下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

秋葉原 誰も知らないレトロ通り②

看板建築が沢山並んでいた、街
161209-120938-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (26)_R
161209-120849-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (23)_R
161209-120854-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (24)_R
建物上部の芸術的なファサード
161209-120944-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (30)_R

そして、「岡昌裏地ボタン店」伝統的な銅板に外壁、昭和2年建築。
161209-121105-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (35)_R
店内に入ると、太陽のような笑顔のご主人
161209-124150-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (84)_R
「どうぞどうぞ、写真いくらでも撮っていいですよ」

嬉しくて、嬉しくて、撮りましたよ

入口入り右に隠し扉?
161209-121730-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (37)_R
雨戸がここに隠されていて
161209-122818-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (48)_R
ガラス窓は夜には雨戸に変身
161209-121813-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (40)_R
いろいろ売ってますから~
161209-122833-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (53)_R
このレトロな看板?かな
161209-123009-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (63)_R
NHKと、その他は何だったか
161209-123026-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (66)_R
無くなりましたねんえ、こんな錠、50年前はみんなそうだったわ
161209-122947-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (58)_R
貴重な銅板がはがされているのは、戦後、泥棒に持っていかれたそうですよ。
161209-123232-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (72)_R

ご主人、ありがとうございます!

秋葉原 誰も知らないレトロ通り①

JR秋葉原駅から、日本橋方面を少し歩くと、
161209-120750-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (19)_R
レトロな建物が現れてくる
161209-120735-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (18)_R
「アカシヤ」さんは昭和48年創業
161209-120756-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (21)_R
店内は至ってレトロで、写真を撮る許可を得ようとしていたら
161209-113200-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (8)_R
タイミングが合わなくて

撮れたのはこれだけさ
161209-113335-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (12)_R
木の「アカシヤ」かと思っていたら、「明石屋」だったんですね
161209-120616-秋葉原 誰も知らないレトロ通り (15)_R

次回行くときは、ちゃんと「店内撮影していいですか」と伺おうと、思ったのです。