下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ささはた商店街 西原お祭り、そして正統派商店街 発見ス!!

期待の笹塚を離れ、歩いて10分ほどで、もう幡ヶ谷駅、そしてまず南側にある西原商店街通り。少し歩くと、今日はラッキー桜祭り開催中!!ときたもんだ。
CIMG3488_R.jpg
ピンクの桜ちょうちんがすごく風景にピッタリ。
CIMG3486_R.jpg
地元のお母さんたちが揚げたてコロッケ2個100円で私は大満足。
CIMG3482_R.jpg
TAKO氏はこのいそべ焼き3個で沈没。美味しい餅が、もう、勘弁。
CIMG3485_R.jpg
最後に、駅北側に向かい、幡ヶ谷六号通り商店街という、至って真面目な商店街に出会い、ブックオフで古本を買った私は、目的を終えた満足感で都営新宿線に乗り込むのでした。本日二万歩達成ナリ。
CIMG3497_R.jpg

ささはた商店街 まずは笹塚に

なぜかしらーねどー、笹塚にやってきました商店街巡り。ささ(笹塚)とはた(幡ヶ谷)と西原には10もの商店街がひしめき合っていると聞き、探検に来たのでしたが、笹塚駅北側の十号商店街は、発見することもできずに、もう営業していない銭湯を見つけ、しきりに感動したのでした。

CIMG3453_R.jpg
観音通り商店街。桜の飾り物で賑わい感を出していたけど、残念、にぎわうようなお店がなかったのです。
CIMG3474_R.jpg
良かったのは商店街の名所、「笹塚観音」様。写真でもきれいに写っているけど、本物はもっと上品でキレイでした。
CIMG3476_R.jpg