下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

名残惜しい街 深大寺

普通なら、深大寺に来たからには深大寺そばを食べなきゃ、
ですよねえ、普通。でもこのブログはこんな場所でも、真夏の暑い日でもラーメンなのです。
江戸時代からのれん、元祖嶋田家さん。次回は入ってみたい。
深大寺 (179)_R
手作りで自分の作品が作れるという「むさし野 深大寺窯」さんには可愛いいキャラがいっぱいいましたよ
深大寺 (213)_R
気が付くと持ち帰りで、招き猫づくしを買ってしまいました。可愛いですねえ。
深大寺 (221)_R
そしてお約束、調布駅前の「たけちゃんにぼしラーメン」
深大寺 (4)_R
見てください、この麺、黄色い。チャーシューも脂っこくなくて、肉厚で食べごたえ満点。
うーん、浅草のなんという名前だったかの味、中太麺とばっちり相性の
煮干ししょうゆスープでした。またもう一度来ます、このお店。
深大寺 (2)_R


さあ、深大寺到着

参道入り口にやってきた。意外なほど、人は多くなくて、大声で呼び込みをする人も
いなかったので、静かな印象。
深大寺 (176)_R
この辺りは水木しげるさんの活躍場所、以前「ゲゲゲの女房」の舞台となった場所。
深大寺 (163)_R
鬼太郎と目玉おやじ
深大寺 (162)_R
やっぱこの二人でしょう。
深大寺 (171)_R
夏はやっぱりこれ、「ふわふわ妖怪かき氷」いただきまあ~す。
上には目玉団子が乗ってましたよ。
深大寺 (174)_R
最初に出会う、茅葺の山門は、現在残っている建物の中で一番古く元禄8年に普請。
深大寺 (186)_R
深大寺 (190)_R
深大寺本堂は大正時代に再建されたものだが、本来は天平5年(733年)という
浅草寺に次ぐ古さと言われている。それにしても派手さはないが、
なにか誠実なものを感じるお寺です。
深大寺 (194)_R

野川に向かって

感動状態で公園を出て、野川に向かいます。
この街は緑に包まれることを、楽しんでいる、そんな街並みです。
深大寺 (116)_R
個人のお家だと思いますが、個性的ですね。
深大寺 (118)_R
見えてきました、多摩川の支流「野川」
子供たちが楽しそう、仲間に入りたい!!
深大寺 (122)_R
こんな石があれば、川を渡れます
深大寺 (129)_R
家族で野川ですごす。まるで私の小さい頃の姿が、そのままです。
深大寺 (134)_R
そろそろ、深大寺に近づいてきました。水車小屋。
深大寺 (150)_R
これもアジサイなのかしら
深大寺 (151)_R
深沙堂、水神の深沙大王を祀っていて、深大寺の名はこの深沙大王が由来とのこと。
深大寺 (154)_R
窓越しにカメラで撮ってみたら、天井に龍の絵が見えていた。もっと見たかったな。
深大寺 (159)_R



都内にこんな場所があるなんて 神代植物公園

温室を出ると、アクアガーデンですね。
深大寺 (78)_R
飛び込みたかったけど、大人としては出来ません。
深大寺 (80)_R
この通りは虫や鳥のさえずりで、心が静まります。
深大寺 (84)_R
深大寺 (85)_R
深大寺 (86)_R
あまり、言葉はいらないですね。
深大寺 (94)_R
深大寺 (109)_R
このつつじの庭園は、自分が幼かったら、道に迷ってしまいます
深大寺 (111)_R
日時計が、この公園のおへそにあって、存在を誇示してました。
深大寺 (112)_R

深大寺周辺を楽しむ 都立神代植物公園

明日はどこに行こうかと考えて、涼しいところがいいかな、と選んだのが、調布の深大寺、ブログのお友達が紹介していて、秋の景色が綺麗でした。緑が多かったら、涼しいかもしれないね!
調布駅からバスに乗って10分ほど、地井さんおすすめの、都立神代植物公園に立ち寄りました。
深大寺 (7)_R
いきなり正面の池にはスイレンが涼しげに咲いてます
深大寺 (10)_R
夏の花なのでしょうね、ダリヤが暑さを吹き飛ばすような存在感でした。
深大寺 (22)_R
深大寺 (24)_R
温室に入るとまた水辺です
深大寺 (31)_R
実が成る木 パパイヤ
深大寺 (39)_R
実が成る木 カカオ
深大寺 (42)_R
実が成る木 バナナかなあ、凄い形ですよ
深大寺 (52)_R