道2016-1 (954)_R
160905-084507-ただただ北海道2016-1 (940)_R
マッサンの屋敷はそれぞれが丁寧に作られて
160905-102745-ただただ北海道2016-02 (105)_R
160905-104414-ただただ北海道2016-02 (153)_R
あれ、なんで工場で竹鶴21年物を買わなかったのだろうか

ラーメン食べなきゃ
160905-121547-ただただ北海道2016-02 (187)_R
店名を聞いただけで笑い出したわけですが
160905-122445-ただただ北海道2016-02 (188)_R
なかなか美味しかったぞう
160905-122452-ただただ北海道2016-02 (192)_R

千歳空港では、老舗「あじさい」の塩を食べて
160906-141849-ただただ北海道2016-02 (196)_R
寿司ばかり食べていて、調子に乗っていた私の胃を
160906-141902-ただただ北海道2016-02 (200)_R
穏やかにしてくれました

最後に、、、、これは誰?
160904-072652-ただただ北海道2016-1 (490)_R
水戸のキャラクター「のびーる君」「ねばーる君」どちらだっけ?
なぜ北海道にいるのかしら、わかりません。

なんか、背が伸びているよ
160904-072718-ただただ北海道2016-1 (514)_R
わー身長3メートルだよ
160904-072721-ただただ北海道2016-1 (518)_R

まあ、楽しすぎる5日間でした

ご訪問くださった皆様、北海道のネタに凝りずに付いてきてくれて
ありがとうございます。
北海道をさらに好きになってくれれば、嬉しいものですね。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

ただただ北海道 ニシン漁の記憶 余市②

余市はあの有名な「ソーラン節」発祥の有力地だという
「ニシン来たかとカモメに問えば~」
街にその名残はあるのだろうか、

国指定史跡「余市福原漁場」は
160905-091329-ただただ北海道2016-1 (989)_R
どこまでもどこまでも
160905-091418-ただただ北海道2016-1 (993)_R
160905-091442-ただただ北海道2016-1 (994)_R
北海道でのニシン漁の主役としての
160905-092105-ただただ北海道2016-02 (11)_R
矜持を見せてくれた
160905-091511-ただただ北海道2016-1 (998)_R

「旧下ヨイチ運上家」
160905-093226-ただただ北海道2016-02 (35)_R
運上家とは、「和人とアイヌの交易の場」であり、贅を尽くして作られたニシン番屋とは違い
160905-093252-ただただ北海道2016-02 (37)_R
実用本位で作られたという
160905-093708-ただただ北海道2016-02 (63)_R
だからこそこの石葺き屋根として今に残されているんだろう
160905-093638-ただただ北海道2016-02 (58)_R
現存する道内唯一の運上家として、歴史的価値は非常に高いという

ここからが余市のはじまりでもある
160905-101213-ただただ北海道2016-02 (73)_R
「ニッカウヰスキー余市工場」
160905-101218-ただただ北海道2016-02 (76)_R
あのドラマの世界がそのままここに残されている
160905-101744-ただただ北海道2016-02 (82)_R
160905-104023-ただただ北海道2016-02 (133)_R

そこにリタさんと竹鶴さんは、住んでいたのだ
160905-103933-ただただ北海道2016-02 (132)_R
160905-103738-ただただ北海道2016-02 (123)_R

広く美しい工場でした
160905-102812-ただただ北海道2016-02 (107)_R

ただただ北海道 ニシン漁の記憶 余市①

夕張を離れ高速に乗って、余市の宿に着いたのは7時半、
すぐに夕食を頂き、兄と一緒に温泉に浸かる

日曜日のもう夜10時近くなっていて、旅の疲れもあったけど
思わず兄弟で余市の飲み屋街に繰り出す

日曜日、夜10時もう開いているお店は数件、
160904-215851-ただただ北海道2016-1 (884)_R
その上、この街の飲み屋街は、数十年前の漁が盛んだった時をピークに
160904-220551-ただただ北海道2016-1 (900)_R
どんどん元気がなくなってきているという

「縁」(えん)というお店の扉を開けると、ベテランママが「いらっしゃい」と、
160904-232623-ただただ北海道2016-1 (931)_R
「なかなか内装が凝ってますね~」とママに声をかけると
「それだけ、もう、古いだけよ」と
160904-223820-ただただ北海道2016-1 (923)_R
本当だ、天童よしみさん、まだ若い事
160904-223858-ただただ北海道2016-1 (927)_R

余市に来たからには、と勧められてニッカの「竹鶴21年」を頂く
160904-222040-ただただ北海道2016-1 (906)_R
ああ、こんなにも優しい味わいなんだ

鮭トバのつまみが出るなんて、北海道ならでは
160904-222357-ただただ北海道2016-1 (909)_R
使えなくなったジュークボックス、けれど、あるだけで嬉しい
160904-223700-ただただ北海道2016-1 (913)_R

兄弟で歌って歌いまくり、ママさんからは時折、いい昔話を聞かせてもらい
160904-232636-ただただ北海道2016-1 (935)_R
宿に戻ったときは、もう、2時を過ぎていた

ママさん、ありがとう

ただただ北海道 夕張 終わらない宴③

「夢見橋」
160904-154742-ただただ北海道2016-1 (829)_R
この橋の向こうには炭鉱夫の楽しみ
160904-154731-ただただ北海道2016-1 (828)_R
「風呂場」があったという

映画「北の零年」のロケ地だった建物は
160904-155102-ただただ北海道2016-1 (842)_R
随分と小さい

そもそもこの博物館敷地は、廃墟なんだろう
160904-152231-ただただ北海道2016-1 (729)_R
160904-152301-ただただ北海道2016-1 (731)_R
これが掘り出された、石炭、岩石みたい
160904-151747-ただただ北海道2016-1 (706)_R

夕張に産地直送のメロン屋さんは、出逢うことすらできなかったこの街。
好きか嫌いかはまだまた見えてこない。


町の繁栄を目指して、多くの器=建物は生まれた
160904-151002-ただただ北海道2016-1 (683)_R
160904-151916-ただただ北海道2016-1 (715)_R
160904-152617-ただただ北海道2016-1 (741)_R
160904-152857-ただただ北海道2016-1 (750)_R
そして、いつしかその建物でたくさんの人が呼べないことに気が付き
借金が残った

そして、去っていた人達

けれど、この場所から見えるじゃないですか~
160904-160530-ただただ北海道2016-1 (859)_R
こんなワクワクする坑道入口

午後5時、私と兄はこの坑道を探検することなく
夕張を出て、余市に向かったのです