下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

足利 時をかける街並み④

平成2年に復元された「足利学校」は
160716-134753-足利 (239)_R
江戸中期の姿を忠実に再現
160716-140142-足利 (266)_R
そこに祭られる学問の神は「孔子」儒教の世界
160716-135717-足利 (252)_R
学校という言葉は「論語」に出てくるそうだが
日本で初めてこの言葉を「学ぶ場所」として使った「学校門」
160716-135830-足利 (256)_R

足利学校の創建は、奈良時代から室町時代まで様々な説があるが
室町末期には「学徒三千」と言われるほど、盛況であったという
160716-141023-足利 (288)_R
江戸時代の消火ポンプ?
160716-140615-足利 (282)_R

日本最古の学校がそこに残されていた
そして、そのお隣には国宝「鑁阿寺(ばんなじ)」、参道には
160716-151158-足利 (457)_R
時をかける街並みが続く
160716-145203-足利 (404)_R
「茂右衛門蔵」は安政5年建築
160716-144708-足利 (383)_R
昭和代表「松村写真館」
160716-145351-足利 (420)_R
明治代表の民家と蔵
160716-151220-足利 (461)_R
160716-151231-足利 (466)_R
「松村記念館」は先日テレビで大々的に紹介されていた
160716-143944-足利 (361)_R
これだけのお宝参道があって、いいんですか?足利尊氏さん?
160716-145332-足利 (416)_R
いいんだよ、と声が聞こえた

トリはやっぱり「鑁阿寺」
160716-151342-足利 (480)_R
160716-151735-足利 (508)_R

記事が、長くなってしまう

足利 時をかける街並み③

JR足利駅は昭和初期に建てられた歴史ある駅舎、
160716-123655-足利 (121)_R
けれど全く古さを感じさせないその姿は、私には少し残念に思えた

駅前にあったラーメン屋「松」さんにはほぼ偶然出会ったわけだけど
160716-130045-足利 (140)_R
ここの醤油ラーメン、最高に美味しかった~
160716-124936-足利 (130)_R
スープがすっと飲める、一切のえぐみや臭みが全くなく
あっという間にスープを飲み干す
160716-125009-足利 (136)_R
嬉しい、ほんと嬉しい出逢いに感謝

駅周辺にはなかなかのお店が多い
160716-131325-足利 (172)_R
年季の入ったタバコ屋さん
160716-131330-足利 (173)_R
山になっている場所にぽっかりと顔を出している、蔵?かな
160716-132045-足利 (188)_R

ここは何者かはわからなかったけど、そうとう格式の高い料亭なのかもしれない
160716-130253-足利 (149)_R
後ろ姿がこうですから
160716-132809-足利 (198)_R
そろそろこの街の中心でもある「足利学校」に向かうと

蔵が、そして石壁が私を迎えてくれた
160716-134515-足利 (226)_R
160716-134530-足利 (229)_R

これが足利学校?かな
160716-134612-足利 (235)_R


足利 時をかける街並み②

「東武足利市駅」
160716-115534-足利 (3)_R
東京から足利に出るには、両毛線のJR足利より、東武の方が確実に早い
昭和初期に造られた3連橋で
160716-115859-足利 (17)_R
渡良瀬川を渡り、
160716-171341-足利 (743)_R
数分で足利市の繁華街にたどり着く

ある意味、迫力満点な建物がぞろぞろと姿を現してくれる
160716-120845-足利 (44)_R
こちらも
160716-121249-足利 (59)_R
これも、看板建築
160716-121903-足利 (76)_R

東京から離れた町に出かけて、いつも悩むのが昼食
せっかくだから地元の名物を頂くか、それとも大好きなラーメンにこだわるか、

この建物を見て「よし、今日は地元の味を楽しもう」と
160716-122025-足利 (83)_R
160716-122253-足利 (87)_R
心に決めたものの
160716-122338-足利 (90)_R
手内の雰囲気は昭和そのもので
160716-122405-足利 (91)_R
ピラフを頂こうと思って「こんにちは」と声をかけても、どなたも現れなかった
160716-122422-足利 (93)_R

残念ながらこの店を出て、kozoh55はラーメン店を探した


足利 時をかける街並み①

看板建築「松村写真館」昭和初期だろうか
160716-145347-足利 (419)_R
斜め向かいの建物、
160716-150448-足利 (438)_R
こちうらも昭和初期
160716-150444-足利 (437)_R
明治時代の民家
160716-151220-足利 (461)_R
その脇の蔵
160716-151225-足利 (462)_R
そして、さりげなく、鎌倉時代に造られた「鑁阿寺(ばんなじ)」
160716-151735-足利 (508)_R

時をかけてきた街
160716-151936-足利 (513)_R
足利を紹介します