下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

京都 夢のまた夢 インクライン

南禅寺界隈に4時間以上居たでしょうか、さあ、もう帰ろうと思った時、
京都南禅寺201509 (11)_R
いやまてよ、この煉瓦のトンネルの上には何かがあるんじゃないかと、

そしてまた出会いがありました
京都南禅寺201509 (468)_R
レール固定用の鉄道釘が、まじ古いという事だけはわかったのです
京都南禅寺201509 (472)_R
「インクライン」
京都南禅寺201509 (485)_R
明治時代運送業の主役は水運・海運
京都南禅寺201509 (496)_R
水路に段差がある場合など、この幅広レールで、船が運ばれていったのだろう

たぶんここは、水路閣の上流。
京都南禅寺201509 (481)_R
日本の水道管の技術ったら半端なく大きく、美しい

こうして明治な風景が残っていく
京都南禅寺201509 (492)_R
この1枚だけでも、「来てよかった」とkozoh55
京都南禅寺201509 (494)_R
これは、
京都南禅寺201509 (498)_R
水力発電の事務所ではなかろうか
京都南禅寺201509 (500)_R
京都南禅寺201509 (509)_R

うーん、入りたかったな、この発電所の洋館。
[ 2015/09/17 01:55 ] 京都 夢のまた夢  | TB(0) | CM(4)

京都 夢のまた夢 南禅寺②

国宝「南禅寺 方丈庭園」
京都南禅寺201509 (304)_R
小堀遠州作、通称「虎の子渡しの庭」
京都南禅寺201509 (301)_R
これが「枯山水の代表的な作品と言われているらしいが、私にはその良さは分からず

明治になって作られたという
京都南禅寺201509 (305)_R
「如心庭」の方に私の心は揺さぶられ
京都南禅寺201509 (307)_R
毎日この文様を手入れしていると聞いて、感動した
京都南禅寺201509 (308)_R

京都の美しさは一朝一夕で出来たものではないから
京都南禅寺201509 (317)_R
改めて
京都南禅寺201509 (319)_R
そう、強く感じた
京都南禅寺201509 (324)_R

「腹が減っては戦が、、、」
南禅寺に入ってから食事もとらずもくもく歩いていたから
京都南禅寺201509 (430)_R
即決で南禅寺近くで人気の「奥舟」さんで湯豆腐セットを頂く
京都南禅寺201509 (405)_R
和の健康フルコースは、
京都南禅寺201509 (413)_R
美味しいだけではなくて、胃腸がすっと軽くなるような気がするほど
京都南禅寺201509 (403)_R
一つ一つ美味しくて
京都南禅寺201509 (398)_R
ビールも進んだのです
京都南禅寺201509 (394)_R

続く
[ 2015/09/16 00:02 ] 京都 夢のまた夢  | TB(0) | CM(2)

京都 夢のまた夢 南禅寺①

「南禅寺山門」
京都南禅寺201509 (148)_R
二階に上がっている人達、楽しそう
京都南禅寺201509 (155)_R
歌舞伎で石川五右衛門が登って「絶景かな絶景かな」と言った舞台はここだと言われているが、
京都南禅寺201509 (156)_R
石川五右衛門の死後30年を経て建てられたらしい

上の階に誘われてるのだけれど
京都南禅寺201509 (159)_R
ここは今日の主役ではないらしい
京都南禅寺201509 (391)_R
ならば南禅寺の主役はここなのだろうか
京都南禅寺201509 (385)_R
「方丈」
京都南禅寺201509 (376)_R
どこまで美しいのか
京都南禅寺201509 (375)_R

屋内こそ見て、「華」なんでしょうね
京都南禅寺201509 (298)_R


[ 2015/09/15 00:39 ] 京都 夢のまた夢  | TB(0) | CM(0)

京都 夢のまた夢 水路閣

金地院は南禅寺の一部、そしてここが南禅寺入口
京都南禅寺201509 (140)_R
果てしなく広いお寺なんだろうなあ
京都南禅寺201509 (144)_R

今回の旅の目的地が見えてきた、、、、
京都南禅寺201509 (167)_R
「水路閣」明治22年竣工
京都南禅寺201509 (169)_R
美しい、などという言葉では言い尽くせない姿
京都南禅寺201509 (172)_R
「ローマの水道橋を思わせる姿」と言った人がいるけど
本当にそうだ
京都南禅寺201509 (197)_R
上流にあるのは琵琶湖、それだけは間違いない

京都南禅寺201509 (207)_R
トンネルの先は、京都市街地?
京都南禅寺201509 (248)_R

京都南禅寺201509 (215)_R
悠久という言葉が似合う、とことん似合う
京都南禅寺201509 (183)_R
この遺構は、そう遺構ではなく現役なのがすごい
京都南禅寺201509 (289)_R

あとで、関連の紹介がまだあります

続く
[ 2015/09/13 23:49 ] 京都 夢のまた夢  | TB(0) | CM(2)

京都 夢のまた夢 金地院

先週、一泊一日という強行軍で、大阪在住の兄弟に逢いに行った。
「どこか大阪で行ってみたいところ、ある?」と姉に聞かれ、

結局、「京都の南禅寺周辺に行きたい」と、、、
願いが叶い、大阪の千里から約1時間半電車に揺られ、蹴上駅に到着
京都南禅寺201509 (5)_R
なんだろう、この明治まで遡るような煉瓦橋は、
京都南禅寺201509 (9)_R
美しいし

トンネルをくぐって南禅寺に向かうと、いきなり古い建物に遭遇
京都南禅寺201509 (20)_R
東照宮?
京都南禅寺201509 (22)_R
徳川家康を祀る場所、京都にもあるのか~

同じ敷地内の巨大木造建築、美しい、これは、、
京都南禅寺201509 (25)_R
「はい、ここが崇伝様がいらした、「金地院」です」
京都南禅寺201509 (33)_R
そうか~江戸時代初期、徳川家康に重用された「天海僧正」と黒衣の宰相と呼ばれた、
「金地院崇伝」縁の地なんだ~

「明智門」その名の通り「明智光秀」が寄進したもの
京都南禅寺201509 (40)_R
京都はこういうことが「普通」なんでしょうね

趣向を凝らした庭園風景が続き
京都南禅寺201509 (48)_R
京都南禅寺201509 (59)_R
そうです、これが「東照宮拝殿」。小堀遠州作。
京都南禅寺201509 (67)_R
拝殿の天井には「狩野探幽」作の
京都南禅寺201509 (74)_R
「鳴龍」
京都南禅寺201509 (90)_R
開山堂に安置されていた、「崇伝像」
京都南禅寺201509 (101)_R
ほんと、意志が強そう

京都はまだ始まったばかり
[ 2015/09/12 23:24 ] 京都 夢のまた夢  | TB(0) | CM(0)