下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

鎌倉 癒し大仏

今回、初めての訪れた「鎌倉大仏殿高徳院」
170204-161506-鎌倉20170204 (371)_R

170204-161656-鎌倉201702042 (5)_R

170204-161810-鎌倉201702042 (13)_R

170204-161829-鎌倉201702042 (14)_R

170204-161854-鎌倉201702042 (16)_R

170204-161659-鎌倉201702042 (6)_R

170204-161914-鎌倉201702042 (20)_R

170204-161917-鎌倉201702042 (21)_R

170204-162048-鎌倉201702042 (29)_R

170204-161859-鎌倉201702042 (19)_R

170204-162129-鎌倉201702042 (34)_R

170204-162133-鎌倉201702042 (36)_R

170204-162613-鎌倉201702042 (42)_R

170204-162615-鎌倉201702042 (43)_R
穏やかな気持ちで、この地を離れることが出来ました

鎌倉 江ノ電沿線お散歩④

再び江ノ島を目指す
170211-162030-鎌倉20170211 (408)_R
渋いわ~この建物、鎌倉みたい
170211-162803-鎌倉20170211 (441)_R
腰越に到着、ああ、路面電車
170211-163201-鎌倉20170211 (454)_R
歴史建築物たち
170211-163901-鎌倉20170211 (462)_R
170211-164626-鎌倉20170211 (489)_R
170211-164642-鎌倉20170211 (492)_R

これは、何か歴史的な出来事があった場所か?
170211-164804-鎌倉20170211 (499)_R
「日蓮宗霊跡本山 寂光山 龍口寺」
170211-164835-鎌倉20170211 (500)_R
170211-164853-鎌倉20170211 (503)_R
170211-165052-鎌倉20170211 (512)_R

「立正安国論」を著した日蓮は、鎌倉幕府を中傷したとされ、
当時処刑場であったこの場所、龍の口に連行されました。
170211-164953-鎌倉20170211 (507)_R
この地に閉じ込められた日蓮
170211-165016-鎌倉20170211 (509)_R

いざ処刑を行う時になり、江ノ島方面から満月のような光が飛んできて
170211-161446-鎌倉20170211 (395)_R
首切り役人の目がくらみ
170211-161650-鎌倉20170211 (400)_R
斬首の刑は中止になったと言われます。(龍の口法難)
そんな事もあり、
江ノ島は今も観光地であると同時に、巡礼の地なんですね。

鎌倉プレミアム街歩き、またいつか再開します。

鎌倉 江ノ電沿線お散歩③

極楽寺駅を離れ、再度江ノ島方面へ
170211-150617-鎌倉20170211 (292)_R
170211-151756-鎌倉20170211 (314)_R
稲村ヶ崎駅
170211-152903-鎌倉20170211 (323)_R
駅付近にパラパラとお店が並ぶ、静かな町並
170211-153030-鎌倉20170211 (326)_R
そりゃそうですよね、サーフィンが有名な場所、今はシーズンオフ

170211-153724-鎌倉20170211 (332)_R
切り立った岸壁の間に見える四角い穴は戦時中に作られた横穴
170211-153841-鎌倉20170211 (343)_R

江ノ電に遭遇
170211-155900-鎌倉20170211 (383)_R
そして、七里ガ浜へ
170211-154802-鎌倉20170211 (367)_R
170211-155744-鎌倉20170211 (380)_R

もう江ノ島は目と鼻の先
170211-161419-鎌倉20170211 (393)_R
雲の合間から差す日差しが、この島を神々しく映し出す

鎌倉 江ノ電沿線お散歩②

インパクトの弱い記事にしたかったんです、
何故かって、ただ散歩しているだけでしたから

なんと、お昼に食べたラーメン屋さんの店名を思い出せない、、、、
170211-133140-鎌倉20170211 (68)_R
情けない
170211-133206-鎌倉20170211 (69)_R
鎌倉は、美味しい
170211-133219-鎌倉20170211 (73)_R

由比ヶ浜大通りの突き当りに見える「長谷寺」
170211-140557-鎌倉20170211 (153)_R
長谷寺前を左折、しばらく歩くと江ノ電「長谷」駅
170211-142245-鎌倉20170211 (171)_R
ラーメン屋の看板ばかり目立ってますよ

すぐに海に出るんですね
170211-142838-鎌倉20170211 (181)_R
ほら~楽しそうだよ
170211-142954-鎌倉20170211 (192)_R

さらに江ノ電沿いを歩く

ああ
170211-143350-鎌倉20170211 (197)_R
また食べブログになっているよ、私
170211-143824-鎌倉20170211 (203)_R
170211-143851-鎌倉20170211 (207)_R
それで、いいんだけどね、食べブログで

でも、歴史も知ってるんだということも見せたい
170211-143905-鎌倉20170211 (209)_R
何だろう、この建物の美しさ
170211-144021-鎌倉20170211 (219)_R
料亭?現役?
170211-144026-鎌倉20170211 (222)_R

意外とすぐに極楽寺まで来てしまいましたよ
170211-145129-鎌倉20170211 (271)_R
内部撮影禁止、どうしてなか、残念



鎌倉 江ノ電沿線お散歩①

鎌倉でお散歩です
170211-124524-鎌倉20170211 (14)_R
平日のお昼でも鎌倉は人が沢山
170211-124719-鎌倉20170211 (17)_R
ただ、のんびり歩いていて、美しい建物に遭遇
170211-125258-鎌倉20170211 (28)_R
「旧安保小児科医院」大正13年建築
170211-125206-鎌倉20170211 (21)_R
今も普通の住宅、それが素晴らしい
170211-125226-鎌倉20170211 (24)_R
露地にもお店がいっぱい
170211-130114-鎌倉20170211 (42)_R
御成通りの終点には「ハリス記念鎌倉メソジスト教会会堂」
170211-130620-鎌倉20170211 (45)_R
170211-130650-鎌倉20170211 (49)_R

由比ヶ浜大通りに出る

和食とカフェ「橘」さん
170211-130908-鎌倉20170211 (52)_R
何屋さんだったのかなあ、
170211-130919-鎌倉20170211 (53)_R

ふと、目に入ったものに引き込まれていく
170211-131501-鎌倉20170211 (60)_R
170211-131533-鎌倉20170211 (63)_R
由比ヶ浜大通りの主役のひとつ
170211-134409-鎌倉20170211 (78)_R
「旧鎌倉銀行由比ヶ浜出張所」
170211-134446-鎌倉20170211 (83)_R
その名のとおり「THE BANK」という名のバーとして営業していて
170211-134521-鎌倉20170211 (91)_R
平成27年、残念ながら閉店となっているようです。
170211-134823-鎌倉20170211 (109)_R
建物内部が見れなくて、残念。

この建物の存在を教えてくださったのは、
ブログのお友達の「shizu」さん、ありがとうございます。