下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

熊谷 中山道 かけら探し⑥

上熊谷駅周辺を離れ、熊谷駅方面に戻ると
熊谷201511 (152)_R
この街の古びた風な
熊谷201511 (146)_R
姿が一杯だこと
熊谷201511 (143)_R
蛇行した美しい道のりの先に見つけたもの
熊谷201511 (131)_R
こんなお店や
熊谷201511 (122)_R
歴史ありげなビル
熊谷201511 (107)_R
「いや、ここは戦後の建物なんですよ」
熊谷201511 (103)_R
「うちのおばあちゃんが言っていたんですけど」
熊谷201511 (101)_R
この道のこっち側は戦争で焼けてしまい
熊谷201511 (94)_R
向こう側は焼け残ったんだそうです
熊谷201511 (93)_R

話題の戦災を受けたなった、向こうの風景、どおりで昭和大正ロマン看板建築
熊谷201511 (127)_R
見つけた喜びですね
熊谷201511 (67)_R
熊谷201511 (64)_R

いかがだったでしょうか、熊谷。
人口20万人の首都圏近郊のまちには
古き良き伝統・街並みは残されていたんです
無くなったという商店街も
今も、しっかりと呼吸をして
存在感ここにありきでした

またお邪魔したい街です
訪問くださった皆様、感謝でございます
またぜひ遊びにいらしてください

kozoh55

熊谷 中山道 かけら探し⑤

JRの線路を渡り上熊谷駅近くをぶらりしたが
熊谷201511 (295)_R
そこには渋い建物と
熊谷201511 (294)_R
優しい風な銭湯があるだけでした
熊谷201511 (292)_R
そして住宅街の中に姿を残すこの広い道が
熊谷201511 (238)_R
この街の過去の役割を教えてくれたんですね

秩父線、「上熊谷駅」
熊谷201511 (221)_R
suikaなど使えるわけもなく
熊谷201511 (226)_R

上熊谷商店街
熊谷201511 (199)_R
この豪邸はいったい何者だったのだろう
熊谷201511 (186)_R
熊谷201511 (189)_R
ミステリーかな

熊谷 中山道 かけら探し④

旧中山道の「一番街商店街」から秩父鉄道の上熊谷方向に向かう、
ネット情報では、JRの線路の先に、戦前・戦後色町があったとされる地

その手前側で見えてきた風景
熊谷201511 (373)_R
料亭だろうか
熊谷201511 (367)_R
「湯河原」という看板、中を見てみたかったな
熊谷201511 (364)_R
「お酒 焼鳥 珍豚美人」と読めるが、、面白い
熊谷201511 (358)_R
甘味処も
熊谷201511 (350)_R
熊谷の歴史あるお店の文字は美しい
熊谷201511 (345)_R
看板建築、作られた当時から変わらない姿なのだろう
熊谷201511 (324)_R
そうか、「文化町」という街だったのか
熊谷201511 (342)_R
はっはっは、騎馬っているね、君は
熊谷201511 (301)_R

熊谷 中山道 かけら探し③

ふと、旧中山道から路地に入り
熊谷201511 (471)_R
「ああ、僕はこの風景に出会いたかったんだ」と
熊谷201511 (465)_R
戦前の看板建築は、字体が、文字が美しい
熊谷201511 (462)_R
熊谷201511 (455)_R
向かいにはこれまたしみじみ系の銭湯
熊谷201511 (447)_R
「朝日湯」さんの
熊谷201511 (437)_R
装飾が美しいのだ
熊谷201511 (440)_R
熊谷201511 (425)_R
現役でしょう、この「湯」は
熊谷201511 (434)_R

出会いたかった風景との出会い、毎回あるわけでなく
ない方が多いかもしれない
だからこそ、こんな狭い路地で出会ったものの価値が
私にはダイヤ以上に輝いて見える
まだ「熊谷」の記事は終わってない、、、

熊谷 中山道 かけら探し②

旧中山道は、この立派なデパート「八木橋」さんのところで
熊谷201511 (510)_R
国道17号線と分かれ、なんとこの八木橋さんの建物の中を抜けていく

裏側の入口から見える通路が、「旧中山道」
熊谷201511 (500)_R

ここから先が、熊谷の旅の本番の始まりかもしれない
熊谷201511 (496)_R
「一番街商店街」ゆっくり曲がる姿は、まさに「街道をゆく」風情
熊谷201511 (494)_R

まずは、床屋さん「リハツ 中澤」
熊谷201511 (490)_R
脇に立つこの姿が、たまらない
熊谷201511 (474)_R
熊谷201511 (480)_R
店内は、時間が止まっているようにも感じたけど、現役だと思う
熊谷201511 (487)_R

静かにおっちゃんこして佇んでました
熊谷201511 (420)_R
この子も、そして営業中だと
熊谷201511 (412)_R
なぜ、私はここでラーメンを食べなかったか?少し後悔
熊谷201511 (411)_R
側面の看板を見ると、八百屋さんだったことがわかります
熊谷201511 (404)_R
渋いなあと、
熊谷201511 (397)_R
「チウインガム、食べたい」
熊谷201511 (394)_R

そして、路地にて、一つの出会いに巡り会う