下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

太田 エピローグ 

太田と言う街並みを語ると、
私が描いた街並みは、ほとんどが北口の物語であったのですが、
南口こそが今の太田市の姿なんでしょう。

170131-161908-大田2017 (595)_R

駅を降りたとたん、ずっとずっと飲み屋街が続く、、、、

もはやそれがいいのか悪いのかという話ではなく、
それが今の太田駅の繁華街の姿ということなんだと

それしか私には言うことが出来ないのです。
太田の記事はここまでです。

太田 時の流れ 過ぎし日々⑤

黒く美しい姿
170131-132837-大田2017 (249)_R
170131-132537-大田2017 (231)_R
170131-132551-大田2017 (236)_R

これは、明治大正時代の煉瓦蔵?
170131-133010-大田2017 (257)_R
170131-133020-大田2017 (261)_R
過ぎし日々
170131-132903-大田2017 (253)_R
170131-133427-大田2017 (283)_R
170131-133410-大田2017 (280)_R
「寿司 双義」さん
170131-133704-大田2017 (288)_R
このマークの意味するところは、何でしょうか?
170131-133736-大田2017 (292)_R
太田市の市章ではないようです

ちまたの猫は相変わらず自由で
170131-141547-大田2017 (324)_R
170131-141611-大田2017 (333)_R

私は街の美術館で、ケーキと珈琲を頂いて
170131-141113-大田2017 (302)_R
170131-134815-大田2017 (299)_R
地元の方にこの街が花街だったことを伺いました

これもその頃の「夢の跡」7でしょうか
170131-142338-大田2017 (368)_R
170131-142321-大田2017 (366)_R
170131-142825-大田2017 (388)_R

本陣は跡しか残ってませんでしたが
170131-143850-大田2017 (402)_R
「旧金山図書館」は残されています。大正11年建築。
170131-144550-大田2017 (414)_R
170131-144501-大田2017 (410)_R
知りませんでした、太田市はパン作りが盛んだって事を
170131-145121-大田2017 (434)_R
このお店の建物も大正時代、関東大震災に負けなかったんですよ~
170131-145132-大田2017 (436)_R
170131-150451-大田2017 (443)_R
素朴な味わい、きなこパン
170131-150513-大田2017 (446)_R

太田 時の流れ 過ぎし日々④

この街は都会なのか田舎なのか解らなくなります。
前の記事の病院の脇にありました。
170131-130929-大田2017 (191)_R
色町残照
170131-131001-大田2017 (195)_R
地名で言うと「本町」
170131-131030-大田2017 (199)_R
170131-131148-大田2017 (215)_R
なんという名の料亭、いえ、お店だったのかしら
170131-131100-大田2017 (206)_R
知りたかろう、けれど忘れられたのだろう

太田 時の流れ 過ぎし日々③

南口から、再び北口方面に向かう
170131-125844-大田2017 (141)_R
駅から数分の処の風景
170131-125924-大田2017 (146)_R
東武線の高架を渡ると、ぽっかりと木造住宅群が現れる
170131-130304-大田2017 (150)_R
おお、畳屋さんか
170131-130306-大田2017 (151)_R
こちらも渋い
170131-130349-大田2017 (155)_R
これは、防空壕ではないのか、、、
170131-130409-大田2017 (156)_R

富士重工業は戦前は「中島飛行機」
あの「隼(はやぶさ)」を作っていた会社
昭和20年に空襲を受けている

一番右の建物は、何物だろうか
170131-130435-大田2017 (160)_R
ちょっと色町調でもあるが
170131-130437-大田2017 (161)_R
全体に格式が高い
170131-130529-大田2017 (163)_R
その建物は、病院だった
170131-130618-大田2017 (166)_R
それも、遊び心がある風な感じ
170131-130639-大田2017 (170)_R
そう、外壁は「スクラッチタイル」
170131-130650-大田2017 (172)_R
戦前の建物だと、すぐ気が付いた

太田 時の流れ 過ぎし日々①

太田市は人口22万人、高崎市、前橋市に続く群馬県3番目の都市。
富士重工の企業城下町として、北関東随一の工業都市でもある。

「時の流れ 過ぎし日々」というタイトルは、
kozoh55にして珍しく悩んで、やっと今、決めたもの

東武鉄道太田駅は立派、こちらは北口
170131-114017-大田2017 (10)_R
そこにおわす方は太田の一番の有名人、誰?ですか?
170131-113848-大田2017 (7)_R
そうですね、「新田義貞」
170131-113931-大田2017 (9)_R
鎌倉に攻め込んで、鎌倉幕府の執権職の北条一族を滅ぼし、
建武の新政の立役者となりました

という立派な成り立ちの街ではありますが
170131-114232-大田2017 (13)_R
駅のそばから昭和が香ってきます
170131-114343-大田2017 (21)_R
立派な民家だこと
170131-114704-大田2017 (25)_R
170131-114719-大田2017 (28)_R
「富士重工業株式会社本社」
170131-120745-大田2017 (60)_R
この建物の奥には巨大な工場が広がってます

うん?スバル最中?スバルが最中を売っているの?
170131-115110-大田2017 (37)_R
いや~「サブロク焼き」は富士重工の名車「スバル360」
170131-120423-大田2017 (42)_R
そうか、こういう型で作るんですね。
170131-120442-大田2017 (46)_R
そう、この「伊勢屋」さんには伊勢屋ファンだけでなく
スバルファンの方々がいろいろ持ち寄って下さり
170131-120448-大田2017 (47)_R
こうして展示されているのですね

170131-120526-大田2017 (50)_R
和菓子屋さんの奥様は、ずっとずっとスバルを愛し続けて
嬉しそうに、このスバルのOBから頂いた傘を、私に見せてくれました

時代に丁寧に寄り添ってこれた奥様の
笑顔が忘れなれないのです