下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

日光御成街道 川口宿の面影④

自分で言うのもなんですが、川口では建物との出会いが全てでした
160211-154540_R.jpg
川口神社もなんというか、上品であります
160211-154529_R.jpg
160211-154552_R.jpg
美しく残されているということの意味
160211-154833_R.jpg
前を向いている狛犬を見ると
160211-154944_R.jpg
「ああ、本格的だな」って思ってしまう私、乃木神社訪問以来、
そう感じるようになりました。

川口神社のすぐそこで発見しました
160211-155143_R.jpg
根岸の「鍵屋」さんじゃないですけど
160211-155310_R.jpg
こんな建物で居酒屋を始めたら
160211-155431_R.jpg
私はすぐに飲みに行きます

そのまたすぐ近くの民家の中に埋もれている建物
160211-160747_R.jpg
現川口市母子・父子福祉センター、旧「鋳物問屋鍋平別邸」
160211-160723_R.jpg
ぶらっと歩いていて、こちらを見つけた時は
160211-160956_R.jpg
もう、施設の営業は終了していました、残念

でも、また訪れる楽しみが増えました。
ここと、旧「田中邸」とをセットで見に行くしかありませんね!

それにしても、大名屋敷のような門構えに、やっぱり驚きますねえ
160211-162734_R.jpg
君は、大名じゃないよね
160211-161048_R.jpg
JR川口駅前にも
160211-164954_R.jpg
古い建物がちょっぴり居たりするのです
160211-165007_R.jpg
街灯も、古いのが残っています、戦後まもなくに作られたもの
160211-164731_R.jpg

駅に到着、そうでした、この街にはデパートが存在しているのです
160211-173135_R.jpg

いかがだったでしょうか、川口、私は楽しめて幸せ。
次回はもっと入り込めそうですよ

ご訪問くださった皆様、ありがとうございます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

日光御成街道 川口宿の面影③

川口の最古参の商店街も、現在の主役は駅周辺へと移り変わり
160211-150256_R.jpg
寂し気な風情も感じられるものの
160211-150331_R.jpg
路地の先には大名屋敷の門を移設したかのような迫力があり
160211-150550_R.jpg
どうでしょう、この姿
160211-151216_R.jpg
美しさといったら
160211-151634_R.jpg
川口と言えば、江戸時代から続く「鋳物」工場、キューポラのある街、
そんな印象からすると、
160211-151914_R.jpg
こういった、工場(こうば)がたくさんあるイメージで
160211-151926_R.jpg
「株式会社長瀬留十郎工場」創業明治4年。まさに鋳物屋さんだった。

蔵も、この古い商店街に寄り添っていました
160211-152330_R.jpg
160211-152603_R.jpg
君は、川口が似合う?似合わない?
160211-150811_R.jpg
はいはい、余計なお世話でしたね。
160211-150816_R.jpg

日光御成街道 川口宿の面影②

戦後の建物だと思える看板建築
160211-145208_R.jpg
これは、明治まで遡りそうな、現役薬局
160211-145449_R.jpg
「ナカニシ薬局」さん
160211-145512_R.jpg
こういう壁の部分が歴史を感じさせてくれる
160211-145520_R.jpg
蔵ももちろんあります
160211-145639_R.jpg

日光御成街道からちょっと路地を入ると、大きな門が目に飛び込んできて
160211-145918_R.jpg
この煉瓦塀は、古い、たぶんとても古い
160211-145941_R.jpg
そして美しいのよ~
160211-145953_R.jpg
煉瓦は塀だけでなく、建物として残されていました
160211-150024_R.jpg
160211-150112_R.jpg

その先に見えるもの、まごうことなき「洋館」
160211-150036_R.jpg

川口宿の名残とは、このことなんだろうか。


日光御成街道 川口宿の面影①

埼玉県の鳩ケ谷と川口に行ってきました。共に日光御成街道の宿場町。
まずは川口から

埼玉高速鉄道「川口元郷」駅は地下鉄ゆえに見逃してしまうような小さな入口で
160211-140518_R.jpg
そこからJR川口駅方面に歩みを進めると、
160211-140954_R.jpg
レトロな建物がさりげなく街を「闊歩」し始め
160211-141012_R.jpg
いきなり横綱級の建物に出会う、「福田洋品店」さん
160211-141316_R.jpg
銅板の看板建築の
160211-141405_R.jpg
なんと美しいことか
160211-141410_R.jpg

その先の通りは静かそのもの
160211-145156_R.jpg
けれど、この通りこそが「日光御成街道」で
160211-150520_R.jpg
川口で一番歴史のある商店街「本一通り商店街」そして、
川口宿の中心、「本陣跡」のある地なのです

駄菓子屋さんに入ってみると、
160211-145140_R.jpg
とことん
160211-143951_R.jpg
懐かしい風景と
160211-143946_R.jpg
160211-144301_R.jpg
ご主人が「昔のお菓子はチョコといっても、チョコじゃないものも使っていてね」と
160211-144513_R.jpg
よく遊んだ風船がそこにはあって
160211-144318_R.jpg
ご主人がこの機械で煎った手作りお菓子がいっぱいの
160211-143838_R.jpg
美味しいお店だったので
160214-203040_R.jpg

kozoh55の大人買いが始まりました