下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

横須賀 夢の残照を探して 番外編

この街は、駅の名前も「安浦」から「県立大学」に切り替え、この街のすぐ先にあった港や海を埋め立てによって遠ざけ、平成町という新しい街、巨大マンション群を作り上げている。でも、まだアーチの骨組みがあるように、街の中には大正?昭和がしっかりと息をしていた。残してくれたこの街の方々に感謝したい。
安浦神社の入り口左側で見かけた文字、そうかここはあの「純ちゃん」の地元なのだった。
CIMG5655_R.jpg
「横須賀には美味しいラーメン屋はないかもしれない」というtako氏の意見を聞き、「逗子」で途中下車して出会ったお店「支那そば哉」。
CIMG5571_R.jpg
大盛りを頼んだけど、量が少なかったかな。でも、スープが甘くてまろやかで、全く飽きがこないものだったので、最近の私にしては珍しく、スープまで完食」私はこの店が自宅近くにあったら通うだろう。
CIMG5568_R.jpg
アジサイの季節、普通の人は横須賀ではなく、鎌倉のアジサイ寺に行くらしい、そりゃそうだけど、こんなに綺麗なアジサイをいろんなところで見かけることが出来たこの旅に花丸をつけてあげたい。
CIMG5658_R.jpg

横須賀 夢の残照を探して 安浦 その弐

安浦には田浦よりも、往事の姿を残すものがたくさんあった。
当時の典型的な、旅館?カフェ?だったのではないだろうか。正面入り口の右脇に小さな入り口があったり、
右側の入り口が奥まっていたり当時の特徴がそのまま残っている。
CIMG5666_R.jpg
古いデザインの電柱と電燈。なんかそういえば、小さい頃こんなデザインの電柱を見たかもしれない。
コンクリートではなく鉄?銅?なのだ。
CIMG5648_R.jpg
この建物には、角のこの部分に昔は看板か何かを掲げていたようだ。当時の姿が見てみたい。
CIMG5645_R.jpg
先程のあずま通りで見かけた「日の出湯」若いオーナーさんらしき人に聞いたら、父がここを買ってから50年以上たっていて、その前から営業していたらしい。
CIMG5667_R.jpg
入り口下には七福神達の姿が描かれている。楽しい銭湯だ。
CIMG5669_R.jpg
銭湯の裏の通りを歩いていたら、懐かしい「リアカー」が私を迎えてくれた。
CIMG5670_R.jpg
私の母は、父と一緒に八百屋を営んでいて、私が生まれる日も、このリアカーで荷物を運んでいたそうだ。
もちろん自分は覚えていない。

横須賀 夢の残照を探して 安浦 その壱

田浦から京急電車に乗って横須賀中央駅の次の駅、県立大学駅にて降りる。ここは昔も今も「安浦」という名の港町だった。国道16号線に並行して細い通りが何本もある。見ての通り、静かな街だ。
CIMG5631_R.jpg
「SNACK RICH AMERICAMS WELCOME」AMERICANのNがMに間違えられて治してある。米軍の人達をお客様にしていたのだろう。
CIMG5633_R.jpg
古い床屋さん?屋号のような文字が見える。
CIMG5636_R.jpg
良美軒。扉のドアも、戦前戦後によく見かけたしゃれたデザイン。床屋さんの前はカフェだったのかもしれない。
CIMG5637_R.jpg
床のタイルはまさにそんな歴史を彷彿とさせてくれる。
CIMG5638_R.jpg
通りの最後に見つけた、商店街のアーチの骨組。「あずま通り」という商店街だったのだ、この街は。
CIMG5642_R.jpg
こんな姿で、街は残り香を発している。どうして骨組みを取り払わないのだろう。

横須賀 夢の残照を探して 田浦

東京からJRや京浜急行で1時間ほど揺られた、小さな街「田浦」には戦前・戦後の残照を見ることができる、そんな情報をネットで手に入れ、最強の連れであるtako氏と、街歩きを始めた。
「仲通り商店街」どこにでもありそうな、地方にありがちな寂れかけた商店街、いや、日曜日でお休みな
だけかもしれない。
CIMG5584_R.jpg
スズラン花のような照明は、なんだか新鮮な感じもする。
CIMG5585_R.jpg
商店街から一本外れた通りに、歴史を感じさせる路地が現れた。
木枠の引き戸に、上部の飾り窓。
CIMG5592_R.jpg
CIMG5594_R.jpg
可愛いライオンちゃんが目に飛び込んできた。おどけて見えるのは私だけ?
CIMG5593_R.jpg
鉄筋コンクリートの建物。小さな港町に似つかわしくない古い建物。
CIMG5598_R.jpg
古い鉄板で覆われた建物。二階家なのに三階建てにみえてしまう。
CIMG5608_R.jpg
窓や扉は、凝ったデザインで、自分も住んでみたくなる。
CIMG5609_R.jpg
戦前からの普通の民家だと思う。木造の家屋が商店街の脇に静かに佇んでいた。
CIMG5611_R.jpg
細い路地に突然あらわれた旅館。営業しているのだろうか。中を覗いたら、江戸時代の浮世絵のようなものが壁に張り出されていた。中に入ってみたいね。
CIMG5622_R.jpg