下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

品川宿 東海道が走る素敵街⑤

更に南へ
品川宿201512 (347)_R
ふと脇道に逸れると、立会川の商店街

しみじみ、入ってますねこの街も
品川宿201512 (349)_R
なぜ坂本龍馬像がここに?
品川宿201512 (352)_R
まあ、江戸の警備で、土佐藩士として異国船から江戸を守ろうと、ここに来たんだそうだ

いやー、商店街が始まり
品川宿201512 (354)_R
大きな道を挟んだ向こうの看板の先には

時間が止まったような街が、そこにあったのね
品川宿201512 (364)_R
更に南で出会った古風な建物は、不思議な風で
品川宿201512 (377)_R


更に南に行くと、旧東海道と現在の国道15号線が交わる場所に今も残されている
「鈴ヶ森処刑場跡」
品川宿201512 (388)_R
八百屋お七さん、天一坊など、ここで火あぶりや、磔刑に処されたのだ
品川宿201512 (395)_R
処刑場の近くには「泪橋」が、今も残されている

旧東海道沿いに戻って
品川宿201512 (401)_R
こんな美しく、まるで看板建築のひな型かのように整った姿を見て
品川宿201512 (405)_R
感謝、感謝
品川宿201512 (402)_R

そして、最後に見た「泪橋」
品川宿201512 (432)_R
ここから先は、処刑者の家族は通ることが出来ない
品川宿201512 (433)_R
泣きながら見送った場所は、その姿をこうして残してくれている

いかがだったでしょうか、品川宿、2度目の紹介、
平日の来たので、お店が一杯営業していて
嬉しかったです~
品川宿は今も生きていて、街の人は、
このしみじみとして風情の街並みを楽しんで
たぶん愛しているんだろうなと
改めて感じた今回の旅

そして、忘れられないおはぎとの出会いの街

ご訪問くださった皆さん、感謝申し上げます
またぜひ遊びにいらしてください

kozoh55

品川宿 東海道が走る素敵街④

根性座った「にゃん」がいました
品川宿201512 (261)_R
根性座った畳屋さん「松岡」さんも発見
品川宿201512 (296)_R
この看板も、いい
品川宿201512 (299)_R
気が付くと「青物横丁」に到着
品川宿201512 (301)_R
ここに来たからには、現役でありながら、明治42年建築という
品川宿201512 (302)_R
竹内病院さんに、あいさつしなきゃ、素敵らしい待合室に入ってみたい

品川寺の大仏さんは、案外と大きくて、目に飛び込んできました
品川宿201512 (313)_R
ここ看板も、私の瞼に焼き付いてしまって
品川宿201512 (317)_R
「八百寿」さんは飲み屋さんのよう

由緒正しき、ここは「海雲寺」
品川宿201512 (323)_R

品川宿 東海道が走る素敵街③

長い時を刻んだ建物たちが
品川宿201512 (114)_R
いっぱい
品川宿201512 (132)_R
品川宿201512 (133)_R
「星野金物店」さん
品川宿201512 (139)_R
銅板建築とタイルの組み合わせ
品川宿201512 (149)_R
パーツ一つ一つ
品川宿201512 (145)_R
ぜひ、見てほしくなります
品川宿201512 (158)_R
路地も魅力的な街
品川宿201512 (200)_R
看板建築群
品川宿201512 (243)_R
品川宿201512 (246)_R

「品川宿」の中心地
品川宿201512 (244)_R
そして、「本陣」跡
品川宿201512 (241)_R
そう、品川宿、品川の街は今の場所より、ずっと南にあったのだ
旧品川宿の北にあるから「北品川」
地名の不思議は、面白い

品川宿 東海道が走る素敵街②

ふっと振り返って街を眺めたら
品川宿201512 (81)_R
威風堂々たる、戦前のものと思われる銅板の看板建築に出会う
そう、この建物が、、私が旧東海道に足を踏み入れたことを教えてくれた
品川宿201512 (83)_R
この屋号は、「連(むらじ)」なのだろうか、それとも普通に「連(れん)」なのか

旧東海道、ここに始まる
品川宿201512 (91)_R


新しい出会い、右から左へ読んで「桝翁軒」さん
品川宿201512 (106)_R
6代目が営む和菓子屋さん、もちろん江戸時代からのもの

このおはぎは只者ではなかった
品川宿201512 (93)_R
伝わるだろうか、この柔らかさと、ストレートな「おはぎ」感
品川宿201512 (96)_R
江戸時代から受け継がれた作り方をシンプルに受け継いだこのおはぎは、
どこか私は、すべてを超越した美味しさ感じて

しみじみと店内を眺めさせてもらったのだ
品川宿201512 (100)_R
次は田舎饅頭にしようっと!
品川宿201512 (104)_R

品川宿 東海道が走る素敵街①

地名や駅名には、不思議なことが多い。
京浜急行線北品川駅は、JR&京浜急行品川駅よりも南にある、なのに「北品川」

その意味を確認すべく、品川駅を降りる
品川宿201512 (3)_R
なんと立派な駅なのか、そうだ、この駅には新幹線が止まるからか

ちっちゃい商店街をくぐって
品川宿201512 (6)_R
いざ北品川駅方面へ

巨大なビル群を通り、
品川宿201512 (11)_R
その先には
品川宿201512 (13)_R
しみじみとした風景が見えてくる
品川宿201512 (19)_R
都心にぽっかりと浮かぶ建物
品川宿201512 (39)_R

品川宿201512 (43)_R
近づいて出会ったのが、この「路地」
品川宿201512 (52)_R
品川宿201512 (56)_R
美しいと言えば足りるのだろうか、
品川宿201512 (62)_R
いやあ、足りないです
品川宿201512 (63)_R
そうだ、古いプランターは、こんなコンクリート製だったな
品川宿201512 (61)_R

もうすぐ、北品川