下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横須賀衣笠 あの空の下に④

『金子金次郎商店』
ああ、これは戦後の一時期流行した、背景が白い看板
170705-130720-横須賀衣笠20170705 (201)_R
今は社名すら無くなってる会社もある
170705-130735-横須賀衣笠20170705 (204)_R
細かな造作が美しい神棚
170705-130730-横須賀衣笠20170705 (203)_R
この店に来店され、繋ぎのない1本の梁を見た大工さんは、みな感動する
170705-130749-横須賀衣笠20170705 (206)_R

kozoh55 『こんな美しい看板に出逢えて幸せです、ありがとうございます』
女主人さん 『そんなにありがたいものなの?ええ、建てたのは昭和13年、戦前よ』
kozoh55 『木の看板はよく見かけるのですが、こうして戦後の看板が残されているって
      今まで見たことが何です。その上、梁も神棚も立派で、、、よく残してくだsだいました』
女主人さん 『建物に何か手を入れようとすると、全部建て替えるような話を出されて、
      でも、建てた当時の姿を残したいと思って、結局今の姿になって、今になってみれば、
      良かったのかもね』
kozoh55 『ええ、ほんとうに残してよかったですね』

お土産で、二つの横須賀カレーを購入しました。
170711-090533-衣笠201707 (1)_R
そう、横須賀は『軍都』でもあった事を思い出す

お店を後にして、もう少し横須賀中央駅方面を歩く
お、この煙突みたいなもの、銭湯か?
170705-131433-横須賀衣笠20170705 (226)_R
お屋敷?塀がとてもとても上品なこと
170705-131440-横須賀衣笠20170705 (227)_R
ほんとお屋敷な銭湯は
170705-131502-横須賀衣笠20170705 (232)_R
この飾りガラスからして、戦前モノなんじゃないでしょうか
170705-131506-横須賀衣笠20170705 (234)_R
『当たり湯』さん

ああ、紫陽花は晴れた日も
170705-131344-横須賀衣笠20170705 (217)_R
お似合いなんですね
170705-131357-横須賀衣笠20170705 (221)_R
山紫陽花
170705-131353-横須賀衣笠20170705 (219)_R

横須賀衣笠 あの空の下に③

栄町から衣笠通り商店街に戻り、少し歩くと大きな交差点と
170705-135300-横須賀衣笠20170705 (294)_R
地下道に遭遇
170705-135422-横須賀衣笠20170705 (302)_R
ああ、この地下道は何かこの街の重要な場所なんだろう
170705-135405-横須賀衣笠20170705 (300)_R
衣笠の人達は、みんなこの街が好きなんだ、と
170705-135403-横須賀衣笠20170705 (299)_R
170705-135330-横須賀衣笠20170705 (298)_R

そう感じながら、地上に出ると、またしても商店街に出逢う
170705-123306-横須賀衣笠20170705 (144)_R
『佐野法塔商店街』
170705-123546-横須賀衣笠20170705 (149)_R
この際、とことん歩いてみるか、とぶらりぶらり

『次は~佐野商和会』
170705-123742-横須賀衣笠20170705 (153)_R
170705-124210-横須賀衣笠20170705 (159)_R
170705-124241-横須賀衣笠20170705 (163)_R
170705-124249-横須賀衣笠20170705 (166)_R
『次は~佐野親交会』
170705-124406-横須賀衣笠20170705 (168)_R
170705-124432-横須賀衣笠20170705 (170)_R

後で知ることですけど、この道は横須賀中央駅まで続く
古くから続く『横須賀三崎道』
これが『横須賀古道』なのだろうか、、、

ヒントを探しに、歩き続けると、素敵なお店に遭遇
170705-125525-横須賀衣笠20170705 (200)_R
『金子金次郎商店』さん
170705-131007-横須賀衣笠20170705 (210)_R

横須賀衣笠 あの空の下に②

今回の記事のきっかけをくださったのは、私のブログのお友達
”ほしがき写真散歩”のブログを運営されている『ほしがき』さんの記事
今回の記事の場所など、衣笠を紹介してくださいました。

昭和40年代建築でしょうか『並木ビル』
170705-114142-横須賀衣笠20170705 (57)_R
戦後の古い雑居ビルが続きます

衣笠の全盛期には、ここは映画館だったそうです
170705-114212-横須賀衣笠20170705 (58)_R
お隣も飲食街の雑居ビル
170705-114313-横須賀衣笠20170705 (60)_R
多分、全て現役のお店でしょう、すごいや
170705-114339-横須賀衣笠20170705 (64)_R
170705-114358-横須賀衣笠20170705 (65)_R
『ニュー並木ビル』は
170705-114707-横須賀衣笠20170705 (83)_R
いつもどこかでカラオケの音が聞こえ
170705-114727-横須賀衣笠20170705 (86)_R
素敵なステンドグラスの外観のお店もあり
170705-114637-横須賀衣笠20170705 (80)_R
けれど、3階に行くと、もうテナントは入ってない?ようで、寂しい
170705-115850-横須賀衣笠20170705 (109)_R
まさに水曜日、『水曜会』に集まった方々で
170705-120106-横須賀衣笠20170705 (118)_R
大きな声が鳴り響いていました

ええ、屋上からの眺めは
170705-120035-横須賀衣笠20170705 (116)_R
都会なんだか、田舎なんだか、という感じでしたよ

横須賀衣笠 あの空の下に①

私には不思議に思えたんです
170705-112440-横須賀衣笠20170705 (5)_R
何故こんなにも、沢山の商店と商店街があるのか?と、、、
170705-113057-横須賀衣笠20170705 (21)_R
170705-113118-横須賀衣笠20170705 (23)_R
170705-113203-横須賀衣笠20170705 (24)_R
ひたすら立派な商店街が道沿いに広がる
170705-113242-横須賀衣笠20170705 (26)_R
駅周辺に特別な観光地があるわけでなく
170705-113349-横須賀衣笠20170705 (28)_R
滅びかけたアパートがそこに残されていたり
170705-113455-横須賀衣笠20170705 (32)_R

けれども、この衣笠栄町周辺には
170705-114925-横須賀衣笠20170705 (92)_R
何処か特別な、もしかしたら戦前からの姿が、
170705-114124-横須賀衣笠20170705 (53)_R
170705-113916-横須賀衣笠20170705 (38)_R
170705-113926-横須賀衣笠20170705 (41)_R
残されていました
170705-113944-横須賀衣笠20170705 (43)_R
170705-113955-横須賀衣笠20170705 (44)_R
色街残照かしら
170705-113958-横須賀衣笠20170705 (45)_R

横須賀衣笠 あの空の下に(予告)

駅を降りた時は、どこか平凡な印象で
170705-112155-横須賀衣笠20170705 (3)_R
京浜急行浦賀の駅を降りた時より
なんとなく駅を降り立った感じ

けれども、駅前で見上げた空は
170705-112445-横須賀衣笠20170705 (6)_R
空が近いと実感させてくれるものでした
170705-112955-横須賀衣笠20170705 (19)_R

そして

ああ、この建物に逢いに来たんだと感じ
170705-113924-横須賀衣笠20170705 (40)_R
このぼろぼろで、読めない案内看板を見たら
170705-112800-横須賀衣笠20170705 (13)_R
『横須賀古道』を歩きなさいと、書いてあることを知ったのです