下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

横浜天王町 松原商店街繁盛記③

いや~商店街の繁盛ぶりを見ていたら、昼食を取り忘れそうになったのを

思い出して入ったお店「光家」さん
天王町201510-2 (51)_R
横浜はやはり家系でしょう
天王町201510-2 (59)_R
この姿、ほうれん草、麺、まさに家系
天王町201510-2 (62)_R
言葉にすると簡単な「醤油とんこつ」となるのだけど
家系のスープは姿も味わいも複雑な感じで、それまた好き

なんで松原商店街は繁盛しているの?
特別変わったお店があるわけでないけど、そんな気持ちで街を歩くとヒントが、、

小奇麗な魚屋さんに近づいてみると
天王町201510-2 (122)_R
なんといきのいいお魚たちだこと
天王町201510-2 (123)_R
この街の商店は常に競い合っているんだなあと

えー松原名物「焼き豚」これはこの店が決めた事じゃないかな
お店の方々が名物を作り出す逞しさも繁盛の秘訣
天王町201510-2 (114)_R
自由に作っておいしいものをお届けする再び「ヨコハマデリカ」さんへ
天王町201510-2 (158)_R
「焼き豚がこの街の名物なんですか?」とお店の方に質問したら
天王町201510-2 (129)_R
言葉より早くお肉を切り始め
天王町201510-2 (150)_R
たっぷり特性ダレが乗った子供?達を
天王町201510-2 (146)_R
試食させてくれました~

これも特性の牛丼
天王町201510-2 (139)_R

はい、特製豚丼1丁、特製牛丼1丁、お持ち帰りました。
作ってくださった、現役プロ歌手の「わかつき和也」さん、ごちそうさまでした。
やばおいしかったです~
天王町201510-2 (152)_R

横浜天王町 松原商店街繁盛記②

天王町シルクロード商店街の先に、また商店街が見えてくる
天王町201510 (123)_R
なんだあ、人がたむろしている、お祭りか?
天王町201510 (133)_R
二つの商店街を挟む太い道、これがシルクロード、現在の16号線
天王町201510 (134)_R
いやあ、普通の道ですわ

「気やすさ、やすさのまつばら商店街」好きですね、このキャッチコピー
正直というか、フランクというか、
天王町201510 (128)_R
さあ、商店街の中へ
天王町201510-2 (6)_R
「まつばらセンター」
天王町201510-2 (21)_R
「ヨコハマデリカ」さん
天王町201510-2 (15)_R
揚げたてスタイルですから~
天王町201510-2 (11)_R
ちょっと静かめの商店街の先には、
天王町201510-2 (32)_R
どーんと、またお客様がうようよ、いるわいるわ
天王町201510-2 (33)_R
お祭りでも何でもない土曜日
天王町201510-2 (38)_R
商品が売り切れると、箱を上にぶんなげて、繁盛感アップップ(自分で意味わかりません)
天王町201510-2 (43)_R
ここも繁盛、掛け声大きい、いらっしゃいませがこだま
天王町201510-2 (67)_R
どや
天王町201510-2 (78)_R
どや
天王町201510-2 (80)_R
どうや
天王町201510-2 (76)_R

すごい熱気の街、商店街だ

横浜天王町 松原商店街繁盛記①

「横浜」「下町」でネットで調べると、
相鉄線の「天王町」駅が出てきたので、訪問

駅を降りるといきなり商店街が始まる
天王町201510 (16)_R
駅直結の八百屋さんなんて、いいじゃありませんか
天王町201510 (18)_R
商店街名が「シルクロード天王町」
天王町201510 (27)_R

その言葉の由来は?
天王町201510 (73)_R
駅から数分の地に聳え立つ「橘樹神社」12世紀に創建された歴史ある神社
天王町201510 (63)_R
そこに祭られていた「牛頭天王」に親しみを込めて、
「お天王さま」と呼ばれていたことから
天王町201510 (43)_R
この地名になったという

シルクロード、現在の国道16号線の一部が、
明治時代、日本最大の輸出品「絹」を運ぶ道だったのだ

そしてこの道は、知る人ぞ知る「旧東海道」
天王町201510 (106)_R
この地から天王町駅の向こうまで、ずっと「保土ヶ谷宿」なんだそうです
知らなかった~

けれど、というか、なんだかこの町、
天王町201510 (77)_R
下町ックなだけじゃなくて

お洒落な感じ
天王町201510 (29)_R
さりげなく漂ってましたよ~
天王町201510 (30)_R
お茶屋「又兵衛」さん
天王町201510 (105)_R
店内に入ると華やかさが飛び込んできて
天王町201510 (92)_R
天王町201510 (91)_R

試食でいただいた「宇治抹茶あめ」かわいいし
天王町201510 (95)_R
上品な甘さ

女性のご主人さんがオリジナル商品を魅力を丁寧に紹介してくださり
天王町201510 (82)_R
いやあ、この抹茶のパッケージは
こちらのお嬢さんのデザインとのこと、

この絵は女主人さん作ですよ
天王町201510 (103)_R
ご家族みんなでお茶屋さんとして、盛り上げていますね
ありがとうございました