下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

池袋 猫ぶくろ 番外編

過去の池袋の記事から、この街がいかに「猫袋」なのかが、
知ってほしくなりました。

夫婦、じゃないでしょう
130303-163801_R.jpg
意思強し
150312-164614_R.jpg
お前らいつも塀に上っているのか?
130303-142236_R.jpg
塀、そうか、サンシャイン60は巣鴨プリズン、塀がある拘置所だったんだ~
関係なさそう、(笑)

うぉい、危ないぞ~
130303-165424_R.jpg
小さくても猫
130303-153350_R.jpg
大きくても猫
150312-164856_R.jpg
池袋に在住されていた「熊谷守一」さんの美術館には

愛らしい猫作品がいっぱい
160427-231659_R.jpg
160427-231642_R.jpg

そういえば、「アトリエ村」はこんな風だったようですね
130303-123745_R.jpg

池袋 猫ぶくろ③

ここが、たぶん「桜ケ丘パルテノン アトリエ村」の跡地なんだろう。
160419-162354_R.jpg
これがその「時のかけら」か?
160419-162412_R.jpg
八重桜はほんと優しげで、嬉しい
160419-162431_R.jpg
染井吉野を見逃した人にも、優しい

川が暗渠化されたのか、もう、水もないのか
160419-164915_R.jpg
ただ、少しお隣に見える建物が、私には「アトリエ村」風に思えて仕方ない

ブロック塀も、その古さが只者ではない
160419-165027_R.jpg
「西池袋マート」
160419-165407_R.jpg
いつ役割を終えたかもわからないこの建物に
160419-165443_R.jpg
無常感と、愛着を覚えたkozoh55

「自由学園明日館(みょうにちかん)」
160419-174126_R.jpg
国の重要文化財、大正10年建築、フランクロイド・ライト氏の設計、

私にはこの建物も「パルテノン」に見えたのです
160419-174135_R.jpg

ええっと、猫袋はどうした。
160419-164726_R.jpg
逃げちゃったら、記事にならないよ、ねえ君
にゃんこ先生みたいだよ、脚が、

池袋 猫ぶくろ②

池袋から要町周辺を歩いていると、この街の歴史に触れることが出来る
160419-150921_R.jpg
民家に張り付いている神様は、

驚くほど歴史があるもので
160419-150936_R.jpg
美しいのだ
160419-150951_R.jpg

そのすぐ脇には、「アトリエ村跡」がひっそりと、、、
160419-151359_R.jpg
アトリエ村出身の作家の作品が堂々とそこにおあした。
160419-151507_R.jpg

猫は?猫袋は?
160419-164524_R.jpg
160419-164552_R.jpg
忘れられない表情
160419-164558_R.jpg

池袋 猫ぶくろ①

ご承知の方も多いと思いますが、昭和初期に要町を囲む形で
「長崎アトリエ村」という芸術家の卵達を育成するための
アトリエ付きアパートが存在していたのです。
ふとその足跡を歩いてみたくなりました。2度目の訪問です。

池袋駅西口を要町に向かって歩くと
160419-141814_R.jpg
クリスマスツリーが現れて、「へー」と感じて

その先に「ときわ銀座」なる商店街があることを知りました。
160419-142531_R.jpg
もちろん、静かな街
160419-142810_R.jpg
いや、少し派手だよ
160419-142704_R.jpg
暗渠化された川には、橋だけが美しい姿で残されている
160419-143451_R.jpg
川に面して商店街があったのだろうか
160419-143842_R.jpg
「トキワ」という地名がよく見られる。かの漫画家たちが集まったときわ荘跡もすぐ近く
160419-145144_R.jpg
160419-145636_R.jpg
君、なんだか野生っぽくなかい
160419-150458_R.jpg
邪魔だって、はいはい了解です
160419-150509_R.jpg