下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

越ケ谷宿 そっと通してください④

越ケ谷宿の夕暮れ風景達

「横田診療所」
160115-171720_R.jpg
玄関先が昭和そのもの
160115-172329_R.jpg
別な建物、ですね
160115-173703_R.jpg
160115-173434_R.jpg
この「富士」ブランドの自転車は日本では存在しない
160115-173727_R.jpg
けれど、アメリカでフジブランドは残っているそうだ
160115-173744_R.jpg

蒲生、そして越ケ谷宿、いかがだったでしょうか。
一日でここまで歩いてみたら
なんと素晴らしいライブラリーが出来上がったことか
自画自賛というより、
それだけ素晴らしい街並みとの出逢いがあった
そんな気持ちです
けれど、越ケ谷塾ではこれほど貴重な建物がありながら
どの商店ももちろん現役ですので
お宝いっぱいだろう店内をあまり見れなかったことが
ちょっぴり残念です
特にあの「木下半助商店」さん
いつか見れる日が来るといいですね。

ご訪問くださった皆様、感謝申し上げます。
蒲生の日の出商店街を紹介してくださった日本全国冒険紀行のkshun10さん、本当にありがとうございました。
皆さま、またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

越ケ谷宿 そっと通してください③

「そっと通してください」と、思わず口ずさんでました
160115-155743_R.jpg
いつからあなたはその姿でしたか?「鍛冶忠」様
160115-153259_R.jpg
160115-160511_R.jpg
越谷宿ではなく「越ケ谷宿」と書かれている、直さなくては
160115-160419_R.jpg
伝統的な店先

こんな看板建築はデザインは見たことがない
160115-161410_R.jpg
うだつが上がる上がる
160115-162048_R.jpg
美しかったのさ~
160115-162745_R.jpg
夕暮れの時を迎える元荒川
160115-170032_R.jpg

越ケ谷宿 そっと通してください②

どう説明したらいいのか、この街
作られた名所ではなくて、あるがままな姿

2階の窓が飛び切り美しい
160115-151021_R.jpg
そして、ちゃんと古い

こんな現役?の病院が史跡の看板も建てることがなく、そこにあること
160115-151141_R.jpg
「横田診療所」
160115-151350_R.jpg
以前、越谷郵便局だった
160115-151307_R.jpg
それは、昭和初期などとは次元の違う建物がこの街にはあるからなのだろう

登録有形文化財「木下半助商店」
160115-152158_R.jpg
この土蔵は明治末期建築

美しい姿の石倉は明治42年建築
160115-152912_R.jpg
まさに鰻の寝床のように建物が続く
160115-152325_R.jpg
母屋は、しっぽの方にあり、窓廻りが美しい
160115-152330_R.jpg
普通に生活なさっているので、建物内部は見れない、残念

木下半助商店の向かいにも、グレイトな建物が
160115-153048_R.jpg
「小泉」の文字が戦前のものだと教えてくれる
160115-153059_R.jpg
どうしたらこれほど美しい姿で
160115-153117_R.jpg
保存することが出来るのか
160115-153128_R.jpg
この煉瓦の壁は、建物だったろうか、うだつだったろうか
160115-153137_R.jpg

越谷宿、出逢えたしあわせ

越ケ谷宿 そっと通してください①

蒲生駅から電車に乗って北へ
東武線「越谷」駅、西口を出て、ここにもまたスペシャルな街並みが広がっている

旧日光街道越谷宿
160115-145308_R.jpg
いきなりの看板建築のお総菜屋さんには
160115-145630_R.jpg
あの「ハムカツ」
160115-145645_R.jpg
メンチカツ命だったkozoh55は、
最近はハムカツにも愛を注いでいるのです
160115-145710_R.jpg
ただ、越谷はこの写真の街だと、
160115-145814_R.jpg
歩けば歩くほど気が付いてきます
160115-150403_R.jpg
歪んで映し出される、窓ガラスは、戦前のものでしょう
160115-150411_R.jpg
別な建物、すっとそこに佇む
160115-150815_R.jpg
いつから時間は止まってくれたのだろう
160115-150824_R.jpg

続きます