下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

熱海 今も昔も憧れて②

最後の記事です、「熱海 時のかけら」

柿、好きでしょう?
熱海201601 (371)_R
「熱海銀座通り」
熱海201601 (354)_R
「起雲閣」に引き戻されて
熱海201601 (299)_R
なぜか店名は「べるばら」
熱海201601 (787)_R
君はライオンちゃんだよ
熱海201601 (759)_R

夜の温泉街
熱海201601 (634)_R
色のある街
熱海201601 (650)_R
ザ・廃墟
熱海201601 (659)_R
街には表と裏があります
熱海201601 (675)_R

必ず朝はやってくる
熱海201601 (699)_R
熱海201601 (707)_R
ここには何があったのか、看板か?知ってたら教えてほしい
熱海201601 (931)_R
地元の方が教えてくれたお店
熱海201601 (925)_R
「80歳過ぎているおばあちゃんが一人でやっている、熱海の古い現役ジャズ喫茶よ」
お正月休みは残念、けど、また行けるだろうし

最後はちゃんと猫ちゃん、しりカワイイ
熱海201601 (576)_R
熱海201601 (507)_R
熱海201601 (586)_R
熱海201601 (502)_R
いやこれ、洟垂れているわけじゃないですから
熱海201601 (613)_R
熱海の猫ちゃんはノラちゃんもどこか気品があるらしい
熱海201601 (582)_R

あ、新年早々、楽しかった熱海です
これ以上のコメントは必要ないですね
もちろん再度訪問しますとも!

たくさんの方にご訪問・コメントいただき感謝でございます
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

熱海 今も昔も憧れて①

名物温泉宿、贅を尽くした別荘、旧色町、
いや、熱海の魅力はまだまだありました~

熱海の街を上から望む「来宮神社」には
熱海201601 (378)_R
この街を2000年守り続ける「大楠」がおわしました
熱海201601 (389)_R
翌日訪れた「伊豆山神社」には
熱海201601 (986)_R
急な階段が神社から海まで続いています

そして、ここには日本最初の武家政権を作った「源頼朝」が
熱海201601 (1023)_R
のちの妻となる「北条政子」と逢引きしていた場所でもあるんです

伊豆山神社があるこの地は「伊豆山温泉」と呼ばれ、歴史は熱海より古く、
道後温泉、有馬温泉と共に日本の3大温泉と呼ばれていたそうです

だからでしょう、こんな洞窟湯があるのですから
熱海201601 (1047)_R
撮影できたのはここまでで、この際には温泉が噴き出しており
神様も祭られていました。
熱海201601 (1053)_R

看板建築群がどれもこれも丁寧な造りで
熱海201601 (327)_R
惚れ惚れしてしまっていいでしょうか
熱海201601 (334)_R
熱海201601 (336)_R
「東海利器更生所」さん、あなたは何屋さんだったのでしょうか?謎です
熱海201601 (409)_R
熱海201601 (414)_R

熱海 色町・花街 何処にて②

この周辺をじっくり歩くと、ほかにも往時の名残と思える建物に
いくつも、いくつも、出会えました
熱海201601 (766)_R
熱海201601 (765)_R

少し離れた所には料亭としての格式ある風情があり
熱海201601 (804)_R
後姿もなかなかなものです
熱海201601 (799)_R

現役のタクシー会社の建物
熱海201601 (441)_R
惚れ惚れとして、立ち尽くしてしまった私は、不審者だったでしょう
熱海201601 (445)_R
翌日、この老舗タクシー会社、何度も利用しましたドライバーさんみな親切で

ネットでは、「千笑」という屋号か残された赤線系の建物が熱海にあると紹介されていました
それも、この中央町で、、、、見つけられなかったんです、が、見つけました

ここに聳えていたんでしょう、
熱海201601 (743)_R
解体されて、空き地のみ残されています
熱海201601 (742)_R
もう1年早く熱海を訪れていたら、出会えたのかもしれません

けれど、私は決めたのです、今日出会った建物を、街並みを
出会えたことの幸せに感謝しようと

熱海 色町・花街 何処にて

いつか熱海に行きたいと思っていた理由の一つは、
ブログの先輩が赤線時代の建物の名残を紹介していて、
なかなかの迫力だったからです、さあ、宝探しの始まりです

ブログ情報では、熱海駅から銀座通りなどがある熱海の中心街の少し先に
「中央町」という地名があり、そこに残されいる
銀座通りの少し先の左側に見えてきた風景、飲み屋街、
熱海201601 (417)_R
歩いていくと、なかなかな迫力の寿司屋さん
熱海201601 (418)_R
その奥、右側に連なる建物は、
熱海201601 (424)_R
この壁の意匠が、まさに赤線系というか、いや、曲線が美しくて

読めますか「つたや」という屋号が、
熱海201601 (421)_R
熱海201601 (423)_R
正面から望むと、kozoh55はすぐに確信しました、これがお宝だと
熱海201601 (430)_R
熱海201601 (432)_R
さらに、ふと振り返ると、これまた出会ったことのない姿が
熱海201601 (478)_R
そこにひっそりと
熱海201601 (731)_R
気が付かない風で、おりました
熱海201601 (732)_R

あれ、youはなぜここに?
熱海201601 (518)_R

熱海 3大別荘 起雲閣②

昭和になり、昭和25年熱海大火で焼けることなく残されたこの建物群は、
別荘から旅館として生まれ変わる。
熱海201601 (164)_R

利用客は明治・大正・昭和の文豪たち
熱海201601 (167)_R
山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治らが
熱海201601 (175)_R
この場所で執筆し、傑作を生みだしたそうです
熱海201601 (178)_R
この場所ならkozoh55にも傑作が書ける!わけはないです

特別室でしょうか
熱海201601 (185)_R
熱海201601 (193)_R
熱海201601 (209)_R
暖炉、本物です、下から覗いたら煙突に繋がってましたから
熱海201601 (198)_R
はあ~と驚きのため息をついていたら、また出てきました

「ローマ風呂」
熱海201601 (211)_R
どれだけのおもてなしだったのか
熱海201601 (215)_R
細部のパーツは現在の材料で再生されているようですが
熱海201601 (220)_R
熱海201601 (230)_R
当時のものそのままと思えるものもいっぱいありました
熱海201601 (214)_R
熱海201601 (232)_R

起雲閣の美を紹介すると、尽きることがありません、
明日はいったん離れ、熱海市街に移動します